« 亀尾PTの静かな日々 | トップページ | トップチーム11試合分 »

2005年5月18日 (水曜日)

若様教育

13時キックオフに遅れること約20分、聖籠に着いてみるとやたらたくさんの溢れそうな車。そして、練習場から駐車場に引き返してくる人、人。
あれま、試合中止?と思ったけど、ちゃんとやってるようだ。
そのわけは私のすぐ前を歩いてるカップルの会話で判りました。
「あの、鼻にケガした人、いる?」(ヨンハならもういねーよ)
「宮本? いるだろー」(ミヤザワの間違いだろーよ)
とっても親切な私は、「これ、アルビサテとホリコシのTRGですよ」と男声で教えてさしあげました。
彼女の方が、なぁんだ、じゃ帰ろ、って顔をしたのは言うまでもありません。

確かにホリコシ戦を見ている多すぎるギャラリーには違和感がありました。明らかに客筋が違ってるってば。ピッチを見ている雰囲気も、これ絶対アルビサポじゃないって感じとれるもんなんですねー。見物中、何度も、代表じゃないんですかとか聞かれましたともさ。
TeNYがそんな様子を取材に来てました。
「もちろん、アルビを見に来てるんです!」
中条在住の方、TVでも堂々としたお答えを見ましたよ。(Aくん丸映りだった…)

試合は前半の中盤、宴もたけなわ。まだ気持ちが落ち着かないうちに、練習生の黒マイケル(カンテーロ)がゴールを決めました。この人は時折、爆発的な動きをするので、面白いというか意表を突かれます。
隣で見てたAくんに言わせると、サウロかナシメントみたい。
ガタイのでっかいナシメントかぁぁ…。お~カンテ~ロ~何をするか予測不能♪ …おお、使えますわね、これ。

メンバー表では3バック。しかしダイヤがほぼ守備ラインに埋没してました。(後半になって高い位置になってから、いいパス出してましたね)
幸治郎はもう少し回りを使ってね。
それよりなにより、諏訪が声ださねーーー! ポジショニングもあやしげーー。
ウメッティがかなりの剣幕で「コーチングしろ」と怒ってました。
が、諏訪はますますビビリ入ったように無口でした。ホリコシはもううるさいくらい全員で声出し合ってました。そんなこんなですぐ追いつかれる。

後半、エンドが変わって、ホリコシの守備陣がこちらの目の前に。
すすすすると…CBの前のポジションにつく29番の姿が目に飛び込んでまいりました。
ありえないほどなで肩の、その人は、私の大好きな汗っかきボランチ、元横浜FCで、退団後アルゼンチンに武者修行に行っていた、高木成太その人でした。
後で聞いたら、たった1週間前にホリコシに入団したんですとー。
ほぼCBに近い位置でアルビの攻撃をしっかり潰してくれてました。
あ、どーもすみません、ナリタ目線で。

後半のはじめはアルビの猛攻も見られましたが、ホリコシの守備も固いです。
アルビはというと、諏訪が声を出し始めたかどうかは判らないけれど、藤井の声は反対側にいる私たちにもはっきり聞こえるほど響き渡ってました。堂々たるキャプテンシーを感じちゃいますね。
んが、双方疲れ始めてきた頃に、残念な2点目を献上。
そして、今日さんざんな諏訪にとどめの一発。詳細は見えなかったけれど、かなり情ない感じのオウンゴールで3点目。
いくらレイソルユースだからって…そりゃあんまり……(殴)
私たちはまるで頭上から金ダライが落ちてきたようなショックを受けました。笑い袋の幻聴までしました。
これで諏訪っちが精神的に凹んだりビビったりすることなく、これを栄養として成長できるように、コーチの皆さま、フォローしてくれますよねっ?

練習試合は結果二の次というけれど、例えばウメッティみたいにスタメン張る力がありながら、出場メンバー当落線上にいる人にとっては、今後の生活を左右しかねない。調整とかノンビリした事言ってられないってのはあるでしょうね。
ためらう若手と、いらだつベテラン。サテの試合ってなかなか深いです。
そういえば、フナゾーってサテの試合とかも早く来てじっくり見てたりするんですよ。
将来は、熱血だけじゃない、いい指導者になりそうな予感…。

トップ練習が始まる頃には雨が降ってきたこともあり、代表サボ(笑)は去り、アルビサポ濃度が上がってきました。ウメッティ、幸聖、幸治郎、よっしー、藤井、アトム、練習生2人がトップに加わりました。

あれこれやって(ざっくり省略かよっ!)最後は紅白戦でした。
ついにっていうか、幸治郎は右ウィングでした。ホリコシ戦よりか動きが良かった気がする。珍しく中に潜ってから斜めにドリブルで切れ込んでのシュートは見事に決まりましたね。解き放たれた猛禽類てな風情でしたよ。
藤井はさすがにまだ力負けしてるようなところがあるけど、落ち着き払ったプレイが頼もしいし、よっしーも少し前は反町さんにボールの持ちすぎやハッキリしないプレイを散々どなられてたけど良くなってきてたし、やっぱり今年のルーキーは豊作といえるのでしょうか。
アトムは出てたけど、あまりよく見てません。ごめんなさい。あんまり小さ過ぎて見えなかったわけじゃないですよ。
というか、ホリコシ戦と代表サボ(笑)観察とでお腹いっぱいで、トップの練習はかなり流して見てました。

紅白戦の後は、リマさんがベンケイくんを立てて、FK練習。GKはノザ。
そんなに見た目速いって感じがしないのに、ノザの手をかすめてゴールインしてしまうボールの威力って何でしょう。
リマさんがたっぷり蹴った後で、反町さんも2、3本蹴りましたが、あえなくベンケイくんのみぞおちにヒット。今夜あたりベンケイくんは血尿出してるでしょう。

遠い方のゴールでは、エジ、ファビ、慎吾、フナゾーがシュート練習。直樹は相変わらずロングキック練習などをしてました。
桑マンは昨日に引き続き、フラビオさんがマンツーで練習してました。

帰りがけ、ふと見ると、アトムがネットに入ったボールをせっせと運んでいました。

|

« 亀尾PTの静かな日々 | トップページ | トップチーム11試合分 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/6670042

この記事へのトラックバック一覧です: 若様教育:

« 亀尾PTの静かな日々 | トップページ | トップチーム11試合分 »