« しょんぼりとシュークリームパンを食べる | トップページ | ジャズ姐さんアニタ・オディ追悼 »

2006年11月24日 (金曜日)

追憶の海で鹿島戦

アルビのベストゲームを3つ挙げよ、と言われると、いろいろありすぎて困るのだが、昇格後でベスト5くらい…とか言われたら、2004年4月のアウェイ鹿島戦を間違いなく挙げると思う。
ホームで鹿島に勝ったあの試合より、4月の試合は強烈な記憶として刻まれてるのだ。
 
まだ昇格して5試合目。
3節目で柏に例の奇跡の逆転勝利!したものの、次はホームでマリノスに惨敗。
そして迎えた第5節は平日ナイト・鹿島アウェイと逆境っぷり満載。
 

 
まだまだJ1、特にオリ10チームに対して過剰な思い込みどっぷりだった当時の私。
 
それでも、いつものニワカバスで乗り込んで、美味い物マスターちゅきに導かれ、スタ向かいの屋台村でうんまいモツ煮を堪能し、同席した鹿島サポさんに「新潟さん、待ってたよ~。いい試合しようねぇ」と余裕かまされ、やる気満々。
スタ内では鹿島名物ムーイングを初めてじかに聴き、試合中は雨だったけどズブ濡れで応援するぜっ!くらい意気込んでた。
 
試合は、どアタマに失点(恒例ですがな)し、前半を2失点で折り返す。
どうなることやら、と思ったら、後半アルビはまるで人が変わったようにイケイケ。エジ・優作の連続ゴールで追いつき、引き分け。とりわけ、あっきーの体を張った粘り強い守備にアルビの魂を感じて、たいそう感動した。
そして、試合後、鹿島のG裏から自チームに浴びせられる盛大なムーイング。…あぁ、これがJ1の醍醐味だな、絡まれないように気を付けてバスに帰らなきゃ、なんて真剣に思ってたあの頃。
(実際には、帰り道で相手サポに煽られたのなんて今のところ○和だけだしなw)
 
 
去年のアウェイ鹿島戦は、えーと、モツ煮売り切れしか覚えてないなー。
 
 
で、初の休日アウェイ鹿島戦となった昨日。
私たちは開場1時間前くらいに着いたが、既に屋台村はオレンジ一色。
さっそく1杯食したあたりで、あちこちの店から“モツ煮ひと鍋目完売・第2陣はあと30分くらい待ってね”宣言が出始める。
しかし、美味しいのはモツ煮だけじゃないぞっ。
 
あっ、そういえば・・・
試合前にお腹が満足した試合は悲惨な結果になるフラグが立ちまくりでござる。
(ちなみに、先日のフクアリでは私、何も食べてないからね)
 
そして、
 
061123_164908_m
北野の魂のスーパーセーブを見た時は「行けるかしらん?」と思ったし、勲のJ1初ゴール(というか、リーグ戦で勲のゴール見たのって5年ぶりくらい?)がキマった時は、04年の再現キタカ━━(゚∀゚)━━!!??と思ったのだが
 
061123_165442_m
なんだか集中しきれないまま。そして何より、鹿島は、以前の舐めた感じの鹿島じゃない。若手とベテランがしっかり噛み合った、まとまりのいい技巧派集団(相手を褒めることで自分の傷を癒す気かーーっ)になってた。せめて13番の人がどアタマから出てry…

いやいや、何を言おうと完敗。くしゃみしても完敗。キョトンとしてるけど完敗。
 
私自身、「いやぁ、5点で済んだ。8失点くらいするかと思ったよ」なんて軽口叩けるくらいフワフワしてた。ごみんなさい。声だけは、周りのため息地蔵くんな若者(←セイゴローの74にはあまり多く棲息してないタイプ)を蹴散らす勢いで出してたけど、どこか気持ちに隙はあったのかもしれない。
 
そんなわけで、
 
061123_165920_m
帰りはふて寝デチ━━!! と思いきや・・・
 
ニワカバス内は惨敗の反動で空前のバカ騒ぎ空間となり、臨界点に達した人数名。
まだ茨城県内出ないうちから、試合のことなんか思いっきり忘却の彼方へ飛びすさっていたのだ、いや負け惜しみじゃなく、本気に。
 
 
 
《今回の良かった事・その1》
 もちろん、イサオっちのJ1初ゴールだ。おめ。勲ソングが出せる状況じゃなかったのが不憫だ。
 
《その2》
 行きのバス内で見た津川(マキノ)雅彦監督作の「寝ずの番」がすんばらしく面白かった。しかしこれが帰りのバスでの乱痴気騒ぎへと繋がっていくのだ。影響されやすいワシら。
 
《その3》
鹿島スタのアウェイ側警備員さんに、「とても楽~」と喜ばれた。あのチームの時アウェイ側だとすごく辛いんですよ~泣、とグチもこぼされた( ´_ゝ`)  耐えろ。
 
 

                        22日のエントリに次いで特別出演のヌコさんは
                        友達ん家の子ネコ、太郎王子くんでした。

|

« しょんぼりとシュークリームパンを食べる | トップページ | ジャズ姐さんアニタ・オディ追悼 »

コメント

殿御乱心www
J1とJ2の違いは大きいですね。
落ちたくても、落ちられない意味がよーく分かりました。>バス内

投稿: ほさか | 2006年11月24日 (金曜日) 13時58分

お世話になりすみませんでした
私は爆睡しててその映画見なかったんだけどなぁ・・・

投稿: すばる | 2006年11月24日 (金曜日) 15時19分

>ほさかさん
 
殿は仙台くんに格下げ。
J2に居ついてはいけないとシカと学んだ帰り道…。
今後、今回のニワカバスは伝説になるでしょう。
 
 
>星になったすばるさん
 
ムチャしやがって…(笑)
 
さて、「寝ずの番」はエ●ジジイ津川雅彦らしい、色艶と洒落の溢れた佳作でしたよん。俳優さんたちをあそこまで演じさせられる手腕、おそるべし。
機会があったら是非!(とマジレス)

投稿: アイアン | 2006年11月24日 (金曜日) 17時41分

昨日はどうも☆発見しちゃいました~!やっぱり見つかっちゃう要素だっぷりの人みたいですね(笑)
でも帰り間際だったんで発見出来るとは思わず・・。

広島でも見つけちゃうかも!?でもゴール裏ではないんですよね~。なので発見出来ますかどうか・・。頑張って探します!!

投稿: まなみ | 2006年11月24日 (金曜日) 19時09分

>まなみさん
 
また見つかっちゃったぜっ。
広島ではメイン観戦ですか? 他にもお目当てさんがいるのかな。
 
広島での私には、お腹が満足したらry…フラグが立ってるはずなので見つけてください。

投稿: アイアン | 2006年11月25日 (土曜日) 11時33分

2年前は帰りの東京行きバス内でも、
えんじ色?赤色?の人たちに囲まれ気分良かった~!

投稿: ひげ | 2006年11月25日 (土曜日) 15時46分

>ひげさん
 
逆に、今年の九石ドーム帰りのバス内は情けなかったっす~。
 
明日は気持ちよーくビッグアーチを後にできるかな。
広島、これから行ってきまっす!

投稿: アイアン | 2006年11月25日 (土曜日) 22時48分

広島は、うちの親分と一緒ですか?!

投稿: ひげ | 2006年11月26日 (日曜日) 07時39分

>ひげタン

広島一人旅っす。眠い~。雨だ~。腹減った~。

投稿: アイアン | 2006年11月26日 (日曜日) 09時44分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/12804911

この記事へのトラックバック一覧です: 追憶の海で鹿島戦:

« しょんぼりとシュークリームパンを食べる | トップページ | ジャズ姐さんアニタ・オディ追悼 »