« 本日の“なんなの、それ” | トップページ | エジと勲の早期快癒を祈って »

2006年3月30日 (木曜日)

早起きは三文の得だ、練見GO GO GO!

実は私はレンコンが大の好物。
今日のオレンジカフェにはレンコンを使った煮物メニューがいくつもあって嬉しかった~。
 
味付けも出汁がよく沁みていて美味しいです。
 
…と、ランチをいただきながら、寮→クラブハウスに出勤する選手たちをチェックしたり、優雅な午後を満喫。
 
これからやって来る極寒練見がウソのようなひとときでした。
 

 
お腹もいっぱいになったし、少し早いけど開始予定時間20分くらい前にBピッチに向かうと、一番最初にスタスタ歩いていくのが淳さん。
 
ピッチに揃えられた用具などをチェックしてる様子。
 
すると、私と連れの背後から、江尻コーチが「こんにちは~」と爽やかに駆け抜けていきました。
淳さんも、こちらを見て、にっこり。

気温2℃。寒風が激しく吹きすさぶので体感気温果てしなく0℃に近い中、物好きにもやって来た私たちへの小さな僥倖。
「おはようございます」と挨拶しあって、練見は始まりました。
 
 
今日は予定より幾分早めに選手たちが出てきました。
フナゾー・みっちゃん・酒井の別メニュー組に次いで、エジと勲以外の選手たちもキッチリ防寒スタイルで出てきました。

そんな中、ダイヤはナマ足出してる~。
 
スタッフに混じって、直樹も来てました。
もう選手じゃないから“直樹さん”か? いや、ナルだっていまだにナルだから、直樹でいいだろう。
奥山監督もいまだに奥山くん。中野監督もいまだに圭ちゃんだし。

直樹とあれこれおしゃべりしながら、ノザはサッカーボールで玉乗りの妙技を披露してました。


昨日のスタメン組はアクティブレストで、走るだけ。
それでも、開始ミーティングまではみんなでボールを蹴り合ってました。
慎吾がアトムにちょっかいかけてたけど、慎吾がとても長身に見えたなぁ(笑)


サブ組は5人3組に分かれて、“オニ”からスタート。ワンタッチパスで中のオニを翻弄します。千葉が何度もオニにされてるなぁ。ギャーギャーワーワー喚いて、ムードメイカーっていうか、かまわれっ子っていうか、実に得難い愛すべきキャラです。

タカはいったんオニにされると、なかなかパスをカットできなくて、淳さんに名前呼ばれてました。ムグはガタイがあるけど、小回りのきく柔らかい身のこなし。ファビのハッスルぶりには思わず苦笑。

サブ組の練習をかぶりつきで見てると、時折、スタメン組がランニングで通り過ぎていきます。
けんたろを久しぶりに近くで見たなー。爽やかな表情でした。
ノザと俺の中野(まだ言うか。言いますよ)はずっと一緒に喋りながら走ってました。


サブ組は次にミニゲームふう攻防練習。
淳さんは細かくプレーを止めながら、「こうなったら、次はどうする? どうすればいい?」と選手たちに考えさせながら動かしていきます。
常に動いて、常に頭をフル回転かぁ~。私はもう氷のように冷たい風に吹きまくられて、思考力がカチンカチンに凍ってた感じ。ナチュラル・ハイまで、あと一歩。


少し離れたフェンス手前では、フナゾー・永田・酒井がトレーナーさんと共に練習をしてました。
3人ともスパイク履いて、長短のパスを追って受けて切り返し、みたいなトレーニングを延々とやってました。まだまだキレのある切り返しとまではいかないけど、先が楽しみです。

横っとびしてから縦にダッシュ!のタイムもとったりしてましたが、やはりこの3人だと、フナゾーの番長臭むんむん。
インターバルの時、フナゾーは芝に寝そべり寛いでるのに、永田・酒井は突っ立ったまんまウロウロ。フナゾー、貫禄ありすぎです(ながたぁ、カレーパン、ダッシュで買いにいけ、とか言いそうな貫禄ね)
2人とも、東京豚骨の美味い店に連れて行ってもらった?
 
この後、フナゾーと酒井は体を入れての接近戦練習。まるで相撲の取り組みのようだよん。
永田・みっちゃん・充さんは全力疾走を何本も。目の前を通過するたびに、ビューーーンと音がするようで、いちいち「早ぇぇ~」とつぶやいてしまった…。
みっちゃん、近くでよくよく見ればイケメン…か? え、人それぞれですか? …そうですか。

スタメン組はクールダウンのストレッチも終えて、解散。
少し残ってボールを蹴ったりしてましたが、ファンサなどに応じて、引っ込んでいきました。
今日は強烈な寒さのためかギャラリーもそんなに多くはなく、すぐクラハに戻れたようです。
ただ、けんたろだけは一人黙々と長時間ランニングを続けてました。


サブ組はGKも加わって、フィールド8対8のミニゲーム。
ひとり足りないので、直樹が加わりました。
このメンツで今年からなのはタカとムグくらい? なので、みんな普通に「ナオキ!」と呼んで、溶け込みまくり。
往年の直樹サポとしては、とってもお得な練見となりました。

ゲームでは、千葉が攻守にキレキレっぷりを見せました。
いや、キレているというか、はっちゃけているというか。うーん、よくわからん(笑)
これもやはり大ハッスル中のファビがDFの裏に飛びこんで、タカにいいクロスを供給する場面も何度もありました。タカはきれいな形のシュートよりは、泥臭くねじこむ感じの形の時、いい味出してました。
 
ここでも、時折、淳さんがプレーを止めて指導など。
なにやらムグが強く語る場面がありました。なんだろー。

幸治郎のオーバーラップは相変わらず小気味いいし、ドリブルも強さを感じさせてくれて、見ていて楽しいのだけど、こと守備となると……ううう、ミニゲームでもやっぱり荒いなぁ。
ちょっとプロレスみたいで恐いれす。直樹あたりからふにゃふにゃディフェンス教えてもらってね。
 
あ、そうそう、諏訪は相変わらず沈黙のGKだけど、好セーブは連発してました。
 

練習はちょうど2時間弱で終了。
ずーーっと走ってたけんたろも、いつのまに終えて、ファンサしてました。

淳さんつきっきりの居残りシュート補習は、タカと河原。
ゴール裏での球拾いは直樹。照れくさそうにしてました。

離れたところでは、江尻さんが体を震わせるようにして、ムグに熱く何かを話してました。
うつむいてジッとそれを聞くムグ。…お説教かな?
 
江尻さん、そのままのテンションでフェンス際にやってきて、無造作に目線を合わせてくるものだから、ギョッとしました。江尻さんって、無意識的に目線を合わせるお人なんだそうな。あー恐かった。
 
 
ファビはいつものようにニコニコとファンサ。
だっこして写真撮らせて、と抱かされたちっちゃい女の子を拉致って戻っちゃうパフォーマンスをしたら、女の子がマジ泣きしてしまいました。くすくす。
 
 
あまりの寒さでまだ頭が完全に解凍されてないようですので、何か他に思い出したら、追記するかもしれません。

あ~あ、気温2℃でもヒバリはけたたましく鳴くんだね。
聖籠の生き物はたくましいな。

|

« 本日の“なんなの、それ” | トップページ | エジと勲の早期快癒を祈って »

コメント

おはようございます。マダムA。
トラバさせて頂きますm(__)m
私も直リン張っちゃおーと。にゃ~。

投稿: pooh | 2006年3月31日 (金曜日) 10時35分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/9337511

この記事へのトラックバック一覧です: 早起きは三文の得だ、練見GO GO GO!:

» イナバウアーのアルビレッジ [鳥屋野日録]
3月30日  14:00〜天候 一応曇り   風 イナバウアーが出来るくらい※詳しくは下記参照気温 限りなく零度に近い二度オレンジカフェで優雅にマダムAと昼食を取る。寮からクラブハウスへと向かう、藤井、六車、諏訪選手らの姿を眺めつつ有意義な会話を楽しみ...... [続きを読む]

受信: 2006年3月31日 (金曜日) 10時39分

« 本日の“なんなの、それ” | トップページ | エジと勲の早期快癒を祈って »