« ホスピタリティーって大事だね・ニューツルタ・別府その12 | トップページ | レディースフロアってよろしいなぁ・西鉄リゾートイン・別府その13 »

2006年8月 5日 (土曜日)

あ、セビリア戦ね

リーガ・エスパニョーラとかいうものの概要、全然知りませんですが、セビリアのサッカーは爽快感があって気持ちよかったなー。
デカい、早い、うまい、キビキビしてる。
ステキだったわぁ。
 
…って、傍観者然として言ってみる。
 
 
みんなが口々に言うことだけど、久々の市陸での試合は胸がキュンとなる。
それも、ナイトマッチ。
最高に気持ちいい。正面玄関前でブラブラ立ち話しながらビールをカパカパ飲む。
 
メイン席、“某不倫かぽー(笑)”に誘われて席につくと、アララ、すぐ側に、けんたろ。
試合開始前から、ジッと石のように不動で、食い入るようにピッチを見ている。
 

 
試合が始まると、けんたろから1~2m離れた所に、メンバー外の皆さんがドヤドヤやってくる。
フナゾー、あおのん、アキ、俺の中野、スワッチ、ミヤ、千葉、幸聖。
それと、ブラジル人?の練習生。
しばらくしてから、ずいぶん背の高いガタイのいい、高校球児のような短髪男子もやってきたので、「新しい練習生かのぅ」と、ずーーっと思ってたんだけど、目元をよくよく見たら、酒井だった。ぐはー、よくよく見れば男前だったんだなぁ。

タカといい、千葉といい、今ってアルビ若手には短髪やボウズや黒髪が流行ってんの?
 
そういえば、アタマを金髪にしてるのはチーム最年長の慶治さんとかセンパイとか。
失われ行く若さへの、ささやかな抵抗なのかしらん。

 
 
みんなから離れてジッと試合を凝視するけんたろだったが、後半からスワッチが横にやってきて、ぺったり一緒に見てた。
そこでビックリしたんだけど、けんたろとスワッチ、座高が同じなんだー。
 
 
あれれ、すっかり、選手席ミーハーレポになってますがな。
試合は……えーと、えーと、久しぶりにノザの横っ飛びが見れて楽しかった。
松下も、ようやく、ガンバではなくアルビにいるのだという現実に目覚めたみたいだし。
 
 
でもでも、すごくつまらなそーーに試合を見るスタンド席の選手たちの表情が、やっぱり昨日の白眉でした。
そりゃそうだよな。ニコニコ楽しそうだったのは、スワッチくらいだよ。
 
「自分が出てないのにチームが勝つと、チェッ、と思うこともあるんだ」とずいぶん昔にこっそり告白した選手がいたっけ。
ワン・フォー・オール、とはいうけれど、そういう自己中な悔しさ・つまらなさも栄養か?
しっかり噛みしめて、這い上がって来いっちゅうんじゃ!!
 
もちろん、昨日、ピッチレベルにいた人たちも、不細工な試合をした悔しさ・やりきれなさをしっかり味わって、リーグ戦に還元して欲しいなりよ。
そのためのPSMだもんね。

 

|

« ホスピタリティーって大事だね・ニューツルタ・別府その12 | トップページ | レディースフロアってよろしいなぁ・西鉄リゾートイン・別府その13 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/11285682

この記事へのトラックバック一覧です: あ、セビリア戦ね:

« ホスピタリティーって大事だね・ニューツルタ・別府その12 | トップページ | レディースフロアってよろしいなぁ・西鉄リゾートイン・別府その13 »