« Mr.Somebody | トップページ | 正体 »

2005年1月17日 (月曜日)

ざしきわらしの話

あれ? あれれれ…?
ヨンハのカミングアウトもそっちのけで、帰宅してからずっと首をひねっているんです
が、どーにも判りません。フシギだ、フシギすぎる。

というのも、今日は練習に25人が参加してたと思うのですが…
キデさん、マルさん、けんたろ、ウメッティ、優作、直樹、勲、テラ、慎吾、桑マン、
ノザ、北野、ミヤ、フナゾー、喜多っち、萩村、幸聖、大谷、青野、高卒くん5人。
(今日はモトさんはいませんでした)
ね、24人ですよね~。
今日練見に行かれた皆さん、私はただ単に数え違いしてるだけ?
それとも、座敷童子がいるの? 
“やっぱり○○にいて欲しい”という心が幻を見せてるの…?

今日は冬期練見史上5本の指に入るほど暖かい日でした。雨ですっかり雪が消えてます。
GKとフィールドは分かれてのアップです。
ジェルソンさんがいないので、GKさんたちは自分たちだけで練習してました。おなじ
みの、お手玉ふうキャッチとか、ラグビーのスクラムふうの何かとか。
フィールドは、走って、パス交換して、3組に分かれて攻守切り替えです。

基本メニューが30分くらい続いてから、ミニゲームです。
今日はスタッフチームは入らず、パスはワンタッチ主体、真剣勝負な雰囲気がむんむん
です。テーマは「空間認識」。
いかに瞬時に空間を把握して素早くパスを出すか、という練習です。
安易なロングキックは叱られちゃいます。
見てる側も、息つく間もない展開に息がハァハァするほど。興奮しました。特に、勲と
けんたろ、慎吾が作り出すダイナミックな展開には我を忘れてトリップ状態になりまし
た(大げさ?) そこに、河原くんがうまいこと絡んでました。
反町さんからは次々と厳しい指摘が飛ぶんだけど、良いプレーはキチンと賞賛もします。
いっぱい叱られる人はいっぱい賞められる人でもあるようです。

めいっぱい動き回る5分間のゲームが終わって、ピッチ脇に退くと、江尻さんが問題点
を指摘したりアドバイスしたり、選手間で話し合ったり。
駅南フットサルコートはいい緊張感に包まれてました。
ハギ(と呼ばれてた萩村)は汗っかきなのか、もう滝にでも打たれたみたいに髪がグッ
ショリです。

何ゲームか終わって、他の選手もハギ並みにグッショリになってから、心拍計など装着
して、走り主体のサーキットトレがありました。
はじめのうちは普通に走ってるだけでしたが、途中から、スタッフさんたちが手早くコ
ースにミニハードルを置いていったり、ポールを置いて各種スラロームがあったり。
それを見ながら、隣で友だちがふとつぶやきました。
「…森田がいたらなぁ…」
そっ…そうだよねぇ、こういう時、つまづいたり引っかかったり、小ネタ作りに余念が
なかった森田!(殴)
そして、そういうのに必ず突っ込み入れるあっきー!(泣)

やっぱり、依然としてとてももの静かなアルビ戦士たち(江尻さんも、声小さいです。
まだ遠慮してるだけ?)。
まだ現れない海本さんたちに期待してみます?

走り終わってから、腹筋背筋など。
そういえば、マサはこういうの苦手そうだったなぁ…。
北野はけんたろの横になって、筋トレ中しきりにおしゃべりしてました。古邊さんの話
を聞かんかいっ、コラッ。

終了ミーティングの後も、道産子クラブはじゃれ合い続けてました。レスリングのよう
なお相撲のような取っ組み合い、してました。
どう考えても北野の方が優勢で楽しそうなんだけど、付き合ってやってるけんたろって
けっこうイイ人なんでしょうか。
いつもなら、そこに絡まないではいられないノザですが、今日はさっさと戻って、さっ
さとファンサも突破してたようです。
午後からは、メディカルチェックなど、いろいろスケジュールがあったようですね。

|

« Mr.Somebody | トップページ | 正体 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/6670578

この記事へのトラックバック一覧です: ざしきわらしの話:

« Mr.Somebody | トップページ | 正体 »