« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日 (金曜日)

オシムさんだけじゃなくTOMも来た

TRが来た。
久しぶりに、来た。
 
TOM ROBINSON-イギリスのシンガーソングライター。1950~
 
ライブやるのかと思ったら、家族旅行かよ…京都観光かよ……orz
 
 
トム・ロビンソン(TR)の名前をおぼろげに覚えている人は、家族旅行と聞いて「え?」と思うだろうが、そうなのだ、TRは女性のパートナーがいて、子供も2人いるのだよ。
 
時は1970年代後半、バクハツ的なパンクロックのブームの中で、TRは異彩を放ってた。
白いワイシャツを腕まくり、そしてギター、握り拳。
「2-4-6-8 Motorway」という明快なロックンロールナンバーが世界的にヒットし、(そう、アメリカでさえ売れちゃったね)、ピストルズやクラッシュなどと並び、パンクムーブメントの一角となった。
ただ、“異彩”というのが、彼のもう一つのヒット曲が「Glad to be GAY」だったから。
 
ゲイのミュージシャンはカムアウトしてる人もそうでない人も、既にたくさんいた。
グラムロックの波に乗って、そういうのは全然違和感なく世間に受けとめられてた。
 
でも、TRは、グラムのような妖しさとか退廃とは全く異なる。サラリーマンのような出で立ちでギターを弾き、叫び、“ただ単に同性が好きなだけの”普通の男としての主張を歌に託した。
日本では、ゲイは嘲笑や嫌悪の対象だったりするが、ただそれだけ。が、当時のイギリスでは場合によっては犯罪だったりもしたのだ、信じられないことに。
そういう背景のもとに、TRは戦いを挑んでいた。
 
 
……と、ここまでは私が往年のロックファンの一般教養として知っていること。
その当時のTRには、それほど興味がなかった。
私が彼と邂逅したのは、税金未払いで逃亡した東ドイツから戻ってきてからのこと(説明するといろいろややこしいんぢゃ、このオヤジの人生は。割愛、割愛っと)

続きを読む "オシムさんだけじゃなくTOMも来た"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月28日 (水曜日)

十日町キャンプだホイ!温泉・千年の湯

十日町・クロアチアピッチでのキャンプも3日が経過。
携帯サイトの「GO GO ALBIREX」によれば、
淳さん談 「選手もコンディションが出来ている。痛めつけるほどのことはしなくていいでしょう」
・・・淳さん、こわいよ・・・。
 
さて、なかなか聖籠まで練見になんか行けねーや、という中越の皆さんはヒマをみつけてはイソイソとベルナティオに出かけていることと思うが、新潟方面から行っちゃう人も少しはいるだろう。
そんな人々のための周辺ガイドがこちらに載っているので、コラボ、コラボ…っと。
 
 
千年の湯
 
●ナトリウム‐炭酸水素塩・塩化物泉
●500円(19時~400円) タオルセット100円
●10~22時 無休
●十日町市(旧・川西町)水口沢121-7 ℡.025-768-2988
  http://machidukuri-kawanishi.com/src/onsen.html

続きを読む "十日町キャンプだホイ!温泉・千年の湯"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

しも

野暮用で、古巣を探訪。
 
060628_131902_2
東堀13番町界隈のきったないニャンコ。
この当たりはどこを歩いていてもネコがうろうろしている。
 
古町や東堀が尽きるあたり。
立ち並んでいたストリップ劇場や連れ込み旅館は跡形もなく消え、マンションが建っている。
 
でも、昼日なかからステテコ・腹巻き・丸首シャツの3点セットでうろつくオヤジは健在だ。アブナさ満点。
 
 
060628_134301
ここは、生まれて初めて“冷やし中華”を食べた店。
 
懐かしい、というのとは少し違った、何かを探すような感覚を、いつも抱いてしまう。
生まれ育った場所だけど、いつまで経っても、謎な土地だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月26日 (月曜日)

ナカミク鶴

にいがみ's Supporters Diaryにてナカミク こと アルビレディースの中島未来選手の負傷お見舞い千羽鶴プロジェクト開催中。
 
女性だけに顔の負傷は辛いやねぇ。
少しでも元気づけてあげようってことで、みなさん、頑張ってるようざんす。
 
先日の菊水サンクスデー席上でも、出席者が300羽を越える鶴を折って、ぜーんぶ、永田、ではなく、中島選手に宛てて取りまとめ主に託されました( ´_ゝ`)
酒の席で、1人あたり3羽も折ったかー。
殿方がたどたどしい手つきで鶴を折ってる姿は、なかなか母性本能をくすぐるもんですのぅ、なぁ、poohさんや。
 
どうやら収集の山場は次の市陸でのレディースの試合(7/2)になりそう。
鶴プロジェクトって、このくらいの短期決戦のほうがいいんだよなぁ…。
 
 
ところで、こちらのプロジェクトみ鶴は、どういう進行になることやら。
7月はホーム平日開催2つ。関東方面は30日のマリノス戦で集めて…と。
あとは、うむむむ。そんなものですかね?
 

続きを読む "ナカミク鶴"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月24日 (土曜日)

新潟芸妓はんはアルビサポ@菊水サンクスデー

060624_161301 エルビスな振り袖さん
 
060624_161302 バンデーラを持つ振り袖さん
 
060624_161501 タオマフを回す振り袖さん(いや、アルビサポは回さねーし)
 
Hi360009
密集する振り袖さん あーんど 拓哉クン(目線無しだっ)
 
 
いつもアルビをサポートしてくれてる菊水さん
それなのに、自社商品をスタジアムで売らせてもらえない菊水さん。
 
美味しいのに。
 
私らも飲みたいけど、遠路はるばる来てくれた他サポさんにも飲ませてあげたいよね。
 
 
アルビ菊水、もっと密着したい。
 
 
そんな想いで『菊水サンクスデー』@さくら茶屋
 
新潟芸妓さんも参加して、華やかに執り行われました。
 
京都だと“舞妓はん”ってところ、新潟では“振り袖さん”って云うんだね。
三業会館の近くで育ったのに、知らなかったよん(´・ω・`)
 
振り袖さんにお酌してまらえる幸せ。生まれて初めて味わった。
それもこれも、アルビのお蔭だ( ^_^)/□☆□\(^_^ )ホントカ?
 
 
ナカミク鶴もみんなでいっぱい折りました。
 
あ~。なんだ。とにかく、トップも、サテも、レディースも、ユースも、ジュニアユースも、シンガも、CUPSも、バスケもスキーも陸上もチアも、みんなガンバレ!
 

…まだ何かあったっけか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月23日 (金曜日)

帰国した代表選手たちを癒す温泉は? 麒麟山温泉 古澤屋&H國冨翠泉閣

私はもともと代表にあまり興味がなかったので、勝ち負けうんぬんにはそれほど大きく感情を揺さぶられなかったし、彼らを取り巻くもろもろの状況や裏事情などについても全くの無知なので、あれこれとやかく言う気は全然ない。
 
 
アルビサポとして見た場合、代表が1次リーグ敗退したからといってサッカーへの気持ち萎えるはずもなく、むしろ4年後へ夢を託しちゃうぞ、くらいな気持ちもある。
でも、これは、どこのチームのサポでも同じだろう。
サポである限り、ドイツ大会の結果は結果、それより、マイクラブのさらなる発展のために腐心する
それがJリーグのチームをサポートする者に与えられた宿題だと思うし、そうしていく事が4年後、8年後につながっていく小さな小さな礎になる、と思うのだ。
ま、代表にしか興味のない人々も日本には多く存在するのだろうけど、それと対立しても仕方ないしな。
 
今回、“なかなか使える名言”を思わず吐いてしまった選手は、数年は揶揄の対象になると思うけど、彼のクラブのサポさんたちはしっかり受け止めてあげてくらはい。
 
とりあえず、日本の湿潤な気候とマイナスイオンをたっぷり摂取させてあげたいねぇ。
のんびりと、心の洗濯が出来る温泉。
私は新潟人なので、このあたりをお勧めしよう・・・・

麒麟山温泉 古澤屋
 
●ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉
●立ち寄り入浴800円
●12~18時
●新潟県阿賀町鹿瀬5860 ℡.02549-2-3322

続きを読む "帰国した代表選手たちを癒す温泉は? 麒麟山温泉 古澤屋&H國冨翠泉閣"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月22日 (木曜日)

『リマさんライン』って何だろな~

カラ梅雨気味の新潟・聖籠。
この先、十日町キャンプに入るとますます暑く鬱陶しくなるのを見越してか、髪を短くしてる選手がぼちぼち。
 
俺の中野がぼさぼさだった髪をキレイに揃えてきたので、後ろ姿がそっくりで区別がつかなかった内田と見分けがつくようになった。
この2人、汗を大量にかいて髪がべったりしてくると、より違いがくっきり(殴)
 
 
今日も相変わらず勲と酒井が別メニュー。

続きを読む "『リマさんライン』って何だろな~"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

音楽生活リスタート

音楽生活リスタート

白いギター………ではなく、ご覧のとおりの品物が来た。



先日の、あきこちゃん&トヤエモンの結婚式の引き出物で、カタログから好きなモノを選ぶ、ってやつ。

こういう時は実用的なものはスルー。
あってもなくてもどーでもいいけど、あればちょっと嬉しい、という品を貰うに限る。


ギターは十代の頃ず〜っと弾いてたから、ウクレレ楽勝♪ と思いきや、まず、チューニングからして、つまずく。

というか、明らかに弦が間違って張られてるがな。
まず弦を張り替え、教則テキストでも見繕って、夏にはウクレレ漫談だ!
(あ、いや、ウソ……えっ、目がマジですか?)


とりあえず、「雨に濡れても」あたりを弾き語りするのが目標♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月20日 (火曜日)

現場主義なワ・タ・シ そして、スモークレス宴会

もうかなり消耗している。
毎日、1日あたり2~3試合をTV画面で見続ける生活。
こうなってくるともう、日本×クロアチア戦もサウジ×ウクライナ戦も同じテンションだったがな。
 
 
考えてみると、ウチにはスカパー!もWOWOWもなくて、普通のBS1、2しかないので、ホームやアウェイでアルビの試合現物を見る以外でサッカーの試合をTV画面で見ることは、とてもとても少ない。海外選手は言うに及ばず、Jの選手だって、それほど頻繁には見てないぞっ!(イバッてどうする)
 
それはもちろん、“わざわざアウェイ行くならスカパー!なんて要らないよね”といううちの人のプレスがキツいからなのだが(^_^;)

 
現場ではなく、TV画面でサッカーを見るのがこんなに大変だとは思わなかった!
 

続きを読む "現場主義なワ・タ・シ そして、スモークレス宴会"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月19日 (月曜日)

シャトルは行ったり来たりするからシャトルっていうんだ

行き帰り、1本ずつしかない連絡バスを、シャトルバスとは言わないよね、○○さん。
(↑練見とは関係ありませぬ。心のつぶやき…)
 
 
そよそよと涼しい海風が吹いて、日差しまぶしい聖籠。
午前は遅れて到着したため、既に、締めのランニング中。
9時半開始の午前練だが、11時ちょい前にあっけなく終了。
 
新加入した内田と松下、いたいた。
内田はもと同僚の幸聖とくっついていた。片方の膝にテーピング。年齢より若く見えてる感じ。
髪型がやや俺の中野に似ている。
 
松下は、プロフ写真を見た時、“29歳水商売の人みたいな老け肌じゃないかー”と驚愕したものだが、実物はそれほどでも。少なくとも、あのプロフ写真よりはキリリッとして見えた。
照明器具の問題なんじゃないの、○ナソ○ックさん?
 

続きを読む "シャトルは行ったり来たりするからシャトルっていうんだ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月15日 (木曜日)

テルがてくてく

2ヶ月半がかりの街道歩きも、ついに明日で完結だ。
 
 東海道五十三次完全踏破 街道てくてく旅 (旅人:岩本輝雄


放映時間がビミョ~なので、半分くらいしか見れてないけど、なんだかんだで楽しんだ。
テルってちょっと不器用だけど、自分を飾りたてたり無理に空気を読んだりすることもない、これぞ天然!ってことですか。
某・仙台にいた時は小憎らしいヤツだったけど、何だかこの番組で好感度UPしちったよ。
 
 
私も古道を歩くのが好きで、中山道の追分あたりとか木曽路あたりとか、千国街道とか、加賀街道とか、もろもろ、断片的に歩いて楽しんでいる。
ちなみに去年は、塩の道として有名な千国(ちくに)街道の長野県側を、テクテクしたぞ。民俗学のフィールドワークです、なんつって…。
 
 
そんな、一躍、街道好きの憧れの的になった(に違いない)テル
ついに明日、京都・三条大橋に到着し、五十三次踏破!
 

明日の京都の天気は晴れみたいだね。
んん~~。お出迎えに行きたい気分、満々。でも、京都遠杉(’A`)
 
 
1日早いけど、お疲れさま、
テル
あさってからはW杯を楽しんで&就活も頑張れ(^_^;) まだ引退してないんだもんね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火曜日)

赤と黄色は目が疲れる

今回のW杯中継ってやたら目が疲れるのだが、コントラストが強すぎなのかなぁ。
 
疲れ目には、やっぱり植物の優しげな緑色を眺めること。
 


2週間ほど前、こんなふうにスタートしたものが
 
その1週間弱後にはここまでになり、
 
060613_085801
今はこんなふう。
 
これからは、病気が入らないよう注意しつつ、癒しパワーを頂戴しよう。
 
 
 
ところで、私は四半世紀にわたって、カイザースラウテルンを“カイザースラウテルン”だと思いこんでいたようだ。
ブリーゲルのファンだってのにぃぃ、まったくぅヽ(`д´)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

W杯でウソ発見器の原理を知る

今朝は5時起きしなきゃいけなかったのに、チェコ×アメリカ見ちゃったよ。
どれだけ寝不足なんだ>私
 
 
代表を送り出してないクラブのサポというのは実に気楽だなぁ、と思う今日この頃。
TV各局の、全くどうかと思うほどの躁状態をフンと鼻で笑いながら、を折って、キックオフ時間を待つ。
一段階ずつ流れ作業で折ってるものなので、ほとんど手元を見なくても折れる状態になっている。
それらをホイホイと仕上げながら、試合開始。
 
は非常に快調にブラインドタッチで生産され、試合は1-0で無難に前半終了。
 
しかし、後半。
ほとんどオーストラリアの時間じゃないかよっ。
そして、Y沢さんが実にY沢さんらしい形で激少ない得点機を逸したあたりで、鶴作業難航。
 
それまで指先の微妙な感覚だけで折れてたものが、もたつく。
指先が発汗して折り紙がまとわりついて、うまく折れなくなってるのだ。
これかっ、昔のウソ発見器って指先の発汗具合とかで真贋をはかるんだったよな。

 
ダイジョブダイジョブ、アト少シアト少シ頑張レバ勝テルサ。
 
けど、指先からはどんなにティッシュで拭ってもじわじわ発汗
 
「日本、勝てますか?」 「はい」(ジットリ……
「あと6分ほどですが日本、勝てますか?」 「はい」(ジットリィィィ…… 
 
ついに鶴作業を断念して、画面だけに集中したけど、あらららら…。
 
 
ま、前述のとおり、代表に選手を送り出してないクラブサポなので、ここはもう単純に気楽に、オマエラドーユーツモリダヨ、ソノクライマモリキレヨ、オージーガパワープレイデクルノハハナカラワカッテンダロ!などと罵倒してから、シャワーを浴びに行く。
 
で、すっきりしたところで、チェコ×アメリカでお楽しみ。
 
 
ところで、デカいデカいと思ってたけど、ケネディって194cmでしかないんだね。
194cmってふだん見慣れてるからそんなにデカいとは感じてなかったけど、改めて画面で見ると、あんなに高いものなのか。
 
オーストラリアの194cmの人って、日本の194cmの人より大きいの?(んなこたーない)
 
んで、お約束のように、多分ほとんどのアルビサポが考えてたことを、私も考えてましたよん。
 
(こんなエントリしてるヒマに睡眠取れ>私)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日曜日)

W杯・サッカー浅漬け

案の定、この週末、サッカー見続け。
 
といっても、テレビの前に座ると途端に、とてつもなく眠くなるのはどーしたことか。
片目ずつ開けて見てるのさ。
何か、テレビから良からぬものが発散されてるのだろうか。
 
 
やっぱりアレかな、音声をミュートしているからかな。
 
だって、よそ様の応援の音って耳障りなんだもん。
 
ミュートすると解説もよく聞こえなくなるけど、それはもう仕方がない。
反町さんって、ここまで何かクスッとくるような発言してる? デヘヘヘッ。

 
 
ところで、聖籠の相棒、poohさんが日立台バカ一代を聴きに行きました。
きっと明日あたり、詳細なレポがあがるでしょう(と、前線からプレスをかける)
 
私も昨日は三ツ沢に行ってモトさん見ながらしみじみする予定だったけど、急遽、うちの人に対して優しさ貯金する事に。
というか、飲み過ぎと寝不足で気持ち悪くて、外に出れなかっただけなんだが。
 
観客動員に貢献できなくてゴメンなさい、横浜FCサポのみんな。
 
 
 
 
それにしても、ライプツィヒでW杯だなんて…なんだか不思議な感じ。
後半もちゃんと目を開けて見よう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月 9日 (金曜日)

さて、と…

ガンバから松下選手(背番号35)、鹿島から内田選手(背番号17)が加入したわけだけど
 
Df_uchida ガチャ目なところに親近感を感じるわ~
 
 
にもかかわらず、
 
「22」があけてある、ってのは、何かとても凄い意味があるのかな?
 
「キミが来てくれるまで、この番号は決して誰にも明け渡さないよ」、と、かんさんや健仁さんが口説き続けてる人でも、いるの…?
 

ねぇねぇ、それ、誰? 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

練見ガイド~聖籠アルビレッジ~

通称、聖籠(せいろう)、もしくはアルビレッジ
 
正式名称は「新潟聖籠スポーツセンター アルビレッジ」という。
 
通常、アルビが使用しているのはクラブハウス裏すぐのAピッチBピッチ
公式サイトのスケジュールに練習場所として「クラブハウス」と記載されているのが、ここだ。
 
冬期間などはフットサルコートや人工芝ピッチを使うことがあるが、その場合は「アルビレッジ」と記載されてることが多い。
 
 
☆午前午後と2部練習の場合がよくあるが、リーグ戦が始まってしまうと午後練は中止になることが多い。あっても若手数人だけという場合が多いので、午後練には注意。
 
☆非公開練習の日はゲートが閉められてるのだが、翌日までウッカリ閉まったままのことも、たまにある。そんな時は、クラブハウスではなく、聖籠スポーツセンター(フットサルコートの隣)の受付に申告してみよう。

 
 

続きを読む "練見ガイド~聖籠アルビレッジ~"

| | コメント (0)

2006年6月 6日 (火曜日)

亀萬にて

亀萬にて

お達者倶楽部開催中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

集中~っ!

ポプラのふわふわの種子の飛散もひと段落して、気持ちのいい聖籠。
アレがふわふわ飛びまくってた時はなんだか鼻がむずむずしてた。選手たちも動きながら鼻をやたらこすったりフガフガしてたもんなぁ。
 
暑くもなく寒くもなく、心地よい海風が吹き寄せる晴れ日。
こう快いと見てるうちに眠くなってきて集中できないなぁ。
(激寒の頃、寒すぎて集中できないと書いてたことはもう忘れた)
 
 
練習開始前、おなじみの3バry…いや、仲良しトリオの千葉・ムグ・アキがボールを蹴っている。
 

続きを読む "集中~っ!"

| | コメント (5) | トラックバック (1)

頑張れ永田…じゃなくって長田・げんきの郷改め「あぐろの湯」

 ~くれよんツアー等でホムスタ行く方、一番最寄りの立ち寄り温泉施設ですよ~ 
 
  サカ温泉はヴィッセル神戸のJ1昇格をお祈りしています。
 
だって、街なかにあんなに豊富に温泉銭湯があるなんて貴重な土地だもんなぁ。
また神戸で湯ざんまいしてぇ~。

 
天然温泉・げんきの郷 源泉湯元あぐろの湯
 
●ナトリウム・塩化物泉
●850円(タオル無し)、1100円(タオルセット付き)
●10~25時(土日祝は8時~) 不定休
●神戸市長田区南駒栄町1-6 ℡.078-691-1126
  http://www.aguro-no-yu.com/
 

続きを読む "頑張れ永田…じゃなくって長田・げんきの郷改め「あぐろの湯」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日曜日)

良い結婚式でした

晩婚化とか、少子化とか。
 
そういった問題(…問題……なんだろ…な?)にアルビが貢献。
 
 
アルビがなけりゃ出会うはずもなかったカップルが、今まで何組生まれただろう。
私らの周りのアルビベイビーだけで何チーム作れるかな。
 
 
来月のどアタマにも、式がもう一件。
私の歳で、“友人の結婚式に出る”というのはなかなか新鮮だ。
 
 
とはいえ、セレモニーってなかなか疲れるな。
代表戦の後半、見ないで寝ちゃおっかな~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

宴

なごみまくりんぐ♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

この男は

この男は

花婿ではありません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

華燭の典

華燭の典

みんな大好きボクラのトヤエモン&あきこちゃんの結婚式だよ〜ん♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月 2日 (金曜日)

若様とアフリカマン

快晴。心地良いそよ風。爽やかでカラッとした空気。
新潟では、今が1年じゅうで一番いい季節だ。それなのに中断期間かよ…。
 
今日も聖籠の上空ではヒバリがうるさいくらいにさえずっている。
こいつは、ホントにまぁ、私らが一番厚いコートを着て震えながら練見してる季節から、ずーーーっとピーピーさえずってるな。一番の練見常連者かもしれない。
上空からの練見。いいなー。
 
今日は上空どころか、BピッチとCピッチの間の通路という、ピッチより一段低いところで見た。選手を見上げる感じ。

続きを読む "若様とアフリカマン"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

疲れ目ケアに

テーブルグリーン。

060602_091301

先週土曜のお炊事で切り落としたニンジンくん。
キレイな葉っぱが展開してきました。
 
鶴作業やエントリの書きすぎで疲れた目を、これで癒すのだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木曜日)

プロジェクトみ鶴(12.5.23追記)

    ~誰かのために鶴を贈りたくて、ここを訪れてくれた皆さまに~ 
 

このエントリは、アルビレックス新潟所属、永田充選手に贈る千羽鶴プロジェクトのため作りました。
この記事の「鶴について」という項目からご覧いただけると、1人でも大量の鶴を募集し、とりまとめられると思います。
集める時の約束事さえキチンと伝えれば、驚くくらい作業は楽になりますよ。
 
鶴を折ったり繋げている時間は、誰かさんのことを考えている時間。
多くの人の大事な時間がこもった鶴で、誰かさんを励ましてあげてください。
                                         (06年11月追記)
 
※千羽鶴募集される方へ。このエントリ内の画像等、自由に使って頂いて構いません
                                        

 
プロジェクトみ鶴は、50,356羽の鶴をクラブハウスに搬入し、終了となりました。くわしくは、
こちらを。(8/3)

  5千じゃなくて5万なんで…お願いしますよ、サッカー○○ジェストさん(笑)



  ~マボロシの永田を実体化するため祈りをこめて鶴を折ろう~

Mitsuru_1http://albirex.bambina.jp/mitsuru.gif


お…おちょくってるわけじゃないですから~ヽ(`д´)ノ 
 
プロサッカー選手が長期のケガ離脱から復帰した矢先、また再び長いリハビリ生活を余儀なくされる…。

私たちは現に船越を二度失うという悲劇に直面している。
永田の無念さは如何ばかりか、察して余りあるというものだ。
そして、永田をサポートしてきた人々の喪失感もひしひしと理解できる。
 

続きを読む "プロジェクトみ鶴(12.5.23追記)"

| | コメント (15) | トラックバック (5)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »