« 夏カゼひくおバカ大阪に行く | トップページ | ほえぇ~吹田でガンバ温浴・極楽湯吹田店(非温泉) »

2006年8月31日 (木曜日)

きのこ先生に教えられました

フナゾーが高ーく掲げた手からテスト用紙を取り返そうと、ぴょんぴょん飛び跳ねる亜土夢。
でも、どんなに跳躍しても届かないんだよ。届きそうになると、フナゾーもジャンプしちゃうのさ。

 
そんな素っ頓狂な例えがアタマの中に浮かびながらのアウェイ、ガンバ戦だった。
 
 
どう考えても新潟より断然涼しい大阪。
万博に向かうモノレールにはガンバTシャツの小学生がいっぱい。
夏休み最終日を前にして、皆、半ギレ状態ではしゃいでいるぞ。
 

 
スタジアムの中に入ってみて、ビツクリ。
あののどかな芝生席がなくなってる! 知らなかったよ~!
 
J1初年度、中越の震災ショックが色濃い11月、大黒に完膚無きまでにやられた悔しさとか。翌年、平日開催でサポが激少ない中、同点に追いつくリマさんの超絶FKに狂喜乱舞し、引き分けに怒りまくるガンバサポさん達をエヘヘンと見やった喜びとか。
そんな余韻、一切合切残ってません。
まだ乾きたてみたいなコンクリと、ピッカピカの手すりがお出迎え。
私にはちょっと手すりが高すぎにゃ。
 
慌てて、ガンバサポの知人にメールすると、
「(芝生席改修と共に)きのこ先生が消えてなくなってしまいました」とのこと。
 
…ちょっと待て、きのこ先生ってどのようなお方…いや、お茸さまだったのだ?
にゃんこ先生のようなものか?
きのこ先生の生え方によって、毎年サポはガンバの動向を占っていたとかか?
 
妄想するのが面白いので、疑問のままにしておきましょうかな。
 
 
 
さて、本題の試合は、最近よくあるパターンで、アルビがドアタマから動きまくる。
選手のモチベもアウェイにしては高いのかな、って感じた。
 
でも、次々と繰り広げられる“アルビの攻撃の形”が、またしてもリピート再生状態になってるよ~!
ワクワクさせといて、結局最後はシジクレイさんが、「はいはい、キミたち、おととい来やがれ」とばかりに跳ね返す。その繰り返し。
 
で、「ああっ、もう、うるさいガキどもめー。これでも喰らっとれ」と言わんばかりのカウンターとかセットプレーにより、要所要所で凹まされる。
ガンバって、やっぱり強いチームだったんだね。
2005年からしばらく負けてなかったので、そこんとこ忘れてました。
 
 
今回はガンバに大人っぽいサッカーされちゃったけど、アルビにはもっともっとガキならではの理不尽なほどのがむしゃらさを見せて欲しかった。
大人と比べ、背負うものがないのが子供の強みだからさ。
ポゼッションさせられサッカーで、少し背伸びしてしまった前半、もったいなかったなぁ。
 
もっとも、私もまんまとのせられて、ポゼッションしてる間の気持ちよさに酔ったりもしたけど。
勉強が足りませんでした。(って、勉強する気、ないだろーに) 
 
それで結局、“もう全然ダメダメで気持ちも感じられなかった”大分アウェイ0-4とか、“相手の必死さに押されまくり”のマリノスアウェイ0-2とか、アルビ自滅でボロ負けした時よりも、私は凹んでしまった。
アウェイのセレッソ戦、福岡戦もそうだったけど、完全にアルビがダメダメ君状態で負けた時は、選手やスタッフに対する憤りはあるけれど、“ホントのはこんなもんじゃない”って気持ちも根底にあるから、切り替えがスパーーン!と早くいく。
 
でも、今回はなんだかまざまざと力量の程度を見せられたみたいで、悔しいというより、肩がガクッと下がってしまった感じ。
 
 
……と一介のサポがくよくよ凹んでてもしょうがない。
もっともっともっと練習して、もっともっともっともっともっと自信と信頼感を深めて、もっともっともっともっともっともっともっと勝利と勝利給に貪欲になってもらいましょう。
 
 
涼しい風が吹き渡る夕暮れのスタンドで飲むビールは美味しかった。
本来、夏のナイトゲームってこうあるべきだよねぇ。それなのに今年の新潟の暑さは何だったのさー。
 
終わってみれば苦しい8月連戦だったけど、試合やりながら地獄のブラジル合宿やったつもりになって、9月からもバリバリ走ってくれろ、白鳥王たち

|

« 夏カゼひくおバカ大阪に行く | トップページ | ほえぇ~吹田でガンバ温浴・極楽湯吹田店(非温泉) »

コメント

実は、万博の警備のおにいさんの中で、すごいツボな人がいたのだ。
思わずケイタイで撮って、○ブ評論家のhalmilさんに送信しようと思ったけど、間違って画像消しちゃった(´・ω・`)
 
が、彼は多分、ハルさんの審美眼においては、あまり高評価をもらえないかもしれないな。
どう見ても、柔道の無差別級っぽい体躯。とってもスポーティな○ブ。
全然たぷたぷしてないんだもん、ダメだよね?
 
でも、あんなお兄ちゃんがセイゴロー内に何人も巡回して睨みをきかせてたら…
考えただけでもウットリ。

投稿: アイアン | 2006年9月 1日 (金曜日) 00時17分

こんばんわ。デブ臭につられてやってまいりました。
スポーティデブ、むしろOKですよ☆いやー来年こそは万博行かないとな。

冒頭の例えが(別の意味で)ジワジワとツボにきています。

投稿: halmil | 2006年9月 1日 (金曜日) 01時02分

見ました~。
でも私的には、その前に出現したスキンヘッド逆三角形のおにいさんが素敵だと思いました。
万博のセキュリティさんって本当にガタイが良くて迫力ある方ばかりですね。

投稿: もも | 2006年9月 1日 (金曜日) 09時11分

>ハルさん
 
どこもかしこも堅そーなガッチリお○ブでもよろしいの? 
 
>冒頭のたとえ
本人たち、絶対にリアルでやっていそうなところが恐いっす。
いえ、テスト用紙じゃなくて、○○ツとか(殴)
 
 
>ももさん
 
そうそう、すごい迫力でしたー。
万博は、強そうなセキュリティさんがいっぱいいて、それだけでも見応え充分ですね。
来年も楽しみです(違っ)

投稿: アイアン | 2006年9月 1日 (金曜日) 23時19分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/11708093

この記事へのトラックバック一覧です: きのこ先生に教えられました:

« 夏カゼひくおバカ大阪に行く | トップページ | ほえぇ~吹田でガンバ温浴・極楽湯吹田店(非温泉) »