« セイゴローから遠く離れて | トップページ | 雷鳴の中 »

2006年8月17日 (木曜日)

近所の代表戦

昨日は、夕食をいつもより1時間くらい早く食べて、後片付けして、シャワー浴びて、うちの人に車で送ってもらって、スタ内にはいってビール買う行列にいる時に君が代が始まった。
 
 
こんな楽なら代表戦も行ってもいいかも。
 
後半ジェフユナイテッド(東)日本 になってからは、けっこう面白かったし。
 
前半はイエメン陣内たこ殴り状態で、長い距離を走る選手もいなくて、同じ場面を繰り返し再生してるような退屈さだったけど、後半ハニーさんが出てきてから俄然!(と言うほどでもないが)動きが出てきて、サッカー見てるって気になれた。
 
前半なんか、何度席立ってビールのお代わりしに行こうかな、って思ったもんなぁ。
それに、メイン2層2列目、アウェイ側だったので、NとSの応援の音が無差別に襲ってきて、そのディレイっぷりに気持ち悪くなって胃がシクシクした。
 
そんなわけで、プレイが止まるたびに双眼鏡でオシムさん(はぁと)を熱視して気分を紛らわせてたのよん。
 
 
 
でも、何がおかしかったって、ハーフタイムに出てきた協会のマスコットやエコジローと一緒に、ピースサインして写真を撮っているイエメンの控え選手たちのお気楽っぷりには笑えた。
 
こんな脳天気な人たち相手に苦戦して、ストレス貯めてる代表サポーターさんたちが、とても気の毒だった。
 
 
 
さてさて、さっきエアコンのない縁側の温度計見たら、40℃ありましたけど。
こんな危険なフェーン現象の中、アルビの選手たちは元気でいるんだろうか…?
 
え? これから練見?        部屋から出るなんてぜったいイヤっ。

|

« セイゴローから遠く離れて | トップページ | 雷鳴の中 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/11479456

この記事へのトラックバック一覧です: 近所の代表戦:

« セイゴローから遠く離れて | トップページ | 雷鳴の中 »