« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004年11月29日 (月曜日)

Ficar aqui

ポルトガル語で、「ここに 残って」という意味です。『フィカ・アキ』と読みます。

昨日のスタメンさんたちは走って、30分くらいで終わり。
けんたろはヨンハと一緒にランニングしていて、笑顔も見えましたよ。試合終了後泣い
ていたそうですが、気にしてた皆さん、とりあえずご報告まで。
今日は珍しくクラブハウス前のゲート付近での出待ちを覗いてみたけど、けんたろって、
結構せっせとファンサするんですね。実直な人柄って感じだわ~。
ファンサといえば、食事後のノザがゲート前のファンサポイントに走ってやってきたの
には微苦笑。趣味はファンサです、とか言いそうだな。

スタメン以外はいつもの基本メニュー。最後はフィールド7×7でミニゲームをやり、
1時間半ほどで終了でした。
アベちゃんがまだ別メニューで、カメさんがつきっきりだったのが、今となってみると
なんだか辛い気分ですね。ミニゲームではクリがヘッドをキメてたっけ。
ミニゲームはピッチの一番遠くでやってたので、よく見えないし寒いし、何となく漫然
と眺めてたんだけど、もっともっとよく見ておけばよかった…。
1試合出停でエネルギーがたまりまくってるのか、ファビは元気でしたよ。
ホベルトもバリバリ動いていて、強引な突破をやっちゃってました。

サブ組の練習後は、例によってヒカル・直樹がそれぞれロングキックの練習。
北野が守るゴールに向けて、勲とマサがシュート練習してました。ゴールきめるたびに
そして、外すたびに見せるマサの大げさなガッツポーズやガックリポーズが、来年はも
う見れないなんて…。絶句。
ウメッティがまたまたフィジカル系の練習を、スタッフについてもらってやってました。

ピッチのはじっこではスタッフのミニゲームが行われてました。反町さん、古邊さん、
モトハル、ウリセス、平岡さん、川本さん。これがなかなか面白い。
平岡さんが往年の(笑)“平岡ジーニャ”たるシュートを連発。
反町さんも、足がもつれることもなくキビキビ動けてましたね。
反町さんによると、このミニミニゲームのMVPは川本さんだそうです。

そんなミニゲームもハァハァなうちに終了し、気がつくと、居残り練は直樹ただ一人。
反町さんたちがクールダウンしてるところに、ボール拾いをしながら戻ってきたので、
やっと終了かなと思ったら、まだまだそれから腹筋を始めました。
趣味は練習ってか。

今はまだ使えるピッチは一面のみですが、工事用フェンスも取り除かれ、他の2面の
ピッチや、屋根付きコートなどが完成し、一般用のクラブハウスも建ち、いよいよもっ
て『アルビレッジ』な様相になってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月25日 (木曜日)

誰彼

マリノス戦から、眠りが浅くて、むやみやたらと眠い…。
今日は青空も見えて絶好の練見日和だったんですが、意識もーろーとしてました。
何しろ、練習後半になるまで、「ヨンハがいない、いないっ。なぜ?」とか惑ってた
くらいだから。見つけられなかったのは、ただ単にニットキャップを目深にかぶって
いたからです。あまりに顔がちっちゃいので、全然分からなかったよ…。

ホベルトと次節お休みのファビは別メ調整してました。ただホベは居残り練でフィジ
カル系をみっちりやってました。

ウワサの練習生が3人いました。ガタイ大きめのDFっぽい人(いっとき山田暢久?)
長髪で大人っぽい感じのMFらしき人、すんごく若くて細いFW(これがもしかして
河原くんなんでしょうか。足細~! バンビのよう)

基本メニューの後、ミニゲームもどき@コウモリくん付きをやりました。どんな感じ
かは↓17日分をご参照のこと。
河原くんらしきバンビーノは、いい飛び出し見せてました。
ノブ似(あくまで主観)DFさんも積極的な動きしてました。

んで、何かモトさんがとても元気でした。モトさん、リミッターが外れたのか?
後半はクロス→シュート~ゴール前のごちゃごちゃ→シュート練習だったんですが、
目の醒めるようなミドルをズドンときめて、選手たちがどよめく中、無邪気にガッツ
ポーズするモトさんの姿がありました。
冷静沈着なキャプテン、と勝手に思いこんでいたんですが、やっぱりモトさんだって
マリノス相手にミドルが決まったり、代表ユニあれこれで、ウキウキしちゃうんです
かねぇ。くす。

クロス→シュートvsDF練習の後、全員でシュート練習しました。
とにかくもう、ひたすらゴールに向かって蹴る!という…。
しかし、これがっ。DF役もいずプレッシャー無しなのに、枠に飛ばねぇぇ!
こんなにはずしてインカ帝国。
全員シュートなんて、もしかしてセレッソ戦は乱打戦を予想して? とすると、この
枠に行かない率ってどのように考えれば…。
と、不安を煽ってみたりしてますが、決めるべき人々は決めてたんで。マサとかも当
たってたし。桑マンや喜多っちの弾丸シュートも気持ちよかった。

全体練習の後はいつものように居残り練。ヨンハ・マサ・北野がトリオで、直樹は例
によってキンちゃんと、などなど、それぞれやってました。
ウメッティが珍しく居残って、ホベと一緒にフィジカル系のメニューをやってました。

取材陣が大勢来てまして、モトさんやマルさん、ノザがインタビューを受けてました。
特にモトさんは、一旦中に入って、私服になってからも再び取材に答えてました。
もしかしてジーコJAPANネタでしょうか?

えっと~、蛇足ですが、タイトルは“たそがれ”って読んでください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月17日 (水曜日)

どついたるねん

↑今日、ヒカルの全身から漂ってたイメージを言葉にすると、こんなです。

…あ、慎吾も、かな。なんたって、マンツーの時まっつーをいとも簡単に吹っ飛ばし
てましたから。

途中でミゾレ混じりの豪雨が降ってみたり、青空が出たり、忙しい市陸でした。
上空はやたらヘリコプターが飛び交ってるし、ギャラリーの皆さんのおしゃべりは激
しくうるさいし(スタンドは声が響くんですね、聖籠と違って)雑音だらけ。
(ちなみに、選手の中でうるさいのはクリ。あっきーをしのぐ声出しっす)

そんな中、ボールコントロールでファビとモトさんが気持ちを癒してくれました。
ヘッドだけでのパス交換。二人の間を行き交うボールの軌跡はほぼ一致してます。美
しい! 二人、ほとんど動くこともなく、綺麗なアーチを描き続けてました。
こんな、プロだねっ、て技を見るのも、練見の楽しみ。

基本メニューの後、コウモリくん付きのミニゲームもどきがありました。
コウモリくんってのは、自分から動いてボールをもらいに行くことはないんだけど、
受けたボールがどちらサイドか認識して瞬時にパスを出す先を判断するわけです。
それってかなり難しそう。でも、スタスタこなせないとボランチはつとまらないので
すね。今日は、ミョ~に細部に見入ってしまったなぁ。
もどきとはいえ、一応ゲーム形式なので、オゼ・エジ・ファビがガッツンガッツンと
勝ちに行ってました。

もう片方のピッチの隅では、ジェルソンさんのカミソリFKが炸裂してました。

後半、ゴール前にオゼアス・フナゾーを立たせて、DF対攻撃陣のマンツー練習です。
ファビはここから別メニューで調整です。
ヒカルが半端なく燃えてました。てか、気負いすぎじゃね?
でもま、今アピールしなくてどうするってとこでしょうか。FC東京戦を前にして、
是が非でもメンバー入りしたい!という気持ちが、いつもはあまりヒカルの姿を追わ
ない私の目を(どーもすんまそん)釘付けにしてくれました。
あと2日、アピールあるのみだ、ヒカル。

で、マンツー練習はやはり、攻高守低な感じでしたかね~。ハハハハハ(朗らかにス
ルー)

最後はフィールド8×8のミニゲーム。
ゴール前でミスったDFに、反町さんが放った「謝らなくていいんだ!」という言葉
にハッとしました。
励ましとも、檄ともとれる口調でしたね。ゴメン悪ぃとか言ってるヒマがあったら、
ボールを前線につなげるような動き、有効な声出しをしよう、と。
もしかして連敗中は、そんな謝る気持ちが足を重くさせてたのかな。

全体練習は2時間弱で終わり。
ミゾレの後、モーレツに寒くなってましたし、陸上の人々がトラックを走り始めたこ
ともあるのか、居残り練習はかなり短めでした。
直樹、ヒカル、北野などいつものメンツの他、フナゾーがのざ相手にシュート練習を
してました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月16日 (火曜日)

ゴレイロ侍

のざは今朝、出がけに「花まるカフェ」を見てきたはずだ。間違いない。

そう。今日ののざはギター侍になり切って、口を開けば「…ですから~!」の連発。
凹むと逆に躁状態になるタイプっぽいから、もしかして湘南戦をひきずってんの?と
思ったけど、そんな裏読みするのがバカバカしくなるほどノリノリなのざぼん(なつ
かしい呼称)でした。

続きを読む "ゴレイロ侍"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »