« きのこ先生に教えられました | トップページ | ネコまみれになりたくて »

2006年9月 1日 (金曜日)

ほえぇ~吹田でガンバ温浴・極楽湯吹田店(非温泉)

極楽湯 吹田店
 
単純温泉 08年から温泉使用中止
●平日700円 土休日750円 タオル有料
●10~26時 第2火休
●大阪府吹田市岸部南1-2-1  ℡.06-6382-9926

今回、行きだけ空路で大阪入り。
伊丹空港から新大阪駅まで空港バスに乗り15分程度。そこからJR東海道本線で岸部駅下車。駅に降り立つとすぐ左手にスーパーや食べ物店、美容院があるショッピングセンターがあり、そこの奥、線路際にあるのが、極楽湯
駅から徒歩2分、去年の暮れに出来たばかりの新しい施設だ。
 

靴箱も、脱衣場ロッカーも、100円玉リターン式なので小銭を用意。
靴箱キーは自分で保管。
フロントで、館内精算用のタグバンドを渡される。
 
入場料の他に、「館内着・癒し処」600円の券を買うと、館内着+バスタオル+タオルケットを渡され、2階の癒し処に入れる。

 
館内には所々にゴロッと寝ころんで休める所がある。食事処の前の4畳くらいの畳敷きスペースで、スーツ姿の男性がそのまんま爆睡してたよーー。
 
浴場に行く途中に、中庭があって、ここが喫煙スペースになっている。分煙ばっちり。
この中庭には、足湯もある。でも、足湯に浸かりながらの喫煙はNGだわさ。
 
脱衣場のロッカーは、好きな所を選ぶタイプ。ヘアドライヤーは無料。お風呂関係グッズの自販機もある。
脱衣場と浴室の途中には、アカスリ・エステ処もあり。インド風ヘッドマッサージに激しく心惹かれた。
 
浴室に入ると、広々した館内に似合わず意外にコンパクト。
洗い場はたっぷりあるが、浴槽は白湯とジェットバスと水風呂だけ。
 
と思ったら、ここのメインは露天エリアなのだ。
 
※08年から、残念ながら温泉使用中止となった。
 
ちなみに、温泉を使っているのは露天のみ。
 
内湯と露天の途中には、塩ミストサウナ(平日のみ)というのがあって、サウナシートは使い放題。なかなかの大盤振る舞いだね、こりゃ。清掃もこまめに入っているようだった。
 
 
さて、温泉。
岩作りで7~8人くらい入れそうな掛け流し源泉浴槽にまず入る。
湧出温度28℃の冷鉱泉なので加温。40℃くらいの温めに管理されている。
湯はほんの少ーし褐色がかった透明の湯。
わずかに鉄味のする湯なのだが、主な匂いはカルキだった(泣)
 
単純温泉なのだが、あえて泉質名をつければ、炭酸水素塩泉かな? 湯に浸るとすぐに、肌はこまかい泡に包まれる。
 
源泉浴槽の他に、壺湯3基、エステバス、ジェット座浴、寝ころび湯、ミルキーバスと変わり湯がいろいろあるのだが、全て循環した温泉を使用。
コロッとした小石を埋めこんで、歩くと足裏を刺激するスペースや、畳の上に裸で寝っ転がれるスペース、腰掛けるところなど、設備は充実してる。

 
変わり湯の中で面白かったのは、ミルキーバス。
白濁してるのでホントに牛乳風呂?と思ったが、入ってみたら、温泉に人工的に炭酸ガスを
加え、微細な泡を大量に発生させたもの。これは気持ちいい~。
テレビもついてるので、思わず長湯をしてしまう。
 
 
カゼも終息段階に差しかかってたので、ゆっくり湯に浸かって暖まり、タップリ汗をかいてから、館内着に着替え、2階の有料お休みスペースへ。
整体やエステのスペースの他は自由に使える。
普通のサウナより体に優しいヒーリングサウナが2室の他、麦飯石やトルマリン石を使用した“なんちゃって”岩盤浴スペースがある。ここで、さらに体を暖めよう。
 
なぜなんちゃってかというと、岩盤浴は未体験なのだが、室温って高め・室内暗めなんだよね? でも、ここは普通の空調下にあり、明るく、岩盤の温度も汗をダラダラかくほどではない。岩盤浴ふうお休み処なのだ。
暖まった石の上に、フロントで渡されたバスタオルを敷いて寝転がり、タオルケットをかぶって、ウトウトしながら半睡。こりゃ極楽ぢゃ。
ひとつ難を言えば、このスペースは壁やドアで隔てられていないので(暖簾のみ)、階下の食事処やラウンジの音がそのまんま聞こえてくるってこと。
でも、適度にうるさいほうが寝過ごさなくていいかも。
 
いつもならオニのように湯巡りするけど、今回ばかりはここでじっくり温浴してカゼを治さなきゃ。うるさいながら、しっかり1時間以上眠って、起きた時にはかなりノドと鼻がスッキリした気分になった。
さぁーて、かいた寝汗をまた温泉で流してくるか。
 
 
ここはJR岸部駅前なのだが、そこから3~4分も歩くと、阪急の正雀駅に着く。
この正雀からひと駅で、南茨木。大阪モノレール乗換駅だ。
スタまでは意外とあっという間。
万博公園付近には、おゆばなど何カ所かお風呂はあるけど、規模・施設・辿りつき易さでいっても、ここはかなりポイント高いかな。
 
 
温泉名:つくもの湯Ⅳ 入湯日:2006.8.30   http://www.gokurakuyu.com/suita.html
 
                               この他の「新潟県以外の温泉」を見る

|

« きのこ先生に教えられました | トップページ | ネコまみれになりたくて »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/11721526

この記事へのトラックバック一覧です: ほえぇ~吹田でガンバ温浴・極楽湯吹田店(非温泉):

« きのこ先生に教えられました | トップページ | ネコまみれになりたくて »