« ポケモンジェットで行く雨の広島ツアー | トップページ | 海の見える温泉てどうですか? 寺泊・太古の湯 »

2006年11月28日 (火曜日)

拳(魂)@広島ビッグアーチ

いつも雨だとか、空気が薄いとか、つまらないとか、いろいろ言われるビッグアーチだが、ひとついい事がある。
 
湿り気と、山から出るマイナスイオンのお蔭か、ノドの調子がすごく良くなるのだ! 
 
声、出る出る。乾いた土地でコールすると、たまにえづいちゃったりするのだが、そんなの全然なし。サイコーだわん。
 

 
1点取られてから前半が終わるまでが、すごく長く感じた。というか、すごく恐かった。
前半が終わる間際。“あともう少し”という一瞬の隙を突かれて追加点が入ると、いつものていたらくになっちゃうぞ、というポイントを防いだ。防ぎきってくれた。
 
選手はピッチを退けて、私たちが陣どったコーナー方向に戻ってくる。
 
「頼むぞ」という大きな声援を受けて、北野が拳(魂)wをかざす。ほっかも、アニキオーラ出まくりだっ。ヤーーバーーいぃーーーー! 漢たちがバタバタと萌え死にしそうだ。
 
 
後半は別の顔。
…というのは反町アルビにはよくあった事。
それとも、広島はいつものように、取った1点を守りきるつもりだったんだろうか。
前半は、動かされてる感たっぷりだったのが、後半に入ってようやく殻を破って動き出したアルビ。とにかく、後半に入って目が覚めるように良くなるパターンって、今年はそれほど多くなかったので、期待はいやがおうにも高まったし、心を奪われた。
 
淳さん、とにかく追いつこう、ではなく、勝とう、と言ったんだね。
 
だから、貴章のゴールが泥臭く決まった時、チームはもちろんのこと、サポも過剰に騒いだりはしなかった。勝つための第一歩にすぎなかったから。
 
 
後半はホントに面白かったし、白熱した。
何度もバーに弾かれたけど、思わずバンザイのジャンプをしかけてしまうほどの惜しいシュートがいくつかあった。
それでも、広島の守備は、悔しいけれどものすごく安定していたし、アルビの攻撃は意表を突くようなアイデアに欠けていたと思う。
“勝つ”という気力が時には試合を予想外な展開に動かすけれど、この試合は気力だけでは勝ち抜けなかった。決定的な技量が、広島側にあった。それが、駒野~佐藤寿人という形になって現れてた。
 
 
ショッキングな幕切れに呆然と泪目になりながらも、選手たちのファイトを讃える気持ちでいっぱいだった。それは、あの日あの時、あの場所にいた多くのサポが抱いたことと思う。
ロスタイムの失点後も、必死でボールを動かしゴールに迫る彼ら、心から頼もしいと思った。
 
いくら勝ちに行った結果とはいえ、いつものパターンで失点して負けてりゃ世話ないじゃないか、という見方があるのは当然だ。熱闘甲子園とかじゃなく、プロなんだから、と。

そんなこたぁ判ってるんだ。あそこで私たちが抱いた、あの悔しさ、(届かぬ技量が厳然とあると知らされた)空しさ、それでもこみ上げてくる愛おしさ誇らしさグチャグチャになった、訳のわからない感動は、いったいどうやって説明すればいいのだろう。
 
悔しさに顔を歪ませながらゴール裏に整列する彼らアルビコールで応え、後は口々に、“次、勝とうぜっ”と叫んだ。そう、この言いようのないにがさは、土曜のセイゴローで高くジャンプするためのものだ。
 
 
広島ビッグアーチ。たしかに空気が薄い。
しかし、その地で感じる思いは、とびきり濃くて複雑で、ふたつとない味だ。
行きたくない、なんて言わずに、来年も行こうよ。
それにさ、魚沼のおいちゃんが、うんまい広島ふうお好み焼きを現地で振る舞ってくれるかもしれないよ。マジで、マジで。
 
 
気ままな1人旅で始まった広島ツアー。帰りはがあが夫妻号に同乗させてもらい、帰還。
新潟の自宅に着いたのは、午前3時半ちょっと前くらい。
(今回ばかりは参加人数少なすぎて、ニワカバスが出なかったにゃ~)
 
帰りの車内で見たスポーツニュース。
もちろん、横浜FCのJ1昇格&J2優勝で話が盛り上がったのは当然ながら、私たちのリアクションが一番デカかったのは、柏×札幌の試合ダイジェストだ。
 
  ………札幌ヤバス…強杉……
 
フクアリ、大丈夫、だよね?

|

« ポケモンジェットで行く雨の広島ツアー | トップページ | 海の見える温泉てどうですか? 寺泊・太古の湯 »

コメント

いい体験でしたねぇ。
私も北野クンの拳(魂)、見たかったなぁ。
きっと気絶しますw

投稿: すばる | 2006年11月29日 (水曜日) 09時10分

あの、いや、全然振る舞ってませんから(汗)

俺出前頼むけど、みんなはどうする?的ノリ。

投稿: む | 2006年11月29日 (水曜日) 11時03分

>すばるさん
 
負けたけど素晴らしい気合いだったーとかで割り切れる感情じゃなかったけどね。
 
北野のファイト一発的挙動は、きっと天然なんだろうけど、いつも“…ここって笑うとこ? シビレるべきところ?”と迷っちゃう。
 
 
>む さん

なあーーーーーんだ、割り勘だったんかい。
みんなにお好み焼きを取り寄せて振る舞うなんてさすがイイ男、さすが美人嫁がいるだけのことはあるwと思ったのに(殴)
広島のお好み焼きは、ちょっとガサツに作ってるところがたまらなく美味しいね。

投稿: アイアン | 2006年11月29日 (水曜日) 15時58分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/12861759

この記事へのトラックバック一覧です: 拳(魂)@広島ビッグアーチ:

« ポケモンジェットで行く雨の広島ツアー | トップページ | 海の見える温泉てどうですか? 寺泊・太古の湯 »