« 肉弾戦 | トップページ | 電車でバスで歩いて温泉・その1・花水&湯っ多里館 »

2005年1月21日 (金曜日)

ある意味非公開

いつも冬期は駅南フットサルコートでちまちまと。朝からブリザードのような天候だと民間の体育館に場所変更。練見も不可…。
そんな時代は終わったんですねぇ。
聖籠スポーツセンターには自然芝ピッチが3面。人工芝が2面。
真冬の新潟なのに、人工とはいえピッチを広々使って練習できるって、素晴らしいですねぇ! 雪が全く積もってない。この嬉しさ、新潟以南の方々に判るでしょうか? 
ビバ!温暖化(殴)
…じゃなくて、状況に応じて芝を使ったり、人工芝を使ったり、屋根付きに行ったり、一つところで選択できるという幸せ。練習開始前にファンサに煩わされなくていい快適さ。ああ~、お金は使うべきところに使うものですねっ。

15~20分ごとにミゾレ→アラレ→ちょっぴり青空→ミゾレ…の無限ループという、新潟らしい強風荒天の中、海本兄弟を聖籠にお迎えしました。
選手名鑑などで二人の顔をしっかりチェックしてたはずなのに、実際見るともう全っ然区別がつかんとです。
体格も同じ、シューズもおそろ、髪型・髪の色も同じ。もちろん容貌もうり二つ。
唯一違ってたのは、慶治さんの後ろ髪に寝癖がついてたことだけだ。
幸治郎さんは元同僚のフナゾーとペアになって現れました。

気温というより、日本海から吹きつける強風が冷たくて、直樹やハギはネックウォーマーを目の下まであげて怪しげ。
強風に加えて、カマボコ工場の揚げ物臭攻撃。おえぇぇ~!
そんな苛酷ななか、ノザはファンサを忘れてません。
ストレッチの時、脚を高くあげ、ボールを手のひらで掲げ、まぁなんて美しいポーズ。
新体操かよっ! ノザエワっ!

ランニングの後、サーキットトレーニングです。
ポールをハードルのようにしてドリブルでスラロームするメニューは、あまりの強風でポールがバタバタ倒れてしまい、やむなく一本ごとにスタッフが押さえていることに。
いやいや、こんなに人手があるなんて、恵まれてきたなぁって思います。
貧乏時代が長かったから、何でも嬉しく感じますね(泣)。

サーキットが3~40分くらい続いて、後はリラックスゲームで締め。
ピッチを半分だけの狭い中で、スタッフも総出の30数人がひしめきあってのゲームです。GKは古邊さんと川本さん。
ちなみに、ノザ・キデさん・北野などはFWで、フナゾーはDFやってました。
サイドを短く刈り上げた(←髪ね)スエがキレのよさを見せてました。初日に見た時は何だかまだ動けてないのかなって感じたんですが、着実に上げてきてるってことか。
ボールを受け半転して動き出す速さにバランスの良さが伴ってる感じ。自分の武器に磨きをかけてきたね、ドラゴン。

さて海本さんたちは…と興味津々なれど、ゲームが始まった頃から物凄い勢いでアラレが降ってきて、それも正面からまともに吹きつけられるものだから、顔は痛いはメガネは濡れるはで、まともに前も見れない状態。目の前でゲームやってるのに、そちらの方に顔を向けることが出来ないなんて。
こんな中、選手たちはよくやってるな~と思いつつ、何とか斜めに構えてピッチの3分の1くらいは見渡せました。
んが、ゴール前付近は、ズラッと並んだ報道陣のカメラ等にジャマされて見れないよ~。
ホント、ある意味非公開みたいな時間帯でした。

リラックスゲームの時は、守備専門の選手たちの方が攻撃に積極的なんですが、アルビもちょっとレベルがあがってきたせいか(?)そう簡単にはいきません。
スエがゴールすれば、負けじと慎吾が、優作が、と。
江尻コーチは、聞いた通り、まだまだやれるんじゃねーの?てな感じでした。
私たちがアラレに目つぶし攻撃くらってるうちに、ゲームはゴールラッシュで終了。
クールダウンのランニングも短めで、すぐに屋内に入っていきました。
ま、寒い思いができるのも今のうち。
来週からは泣いても笑っても真夏のブラジルですね。

サルコート隣接のクラブハウス(一般用として稼働予定)に一旦ひっこんだ選手たちは歩いて1分程度の正規のクラブハウスまで、マイクロバスに詰め込まれて移動です。
じゃないと、徒歩1分のはずがファンサ攻撃で1時間かかりかねませんからね。
それなのに、なんと慎吾がバスに乗らず、小走りで突破! “止めないでオーラ”が強すぎて、誰も太刀打ちできません。
慎吾に比べていかにも無防備な道産子クラブも自力移動。けんたろはともかく、北野は延々とファンサをしてました。はたで見てると、濡れた体で寒そう!と思うんですが、本人は実に楽しそう。ナイスガイすぎるぞ、北野。ちっとも寒くないんだねぇ。

|

« 肉弾戦 | トップページ | 電車でバスで歩いて温泉・その1・花水&湯っ多里館 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/6670476

この記事へのトラックバック一覧です: ある意味非公開:

« 肉弾戦 | トップページ | 電車でバスで歩いて温泉・その1・花水&湯っ多里館 »