« 境内温泉・温泉閣・別府その6 | トップページ | 横浜・綱島・老人力温泉~東京園 »

2006年7月27日 (木曜日)

湯布院に行くと見せかけて…・堀田温泉・別府その7(追記)

堀田温泉
 
●単純温泉
●210円 タオル無し シャンプー・ソープ類無し
●6時半~22時半
●別府市堀田2 ℡.0977-24-9418

Horitaonsen Horitaonsen3_2
2013年に再訪すると、別府市&タツノコプロがコラボしていて、市営温泉はこんなふうになっていた。暖簾だけでなく館内の壁や浴室ガラス戸などがタツノコキャラだらけで賑やかだった。

別府駅西口から出る湯布院行きバスに乗って「堀田温泉前」下車すぐ。
小高い山あいの、鄙びた集落が堀田(ほりた)。
 
幾つかの温泉櫓から湯気がもうもう立ち上り、隠れ湯ムード満点だ。

 
そんな中にひときわオシャレにそびえ立つ市営浴場、堀田温泉がこれ。
Horita
建物はとてもキレイで、バリアフリー対応の、典型的センター系施設。
10円玉返却方式の靴箱に履き物を入れ、受付で料金を払う。
 
脱衣場はとてもゆったり。カゴだけの棚と、100円が必要なロッカーがある。
ここは脱衣場・浴室一体型ではないので、やむなく100円支出。
 
浴室も広く、シャワー付きカランが5~6カ所。
その他に、体が不自由な人用のバリアフリー洗い場があり、杖をついて入ってきたおばあちゃまが介護の人と共に利用していた。
 
15~20人は入れそうな内湯には、軽やかな硫黄臭漂うお湯が注がれている。
「湧出温度が高いので加水・消毒剤使用」という但し書きがあった。
なーんだ、飲んだら美味しそうなお湯なのに、残念。
 
湯には、白や茶や黒などの湯花が大量に舞っている。
単純温泉だが、泉質としては硫黄泉。とてもマイルドな硫黄泉で、酸っぱさは感じなかった。
肌触りは、ややキシキシするような感じ。
夏に、硫黄泉はとても気持ちいい。

日曜の午前中、お年寄り数人と、親子ふた組。のんびり静かにお湯に浸かっている。
やっぱり湯の町のお子ちゃまは入浴マナーがいいねぇ。
新潟でセンター系の入浴施設に入ってると、老人から幼児まで、怒鳴りつけたろかというようなトホホな人々が必ずいるし…。
やはり、「みんなのお風呂にみんなで大事に入る」という気持ちがあるかないかの問題?
 
岩組みの小さめの露天もあったが、土砂降りで入れず。

脱衣場には3分30円のヘアドライヤーが2つほどあった。
お年寄りの利用が多いからか、腰掛ける所がいっぱい。赤ちゃん連れのお母さんに使い勝手のよさげなスペースもあった。
 
浴室を出ると、休憩室でひと休み。ここからの展望が素晴らしくいいのだ。
あいにくの雨で遠くは見えなかったが、観海寺温泉より高い場所にあるので、晴れていたら別府湾の眺めがさぞいいだろう。
ゆっくり寝転がって、温泉本をめくって次に行く場所を決める。 
これで210円なんだから、素晴らしいなぁ。
でも、再入浴はNGだぞ。
 
 
温泉名:堀田温泉  入湯日:2006.7.23/2013.11.11
 
                                 (←別府・6   別府・8→)
 
                                この他の「新潟県以外の温泉」を見る

|

« 境内温泉・温泉閣・別府その6 | トップページ | 横浜・綱島・老人力温泉~東京園 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/11121939

この記事へのトラックバック一覧です: 湯布院に行くと見せかけて…・堀田温泉・別府その7(追記):

« 境内温泉・温泉閣・別府その6 | トップページ | 横浜・綱島・老人力温泉~東京園 »