« アルビディオ新形もしくはモンテレックス山潟 | トップページ | 代表手のひら返し »

2006年11月 5日 (日曜日)

よしもっちゃん、おめでとう! そして、ナルオナオキ・スーパースター

レディースの試合は一度も見たことがないのだ。
でも、オレカフェの“ウェイター姿”のよしもっちゃんのファンである。
 
アルビレディース優勝&L1昇格まことにお目出度うございます!
 
 
ナルが…。
いや、監督をナルよばわりは失礼か。じゃ、鳴尾くん…ってクン付けかよっ。うう~ん、やっぱりナルでいくっ。
 
(ちなみに、ナルオナオキ・スーパースターはアンドリュー・ロイド=ウェバーの「Jesus Christ Superstar」で唄ってみてねww)
 

今年の春先、お子ちゃま相手の育成コーチからいきなりレディースの監督に就任したナルを聖籠で見かけた時は、歳こそとったけど相変わらずなナルオナオキがいるな、と思ってた。
「カントクゥ~」と呼びかけると、「ああっ、いやっ、どうも~」と肩をすくめ、しきりに恐縮していたナル。
 
でも、先日、オレンジカフェで近くを通りかかる鳴尾監督に、「監督、いよいよですね」と声をかけさせてもらったら、数ヶ月前のデヘデヘした照れ顔ではなく、力強い指導者の顔で笑顔を返された。
自信に満ちた、充実した表情だった。
多分、今までに見てきたナルオナオキの中で今が一番ステキと感じられるものだった。
 
 
観客4000人時代でも、ナルは女性ファンが多くて、いわゆるスターだった。
そして、クライマックスの2000年、浦和レッズ戦での2度にわたるハットトリック達成
そんな選手にJ1のクラブが目をつけないわけがなく、翌年ジュビロに移籍。
そして…
 
磐田→広島→鳥栖(J2) アルビ以前には山形や仙台に所属、しかも出身が岩手であることから、ナルの軌跡を私たちは「ナルオナオキ南下作戦」と呼んでいた。

 
鳥栖を解雇されて新潟に育成コーチとして戻ってきたと聞いた時は、懐かしさと同時に切なさも感じた。2000年にあんなに輝いたスーパースターが、ケガがちだったとはいえ泣かず飛ばす状態のまま数年を過ごし、引退し、ところもあろうに新潟に戻り……。
 
 
     「なんと言っていいのか・・・。嬉しいです」
 
優勝監督コメントでの、このナルらしい口ごもり方に、雌伏の時の苦さや悔しさを彼なりに乗り越えてきた万感の思いが感じられて、モバアルの画面を見ながら涙ぐんでしまった。
本当におめでとう、ナルオナオキ・スーパースター!

 
061105_214301
ちなみにこのサイン色紙は、99年か00年にナルが県庁の片隅で平日にサイン会をやった時のもの。
当時は、サイン会に整理券などというものが出るはずもなく、“人がいないとかわいそうだから、みんな行ってあげようよ”とサポ内で声かけあってデバッて行くような行事だった。
 
そこで、ナルから、サインの宛名書きのため名前を聞かれた。
 
「名前の代わりに、お好きな言葉を書いてもらえませんか?」
「えっ、好きな言葉ぁ? ええ~? えーーーっ…?」
 
スーパースターのくせに応用のきかないナル(笑)
 
軽ーく60秒以上悩んでから、おもむろに書いてくれたのが、この言葉、「ゴール!!
簡潔。だけど、FWにとってもっとも美しい言葉だね。
 
 
ルーキー監督としてのゴールを、昇格達成という形でキメたナル。
来期からは、厳しいL1というカテゴリーに乗り出していくのだ。
そこで、どんな形のゴールをキメてくれるのか。楽しみに待ってるよ、ナル!

|

« アルビディオ新形もしくはモンテレックス山潟 | トップページ | 代表手のひら返し »

コメント

>「ナルオナオキ南下作戦」

「いよいよ来年はFCりゅ(ry・・・」なんて言ってたのは
ぜってぇー内緒だ。


マジシャンがダンボールに大書きした「ナルオナオキ・スーパースター」を持って
一人でバックスタンドで歌唱指導していたっけねえ。
ついでに「慎吾キック!」(仮面ライダーの主題歌で)もあったねえ。

投稿: 渚 | 2006年11月 6日 (月曜日) 10時31分

>渚ちん
 
>FCりゅ(ry・・・」なんて言ってたのはぜってぇー内緒だ
 
「えー? 好きな言葉~?」と悩んでたナルに、「そういうの、普段から考えておけばいいのにぃ」と追い打ちをかけた事も内緒(^_^;)
 
考えてみると、「ナルオナオキ・スーパースター」ってフレーズを、元DENたちは実際には知らないのかなぁ。
スタオレ@バックスタンド時代もナツカシス
 
 
あ、それと、柴ちゃまの写真、ありがとう(笑)

投稿: アイアン | 2006年11月 6日 (月曜日) 16時29分

私、福岡へ出張で行った時に(2004年10月)
鳥栖の練習場へ鳴尾詣でに行ったことがあるんです。
鳴尾の2000年ユニを握り締めw
鳥栖の練習場には、鳥栖サポさんが3人w
その方達と色々と話ながら練習見学。
鳥栖サポ「どこから来たんですか?」
私「新潟からw」
鳥栖サポ「に、新潟?!」
私「森田、頑張ってますよw」
鳥栖サポ「んで、今日の目的は?」
私「かしわうどん・・・、じゃなくて鳴尾です!」
それから、鳥栖サポさんから、女帝テルコの悪行?!の数々をお聞きし、
鳥栖スタの素晴らしさを聞き、
そしてやっぱり、かしわうどんは食べなさいと言われw
そうこうしてると松本監督が鳥栖サポに近寄ってきて、
なにやら雑談してるw
鳥栖サポさん曰く、松本監督はこうやっていつも
気さくに話してくれるから近い存在に感じる、って言ってました。
私が新潟から来たことを聞いた監督は、
私をピッチの中に招き入れ記念写真を撮ってくれました。
松本監督もテルコの話を愚痴ってましたw
その後練習が終わり、鳴尾とご対面!
一言二言、言葉を交わして、記念写真、サインをして頂きました。
この時は、まさか翌年新潟に帰って来るとは想像もしていませんでした。
帰りに鳥栖サポさんが鳥栖スタまで車で乗せてくれて、
鳥栖スタを入れるとこまで案内してくれました。
温かい方達でした。

投稿: ひげ | 2006年11月10日 (金曜日) 23時05分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/12569268

この記事へのトラックバック一覧です: よしもっちゃん、おめでとう! そして、ナルオナオキ・スーパースター:

« アルビディオ新形もしくはモンテレックス山潟 | トップページ | 代表手のひら返し »