« それでも黒赤黄が好きだ | トップページ | 野暮用連絡 »

2006年7月 6日 (木曜日)

遠くのW杯より目の前の宇宙開発

練見に来るたびに、よく友人たちと話すこと。それは、

 
 ○試合前日は非公開、もしくは、ファンサ無しにしてはどうか
 
 ○せっかく会長が神主さんなんだからファンサポイントにミニ神社を作って、お賽銭を集めたらどうか。

 
 
今年は非公開練習もほとんどなく練見の計画をたてやすい。
 
のではあるが、クラブって“ファンサービス”をどのように考えているのだろう。
サインや写真撮影ばかりがファンサではないはずなんだけど。
 
何が何でもサインや2ショット写真が欲しい人なんてそんなに多くはないだろ?
むしろ、“俺たちの”選手がクラブから適度に守られて、快適に練習をこなせているほうが、全然サポサービスになると思うのだが。
 

 
十日町キャンプ明け。
淳さんはますます真っ黒で、永井さんの『まっくろくろすけ』の呼称を譲ってもいいくらい。  
エジはずいぶんスリムになったな~、と久々の選手たちを眺めてると、ややプリプリむちむちした体型の選手、発見。
これが、先日から来てる練習生GKか。たしかにヤマちゃんに似ている。
ビブスがぱつぱつだよ。ノザが細ーく見えるくらい。
GK4人、仲良さそうというか楽しそうというか、雰囲気がとてもいいので嬉しくなる。

貴章はいつも短パンの下に黒スパッツを履いている。
「なぜにスパッツ?」 「太腿痩せのためじゃね?」 「私らへの挑戦か、キショー!」
こんなバカ話も交わしたりはしてるけど、極力小さな声でひそひそ話してますから。
ピッチも見ないで井戸端会議するようなマネは、私らにゃ無理。
 
いつものように開始から1時間くらいは、パス交換やら「オニ」やら攻守切り替えなどの基本メニューが続く。
ずーっとW杯漬けになってた目には、どの選手も(フナゾー以外)華奢に映る。

 
GKを入れての、紅白戦ふう練習のメンツは、赤ビブが北野、内田、慶治、中野、ヒカル、ムグ、テラ、慎吾、ファビ、エジ、貴章
ビブ無しが、ノザ、けんたろ、藤井、喜多、松下、千葉、アキ、幸聖、カワ、タカ、フナゾー、というメンバーからスタート。
ガチの紅白戦ではなく、CKやFK、スローインといったセットプレーからのいろいろな状況を重点にしたゲームだった。
 
中断期間に入ってから、“尻に火がついてきた”感のある幸聖とアキの頑張りっぷりが目につくのだが、今日のアキは守備的な位置にいてパワー溢れるプレイを見せていた。
やれば出来るじゃないかな、キミは。
 
Aチーム、怒濤の攻めを見せるも(セットプレー含む)、ノザがバッチンバッチンはじき返す。
逆に、セットプレー崩れのゴチャゴチャの中から、カワが豪快なシュートをキメる。狭いスペースにあって、強い脚力で(内転筋が強いんだっけ)、慶治のブロックもかわしてたたき込まれたゴール。さすが代表さま。
 
10分ほどでメンバーは変わり、ウメッティやミヤ、岡山、あおのんも加わる。
けんたろ-あおのんの左がオーバーラップを繰り返すと、どっちがどっちか判らなくなる~! 後ろ姿が似すぎだ。
似ているといえば、さらに髪を短くした内田が、ときたま、木澤さまに見えたりするのだ。
今日は右SBについてる事が多かった内田、そのプレーっぷりは堅実、無難、シンプルを絵に描いたようで、木澤さまとは似ても似つかないのだが、遠目に見た顔の感じだけは、ね。
これは、要するに、どちらもオバサン顔ってことでよろしいか?
 
ビブ無しチームのCK、右は松下が蹴り、左はカワが。
今日の紅白戦もどきは、監督からの細かい指示はない、とかで、状況に応じたマークの受け渡し等は自分たちで考えてキッチリやれ!と、江尻さんからゲキ。
 
GKも途中から、スワッチ、ヤマちゃん(仮名)が入る。ヤマちゃんは結構手慣れた感じで指示をとばしていたなー。
 
 
なんとなーくボンヤリと、どこにも重点を置かずに眺めるだけの練見だったが、多くのプレーがおっそろしいほどに不安定で、ありえないほど雑!、と感じるのは多分、W杯ボケのなせる技なんだろう。
「Jリーグなんか見なーい」と言ってはばからない方々の気持ちが、ごくごくちょっとだけ分かる気もした。
でも、チーム内生き残りを賭ける選手たちの必死なプレー、自分のプレーに納得いかず吠える選手、イメージ通りのプレーを何度も何度もトライする姿、それらはとっても胸に響くものがある。
 
ゲームの最後で、赤ビブ組にいるセンパイが、幾度もチャンスを逸し、顔を歪めた後に、気合いもろともキメたゴールは素晴らしかった。
本当ならセンターに張った他のFWに横パスを出すようなポジションから、意表を突くシュート。
こういうのが見たかった。
選手もスタッフもギャラリーも、拍手した。
 
どちらに転んでも、何があっても、やっぱりズブズブのアルビサポなんだね、と純情な気分になったりもした聖籠。
居残り練習は、ノザ・北野のゴールにフナ、貴章、タカ、幸聖がいる模様。
ヘディングシュートで一番脅威だったのが幸聖って、いかがなものか。遠目だけど。
 
 
手前のスワッチ・ヤマちゃんゴールでは、ムグ、千葉、松下、エジがシュート練習。
千葉やムグのシュートスピードって相当ありそうだけど、チームで一番強打なのは誰なんだろう?
それにしても、宇宙開発多いな。今のボールってダフリやすいのか?
 
こちらはそのうち、エジとフラビオさんのシュート・ショーになった。
フラビオさんのシュート姿ってはじめて見たかも。
ジェルソンさんが淳さんとおしゃべりしてる間、鬼軍曹がスワッチ・ヤマちゃんを鍛えていた。
 
エジ、シュート打つたびに「キャ~~ッ!」って叫ぶの、なぜ? 林家パー子か?
 

|

« それでも黒赤黄が好きだ | トップページ | 野暮用連絡 »

コメント

お今晩はマダーム
トラバさせて頂きます。

お蔭様で無事カレーを堪能できて、幸せでございました。
貴章はたんと上手いもん食って筋肉付けて頂きませうね。

投稿: pooh | 2006年7月 6日 (木曜日) 22時20分

今日もおつかれさまでした。
ふぅ~…、ココログなんて嫌いだぁ~ヽ(`д´)ノ
 
またジョティ、行こうにゃ。

投稿: アイアン | 2006年7月 6日 (木曜日) 23時25分

どうもです。先日は残念ながらスケジュールのすれ違いでお会い出来ませんでした。またいつか。初めて行ったアルビレッジは感動モノでしたよ〜♪
京都の方は選手と触れ合えるスペースがクラブハウスと近い&やたらと広いのですが、こちらのエントリで書かはったのと同様の事をいつも感じとります。選手は断れないから可哀想ですね。まあ、私もムグを長いこと引き止めてしまって偉そうに言えませんが。日記にレポートをアップしたので、お暇な時に見てやって下さい。

投稿: | 2006年7月14日 (金曜日) 02時06分

あと、まことに勝手ながら日記の中で練習場ガイドのページにリンクはらせていただきました。
無断でしたがお許しを。

投稿: | 2006年7月15日 (土曜日) 22時34分

>綾さん
 
その後、お母上はいかがお過ごしでしょうか。
私も、選手ファンサが済んだ後にしずしずとお出ましの淳さんの爽やか光線にヤラレちまいました。
 
ムグって練習着姿だとアレだけど、時々見かける(え~と、寮からオレンジローソンに出かけるところとか)私服姿ってカッコいい! お洒落だよね。
街でちゃんと声かけられたりしてるんだね。よかったよかった。
 
10月の対戦は土曜だから、翌日曜の聖籠での練習には、サンガサポさんのたくさんのお越しをお待ちしてますよん。

投稿: アイアン | 2006年7月15日 (土曜日) 22時45分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/10811387

この記事へのトラックバック一覧です: 遠くのW杯より目の前の宇宙開発:

» カレーを食べさせて下さいのアルビレッジ [鳥屋野日録]
7月6日(木)    9:30〜天候 曇り時々晴れ一時雨   気温 22度   風 やや強め『アルビ3DAY’S』の最終日。本日は仕事が休みなので、見学後は『オレンジ・カフェ』でカレー食べまくり優雅にランチを予定していたのですがオレカフェ本日は臨時休業...... [続きを読む]

受信: 2006年7月 6日 (木曜日) 22時50分

« それでも黒赤黄が好きだ | トップページ | 野暮用連絡 »