« partⅠ 愛と哀しみの聖籠 | トップページ | かわはらはぎむら »

2005年3月24日 (木曜日)

part.Ⅱ 声を出すのは誰?

昨日は朝が一番暖かかったのでしょうか。
サテ練が終わると、それまで時々だった雨がドドドッと降ってきて、もう土砂降り。
2時に始まるはずの練習は、中でアップをやってでもいるのか、なかなか始まりませんでした。寒さで体がキシキシだよ…。
普通ならけんたろかノザが一番先に出てきてちょろちょろ小ネタを出し合…いえ、自主練はじめるのになぁ。
30分近くたってから全体練習開始。
今日のトップはキデさん、マルさん、ハギ、けんたろ、ウメッティ、リマ、モトさん、ファビ、エジ、優作、勲、テラ、幸治郎、慎吾、慶治、ノザ、北野、アオ、フナゾー、
キタの20人。桑マンとオカモト(笑)もとい岡山先輩はいませんでした。

午前中より寒い聖籠、アルビのファッションリーダー、テラが新しい冬スタイルを提案していました。ロングパンツの上からハイソックスを膝まで履き込み、ニッカボッカ風に装い、ネックウォーマーを筒型にストンとかぶり、全体のシルエットは時代劇に出てくる飴売りふう。
ニットキャップを目深にかぶりネックウォーマーを目の下までたくし上げた北野の忍者スタイルもイケてましたが、道産子がそうまでして防寒したいのか?
慶治さんがハーフパンツなのは大変嬉しい! 幸治郎との区別がつけやすいからね。

ふと見ると近くに小学校2、3年くらいの男の子がいて、目にした選手の名前とか思いついた事をとにかく声に出して賑やかこのうえない。まぁその興奮ぶりったら! 
「エジだ! ファビだ! 青野だ! 船越だ!」 初めてこんなに間近で見るらしく、完全にイッちゃってる感じ。鼻血出しそうな勢いです。
ノザが近くでボール拾いするフリをして、いきなりその子の方にボールを投げるワイルドなファンサービスなんかもしてました。
もう面白いからずっと叫んでてください、少年よ。
そうでもないと、練習場が静かでしょーがないからね。声出し将軍がいないから。
黒服(スタッフ)の数は年々増えてきて、彼らの掛け声はとても大きいんですが、肝心の選手たちから声出し係はいまだ現れてないみたいです。ボールを要求するとかコーチングするとか以外の、「さぁ、行こうぜ! バモ!」の類の声が聞こえません。
○○がいれば…とか今さら言ってもしょうがないことだけどね。
モトさんはキャプテンだけどある意味殿様ですし、よきに計らえって感じだし。
誰かいませんか~? 優作さんはキャンディボイスだし、ノザはフィールドじゃないし後は声出すタイプの人って? チームとして必要とはしてないのかな。
「声出し要員としてオザをシンガから呼び戻す」というレアな意見も聞こえました。
わたし的には幸治郎の声が好きなので(アニメ声って言うな~)あの声でゲキが飛ぶと嬉しいかなと思うんですが、ご本人はそういうキャラじゃないみたい。

基本メニューでゴムチューブを使った面白メニュー(殴)がありました。
Aが腰にチューブを巻いて、Bが後ろから引っ張ってる。Cが投げたボールをAが蹴り返す。これだけなんですが、慎吾やけんたろのような小さめの選手は引っ張られてアワワワワ…という動きになるんです。フナゾーを引っ張るテラは明らかに大変そうでした。
フナゾーはモトさんを無慈悲なくらいグイグイ引っ張ってました。見てると面白いけどとても大変な消耗を強いられるこのメニュー、勲とキタは腰に不安があるのか参加しませんでした。

次は雨の中、コウモリくん付き攻守切り替え。ワンタッチでパス繋ぎです。
そして、ゴールにGKを置いて攻守練習。
キャッチング練習を散々やった後で、GK3人の練習着は泥色です。そんな後ろ姿だけでも充分カッコいいですから、くだんのチビっ子はめちゃくちゃテンションあがってました。
ところでリマってどうなんでしょうねぇ。この攻守練習でも、リマ走ったーーと思えば相手をなぎ倒しちゃってるし。時々ため息がでるようなステキなボールさばきも見せてくれるんですが、胃が痛くなるようなイージーミスもあるし。彼の良さが、まだ私にはよく判りません。
でも、けんたろやコーチ相手に居残り練習してる姿を見ると、リマ的にもまだまだ自分
はこんなもんじゃないよって思いがあるんでしょうか。

最後はピッチ半分を使った(といっても奥行きがよくわかりませんが)5対5のミニゲーム総当たり戦。展開が目まぐるしくて、見てる方もやってる方も白熱しますね。いつのまにか雨もあがっていました。
優作さんの豪快ゴールの後、DFしかゴールしてなかったのは一体どーゆーこと?とか突っ込み入れつつも、楽しく観戦しました。アオ!と呼ばれてる青野がいいなぁ、好きなタイプのプレイだなぁ。エジ&ファビも生き生きしてます。
マルさんがテラを「テラちゃん」と呼んでる事が判明。テラちゃんにタラちゃんにミヤちゃん…。どれだけちゃん付けするんじゃい(笑)

ゲームの後、ノザを相手に優作さんとフナゾーがシュート練習を始めました。目の前にドカドカ放たれるシュートはすごい迫力。春休みのサッカー少年たちはこれを間近に見るべしよ。
慎吾も、ベンケイくん改めモニワくん人形を運んでいって、FK練習などはじめたようです。

春休みってことで、向かいのEピッチではレディースに次いでユースも練習していました。朝から夜まで、三々五々、いろんな選手が集ってサッカーをやっている。それを1日じゅう費やして見物できるってのも贅沢なことですね。

|

« partⅠ 愛と哀しみの聖籠 | トップページ | かわはらはぎむら »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/6670306

この記事へのトラックバック一覧です: part.Ⅱ 声を出すのは誰?:

« partⅠ 愛と哀しみの聖籠 | トップページ | かわはらはぎむら »