« 鬼監督登場 | トップページ | そうだ神戸に行っとこう~神戸篇その4~朝日温泉&湊山温泉 »

2005年10月25日 (火曜日)

メンバーが(ちょっぴり)足りません

反町さんの1年目、とりあえず昇格戦線の真っ只中だった頃、笑っちゃうくらいあれよあれよの間にDF陣がそろって故障してしまい、マサがサイドバックをやってた時期がありましたね。
「反町さーん、ダルグリッシュみたいにプレイングマネージャーやってくださいよー」
とビッグスワンの正面玄関で叫んだら、
「え? 俺が? でへへ、うへへへ」と笑ってらっしゃったのも今は昔。
ふうぅ~~……。


今日もオフ明けフィジカルトレーニング。
就職内定のアトムが練習に加わってました。姿形がまだ少年少年してるのに、顔立ちがとっても大人だー。

GK練習はBピッチの端の方で行われていました。
ここはちょうど、木のベンチが置かれてる場所の真正面です。
腰掛けてのんびり練見できるのは良いけれど、座ってる人がいたら、ネット際で立って練見出来ませんね。混んできたらどーするんだろ。

フィールドのトレーニング、先週は跳躍系が多かったようだけど、今日は敏捷系のが多かったです。スエや慎吾が生き生きしちゃうメニューですね。
パス交換を絡めた、走るメニューもたくさんありました。
気を抜けない終盤戦、さすがにみんな疲れがたまってるのかなー。いや、もしかして、今日も2部練だからパワーを出し惜しみしてる? と、斜めから見てましたが、ミニゲームが始まると途端に動きがシャキシャキする選手、多かったです。

ミニゲーは、ミニゴールを置いて、3対3で競りつつ、ホィッスルが鳴ると離れたポイントまで行って戻ってくる、というお馴染みのもの。
すっかりチームにはなじんでいるっぽいアトムが、アタマ一つくらいデカい幸治郎に果敢に挑んで、競り勝つシーンもありましたが、やっぱり小さいなー。
フナゾーが持ち上げて、ブルンブルン振り回せば、遠心力で3㎝くらい伸びないかー?

岡山センパイや幸治郎がガンガン動き回ってるのを見ると、かなり安心感湧くんですが、ピッチの外周をジョギングしてる慶治さんや喜多っちを見ると、無意味に気が急いてしまいます。喜多っちは膝になんやら装具のようなものをつけているんですね。
あ、勲は元気に練習してましたよ。

GKはフィールドよりやや早く練習を終え、ジョギングです。
組長のいつもの“限りなく競歩に近いジョグ”には風格すら感じます。この人、スライディングキャッチして立ち上がる時、「よいっしょ!」なんておっしゃるもんなー。

珍しくノザがせっせと腹筋をしていました。
が、冷たい風で汗が冷えて寒くなったのか、傍でストレッチするファビにのしかかってムギュー。ファビ、抱き枕状態にされながら、ノザの背中をよしよし、と撫でてました。
サッカー選手って、スキンシップが過剰だなー。でも、寒い時期なので、見てて暖かそうでいいです。

2部練らしいので、全体練習終了後はボールが片付けられて、居残りも無し。
ファンサはいつもお決まりのメンバーがファンサポイントまで戻ってやってました。
キクティはもう、ファンサはやるもんだという習慣がついてるようです。はじめ、引きつってるように見えてた表情も、今はとても自然です。
リマさんは、先週フェンス内に拉致った小さな女の子をまたまた中に入れて遊ばせて、ニコニコしてました。

アトムは解散後しばらくコーチたちと話していて、最後はホペイロさんの運転するカートにちゃっかり乗っかってクラブハウスに戻ろうとしましたが、ホペイロさんはちゃんとカートをファンサポイントまで乗り付けて、アトムにもうひと働きさせてました。

クラハに一番近いAピッチにはビニールのようなものが張られていました。
冬芝にでも貼り替える準備かな?

|

« 鬼監督登場 | トップページ | そうだ神戸に行っとこう~神戸篇その4~朝日温泉&湊山温泉 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/6624121

この記事へのトラックバック一覧です: メンバーが(ちょっぴり)足りません:

« 鬼監督登場 | トップページ | そうだ神戸に行っとこう~神戸篇その4~朝日温泉&湊山温泉 »