« 灘区でアワアワ~神戸篇その3~水道筋灘温泉&篠原温泉 | トップページ | エスパー野澤 »

2005年6月23日 (木曜日)

10万馬力だ

帰りのバスの運転手さんの入れ歯がいきなり取れたんですよー、走ってる最中に。
それを何とか元に戻そうと唇をモガモガやってる運転手さんを見ながら、心底、恐怖のドライブでした。すごく飛ばすんだもん。
入れ歯がニョロッと飛び出そうになる瞬間を見たインパクトが凄くて、練見の印象がとても薄くなっていることをご了承ください。

薄曇りで直射日光はあまりないけど、温室の中のようなどうしようもない暑さの市陸。
優作と慎吾が「アトム」になってました。
(「アトム」とは何か? 説明しよう。何年か前、慎吾があまりの暑さに上半身ハダカになり、短パンをギリギリまでたくし上げた姿になったのを見て、ギャラリーから「鉄腕アトムだよーー」という囁きが漏れた。それから、短パンまくり上げ姿を「アトムになる」と言うのである)
優作は相変わらずキラキラスパイク。日光のキツい時はチームメートから苦情が出たりしないのかな(笑)

CBの3人(マル、慶治、直樹)が別メやってました。
直樹はスライディングしたところをリマさんに乗っかられたそうです。考えただけでもゾッ…。でも、ラップを1分くらいのものすごい早さで走ったり出来てましたから、少し安心。3人とも基本的にはジョグ&ランでしたが、直樹とマルさんは後半、スパイクを履いてボールを蹴ってました。

スタンドにかんさんがいらっしゃる、と思ったら、練習生が3人参加してました。
1人はGK。あと2人は小柄な選手でした。コーチに「高校生!」と呼ばれてましたので、来年に向けてのツバ付け(orリクルート)活動の一環でしょうか。

ウォーミングアップメニューの最後、ボールの取り合いのようなものがあって、お団子になってもつれ合ってる所にスイッと割り込んで鮮やかにボールを奪ったアオ。それがもうめちゃくちゃ得意げな表情だったので笑っちゃいました。アオがしょぼ~んと別メをやってる姿はもう見たくありません。

基本メニューの後、名前呼び鬼ごっこがありました。このメニュー、3年ぶりに見た気がします。名前を呼ばれた人が挙手して、誰にもタッチされずにゲートくぐるとゴールというもの。こもった暑さの中、みんな目の色変えてゲームに入り込んでた模様。
特にのりのりだったのがモトさんでした。勢いあまってゲートにつまずいてこけたりしてました。ゴールすると奇声あげてはしゃいだり。
それにしてもモトさんから「名前忘れた」と言われた気の毒な選手は誰だったんだろ。

18歳でも超ベテランでも、きっちり呼び捨てが基本。ハギはやっぱりHG(ドイツ語読み)って聞こえました。青野をアオって呼ぶ人とダイスケって呼ぶ人がいるようですが、藤井もダイスケですよね? リマさんの声がやたらデカかったです。スタッフから「声が小さい」と叱られてる選手もいました。

けっこう長かった鬼ごっこの後は、3組に分かれて、AがGKとのマンツー勝負練習、BとCが攻守切り替え練習といった具合。切り替え練習にはノザとキデさんが呼ばれ、ゴールなどはないもののコーチングやキャッチングで参加してました。
チームの組み合わせが変わって、GKも北野と諏訪になったんだけど、諏訪は始まってすぐにキデさんと変えられちゃいました。うむむむ?
高校生2人は初めのうち、ワンタッチでパスをつなげていく早さにかなり右往左往してるようでした。
カワが一瞬消極的なプレーをして、反町さんにガンガンに怒られていました。

11時過ぎに全体練習終了。
慎吾や勲、スエ、よっしーがシュート練習。
田中が、コーチのもと、シャトルランをやらされてました。
カワとダイヤはパス交換など。他に、別メ組のくせに居残りする直樹の姿がありました。

市陸前のファンサポイントには、まぁそこそこの人出。
新加入のネットにもサインを求める行列が出来てました。
かなり久しぶりに選手の私服姿を見ましたが、モトさんの白T・ハーパン・ビーサン姿がミョ~に嬉しい。すっかり新潟のオヤジですね。

|

« 灘区でアワアワ~神戸篇その3~水道筋灘温泉&篠原温泉 | トップページ | エスパー野澤 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/6669226

この記事へのトラックバック一覧です: 10万馬力だ:

« 灘区でアワアワ~神戸篇その3~水道筋灘温泉&篠原温泉 | トップページ | エスパー野澤 »