« ネコまみれになりたくて | トップページ | さて、本日の小ネタ王子は? »

2006年9月 4日 (月曜日)

JAPANブルー 大分ブルー・神和苑・別府その16

途中で息切れしてた別府レポだけど、先日NHKでオンエアされた
にっぽん再発見「湯けむりの中のニッポン~外国人たちの見た別府」というドキュメンタリーを見て気持ちが高揚したので、もうひと頑張り。
 
にしても、トリニータユニで三味線を弾くアメリカ人青年には思わず微苦笑。おぬしの晴れ着はそれかい。
 
 
神和苑
 
●塩化物泉?
●800円 タオル・バスタオル付き
●10~14時半 無休
●別府市御幸6組  ℡.0977-66-2111

 
番組内でも紹介されていた、世にも珍しい青紫色の温泉
鉄輪の地獄めぐり途上の「かまど地獄」と「山地獄」の中間あたりにある、別府でも超高級旅館である。そのうち、サッカー抜きで泊まりに行くわん。
 
道路から風情のある小径を歩くと、右側に湯小屋があるのだが、まずはスルーし、由緒ありありの母屋を訪ねる。そこで料金を払うのだ。
 
湯小屋といっても、中に入ると脱衣場には冷房も効いている。
自由に使えるタオルとバスタオルが備え付け。
 
ワクワクしながらまず内湯に入ると、浴槽が2個並んでいて、片方はほぼ無色透明。もう片方は目の覚めるような透明な青紫色の湯が! 
湧出温度70℃ということで、浴槽に注がれた湯も45℃くらいはあった。
クールバスクリンを紫がからせたような色は、自然が作り出したもの。地中から湧きたての湯は無色透明なのだが、成分のシリカが光線を受けてなんとかかんとか……っつーことで、だんだんと色を変えていくのだそうだ。
 
その不思議に美しい湯に、熱いのをガマンして入ると、しっとりというかヌタッとした肌触り。
鉄輪らしく、ややしょっぱい。
 

さぁ、内湯を堪能してから、いよいよ、ガイドブックなどでも頻繁に紹介されている、あの露天へ。
Kanawa この写真だと乳白色みたいだな…(´・ω・`)
 
露天に出ると、その色に改めて驚嘆!
乳青色というのか・・トルコ石のような美しい青色の湯に、一瞬息を飲んだ。
(どんな色かは神和苑の公式HPをご覧あれ)
ホントにこんなキレイな湯に入っていいのだろうか、とたじろぐような神秘的な乳青色は、内湯で見た透明な青紫色の湯が時間の経過と共に変化したもの。
放っておくとそのうち、乳白色になるらしい。
 
青白濁してるってことは、湯が劣化してるってことなのだが、この際そんなこと関係ない!(笑)  美しいものは美しいのだ。
 
何十人も入れそうな広い露天(男湯の露天はけっこう狭そうだったが)に、ただ一人。
んんー、なんて贅沢なんだ。


別府八湯の中には、ここの他、「いちのいで会館」の湯も乳青色に変化していくらしいのだが、神和苑は浴槽3つで色の変化を見せていくという工夫が嬉しい。
 
温泉名:鉄輪温泉  入湯日:2005.7.25   http://www16.ocn.ne.jp/~kannawae/
 
                               (←別府・15   別府・17→)
                              この他の「新潟県以外の温泉」を見る

|

« ネコまみれになりたくて | トップページ | さて、本日の小ネタ王子は? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/11765234

この記事へのトラックバック一覧です: JAPANブルー 大分ブルー・神和苑・別府その16:

« ネコまみれになりたくて | トップページ | さて、本日の小ネタ王子は? »