« 温泉がなくても幸福なアウェイ | トップページ | 湯元に往け・1 ~大湯温泉・湯元庄屋和泉屋 »

2006年10月 4日 (水曜日)

人間はそう簡単に死なない

2代目双眼鏡に次いで、新しいメガネを新調。んまぁ、よく見えること。
 

しかし、練習開始前、ピッチに出てきた選手数人の中に、アトムが2人!?
よくよく見ると、1人は練習生だった。ユースっ子じゃないか、という声もあったけど、ユースはほとんど知らないしなぁ。アトムよりは背があるが小柄なMFだった。
 
ホンモノのアトムは慎吾とボールを蹴りっこしたり、話し合ったり。10歳近い年の差があるようには、どうしても見えないんですが。

今日は練習生を含め27人での全体練習。
もと大分の2選手と永田が別メ調整だ。
 
全体練習に復帰した俺の中野は……ヘディングシテル━━(゚∀゚)━━!!
フラビオ軍曹のもと、ストレッチをまじえて、ボールを使ったウォーミングアップ、サーキットトレが続く。風は爽やかだが日差しはジリジリ強いので、まだ半袖の選手が多い。
アルビのファッションリーダー・テラってば、半パンをたくしあげ、太腿丸出しでボールを蹴っているではないか。
 
ピッチ上に置いたボール上を2、3回ジャンプしてから前方に蹴り出して、それを追っかけて、ドリブルして返ってくる“ネコまっしぐら”トレーニングでは、とにかくがむしゃらに前へ前へ早く走る選手と、ペースを崩さずワンテンポずらして動く選手とがいて、面白い。
 
 
いつもはGK練習なめでフィールドたちを見るのだが、今日は奥のゴールで練習してるため、永田の別メ越しの見物。
今日の永田はランニングの他、腿上げスキップや2ステップランが多め。
たまに、順番待ち中のノザとくっついてゴニョゴニョ密談をかわしてた。
 
 
フィールドは6対6の攻守切り替え。
「△△だからさ~!  ○○じゃないかよ~ぉ!」  いつも散文的な淳さんから初めて聞くくだけた口調。少なくとも、こういう喋りかたの淳さんってはじめて見た。いい感じ。
 
今日は、平岡さんの甲高い声がガンガン響きわたってたし、ヒカルをはじめ選手たちからも声が出てたし、危険水域脱したら急に活きがよくなってきたな。なんてゲンキンなヤツら(笑)

 
片方だけにGKを置いて、DF&MF組対MF&FWの攻防練習では、アトムもそうだが、カワが生き生きとスペースに走り込むいい動きを見せていた。
練習前、カワは淳さんと長々話しあってたようだけど、いいヒントでも得たんだろか?
レポ書くたびにこれ書いてる気がするが、カワって見るたびごとに体が出来てきてるような。まだ背が伸びたりしてるんだろうか。
裏に走り込んで狭いスペースでも強いシュートを打てるカワをもっと試合でも見たい。見れるかな?
 
締めはペナルティアークあたりにゴールを動かして、ややピッチを狭めてのミニ紅白戦。
先日のスタメンからややin・outありでポジションの微調整もある赤ビブチーム対サブ組。
「このゴール、(設置位置が)曲がってないー?」と言いながらゴール前にやって来た北野は、サブ組に入る。必然的に、たっぷり仕事が出来るわけだにゃ。
アトムやカワがチャンスをいっぱい作り出したり、ヒカルから良いクロス(ワロスじゃなくて)が来たりで、やっぱり北野大忙し。
 
そんな中、今までなんとなく、『無難でそつのないプレーをする、普通にうまい』ってイメージで見てしまってた内田の、ガッツ入った泥臭いプレーにドキッとしてしまった。
あっきーを彷彿とさせるような“死んでもボールははなしませんでした”っぽい粘りの守備とフィード。あぁ、新潟っぽい。ウェルカム内田!
 
前半、サブ組に加わってた俺の中野は、後半はずれて、フラビオさんから特訓を受けていた。
 
そうそう、スワッチが、まるで人が変わったようなデカい唸り声でコーチングしてたので、ビックリ。去年はDFたちから「声出せよ」と散々叱られてたけど。
まだ先輩GKのような自信のこもったコーチングではないのかもだけど、ひと皮ふた皮剥けたら楽しそうだなぁ。
 
 
9時半に始まった練習は11時に終了。
終了ミーティングで、北野・アトムめがけてバースディ卵&小麦粉バクダン炸裂か!って?
 
んなわけないじゃないですか。
 
練習が終わる頃めがけて、休日かよっ、ってほどのお客様が詰めかけてるんだから。
 
そのお客様の前に、粉と卵だらけの2人を行かせるわけにゃあいきません。
 
 
居残り練は、手前にノザ北野が来て、エジ、貴章、タカ、アトム、カワ、幸聖がシュート練習。
貴章、練習ではいい感じのゴールがキマるんだけどなー。
タカはいつものように、マーベラスなゴールはキメ…ry  あ、いや、でも、身体能力の強さ高さはシュート練習だけでも、とても感じる。
カワは、ヒカルのお株を奪う、「あ゛あ゛あ゛~っ」というわめき声をあげまくり。
 
奥のゴールにはスワッチが入って、ボランチたちがシュート練習。千葉ちゃんやマツも、もともとボランチなんだっけか?
 
 
他にも、けんたろなどがキック練習をしてたが、後のストレッチで終了組も、なかなかピッチから離れない。
そうだろなー、ファンサポイントのお客様の数が平日にしちゃハンパない。
別メながら居残りして走ってた永田は、岡山センパイと共にせっせとファンサに励んでいたようだ。
 
 
同じ誕生日同士の北野対アトム。アトムは厳しいコースにいいシュートを蹴っていた。
 
けど、アトム、ピッチの上では一瞬たりと気を抜くな! トコトコと歩いて戻る時、北野の蹴ったボールがヒザ裏にモロに入って、膝かっくん…。
きききき…北野も、たまにはキックの練習しようなっ。
 
そんな思いが通じてか、シュート練の後、アトムを相手にゴールキックを2~3本打ってたが、すぐ止めてた(’A`)
 
 
さて、ピッチ脇の草の上には、ちっちゃな子2人とママさん2人。
どうやら、ウメッティと内田ファミリーのようだ。
しっとり美人のウメッティ夫人と、キュートで若~い内田夫人。お子ちゃまたちも可愛い!
クラハに戻る若手選手たちもメロメロだが、子供をかまわせたらアルビNo.1、泣く子も笑かすノザ、スライディングまでして、チビちゃんたちのもとへ。
長く伸ばした髪をまげちょんぱにして、さっそくサービス。
それやるために、髪を伸ばしてんのかよっ。
 
 
まだ選手は数人ピッチに残って、ボール蹴ったり走ったりしていたが、11時半開店をめざしてオレンジカフェに突入。
今日はエビがたくさん入ったのか、エビメニューが多かった。
 
そんなこんなで食べて喋って、グダグダしていたら、あっという間に13時すぎ。
その頃、ようやっと取材を終えた記者さんたちがやってきた。
「もう、死ぬ……」とW記者。
延々と、延々と、延々~~と続く北野のファンサ&お誕生会が終わるのを待ち続けてたらしい。
天気はいいし、涼しくて気持ちいいお日和なんだから、死ぬこたぁないやさ。
 
北野のファンサ、これは流れ作業のサイン行列と違って、いまや、ほっかも教のセミナーなんだから、ガマン強く待つのことよ。たとえ練習時間並みに長くても(笑)

|

« 温泉がなくても幸福なアウェイ | トップページ | 湯元に往け・1 ~大湯温泉・湯元庄屋和泉屋 »

コメント

センパイ・ノザ・北野はアルビのファンサジスタと呼びましょう。

投稿: アイアン | 2006年10月 4日 (水曜日) 18時27分

トラバ致します

『北野・迷える子羊は救う・貴之』
『岡山・ファンサ王・哲哉』
『野澤・バッチコーイ・洋輔』

投稿: pooh | 2006年10月 4日 (水曜日) 22時17分

こんばんは。

長いなが~いセミナー待ちの記者さんもたいへんそうですね。
私もなんとか今季のうちに初オレカヘを果たしたいのですが、なかなかどうして…。

それにしても、マイノリティーだなんて、ぶるじょわじぃ。

投稿: greengrass | 2006年10月 4日 (水曜日) 22時48分

>poohさん
 
昨日はども。
TB来てないので、リトライしてみてくらはい。
ココログと楽天って相性悪いのかな。私もTBする時たいてい一度で成功しないっす…。
 
 
>greengrassさん
 
オレカフェは野菜料理や煮物が多種類あって、いいですよー。練見の時だけに限らず、ぜひ行ってみてくださいね。
 
Minorityのご店主はオランダサポだそうですよ。

投稿: アイアン | 2006年10月 5日 (木曜日) 07時34分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/12146282

この記事へのトラックバック一覧です: 人間はそう簡単に死なない:

» 『決戦は水曜日』のアルビレッジ [鳥屋野日録]
10月4日(水)   9:30〜気温25度  風あまり無し   Aコート使用。本日は北野選手とアトム選手のお誕生日!!『決戦は水曜日』ですよ、お嬢様方、お化粧、ネイルケア、おニューの洋服、プレゼントと気合入ってのファンサ練習見学の準備は宜しいでしょうか...... [続きを読む]

受信: 2006年10月 5日 (木曜日) 23時12分

« 温泉がなくても幸福なアウェイ | トップページ | 湯元に往け・1 ~大湯温泉・湯元庄屋和泉屋 »