« W杯・サッカー浅漬け | トップページ | 赤と黄色は目が疲れる »

2006年6月13日 (火曜日)

W杯でウソ発見器の原理を知る

今朝は5時起きしなきゃいけなかったのに、チェコ×アメリカ見ちゃったよ。
どれだけ寝不足なんだ>私
 
 
代表を送り出してないクラブのサポというのは実に気楽だなぁ、と思う今日この頃。
TV各局の、全くどうかと思うほどの躁状態をフンと鼻で笑いながら、を折って、キックオフ時間を待つ。
一段階ずつ流れ作業で折ってるものなので、ほとんど手元を見なくても折れる状態になっている。
それらをホイホイと仕上げながら、試合開始。
 
は非常に快調にブラインドタッチで生産され、試合は1-0で無難に前半終了。
 
しかし、後半。
ほとんどオーストラリアの時間じゃないかよっ。
そして、Y沢さんが実にY沢さんらしい形で激少ない得点機を逸したあたりで、鶴作業難航。
 
それまで指先の微妙な感覚だけで折れてたものが、もたつく。
指先が発汗して折り紙がまとわりついて、うまく折れなくなってるのだ。
これかっ、昔のウソ発見器って指先の発汗具合とかで真贋をはかるんだったよな。

 
ダイジョブダイジョブ、アト少シアト少シ頑張レバ勝テルサ。
 
けど、指先からはどんなにティッシュで拭ってもじわじわ発汗
 
「日本、勝てますか?」 「はい」(ジットリ……
「あと6分ほどですが日本、勝てますか?」 「はい」(ジットリィィィ…… 
 
ついに鶴作業を断念して、画面だけに集中したけど、あらららら…。
 
 
ま、前述のとおり、代表に選手を送り出してないクラブサポなので、ここはもう単純に気楽に、オマエラドーユーツモリダヨ、ソノクライマモリキレヨ、オージーガパワープレイデクルノハハナカラワカッテンダロ!などと罵倒してから、シャワーを浴びに行く。
 
で、すっきりしたところで、チェコ×アメリカでお楽しみ。
 
 
ところで、デカいデカいと思ってたけど、ケネディって194cmでしかないんだね。
194cmってふだん見慣れてるからそんなにデカいとは感じてなかったけど、改めて画面で見ると、あんなに高いものなのか。
 
オーストラリアの194cmの人って、日本の194cmの人より大きいの?(んなこたーない)
 
んで、お約束のように、多分ほとんどのアルビサポが考えてたことを、私も考えてましたよん。
 
(こんなエントリしてるヒマに睡眠取れ>私)

|

« W杯・サッカー浅漬け | トップページ | 赤と黄色は目が疲れる »

コメント

>オーストラリアの194cmの人って、日本の194cmの人より大きいの?

人種(?)違うから何ともいえませんが、根本的に体幹の差じゃないですかねえ。

まあ、ヴィドゥカは、正直ね、、、、、

ラガーマンだろ!!!!

とか思いましたけどwww

投稿: スネオ | 2006年6月14日 (水曜日) 00時11分

>スネちゃま
 
体のがっしりさ加減からいくと、フナゾーのほうがケネディよりデカそうだよね。
フナちゃまにはヒョロな感じは皆無だし。
ケネディは何かビッグバードみたい。
その分、背が高~~い感じがするのかな。
 
いずれにせよ、フナゾーをデカいと感じなくなってしまってる目の慣れって恐いw

投稿: アイアン | 2006年6月14日 (水曜日) 09時39分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/10504409

この記事へのトラックバック一覧です: W杯でウソ発見器の原理を知る:

« W杯・サッカー浅漬け | トップページ | 赤と黄色は目が疲れる »