« ひと言だけ | トップページ | オメデト サヨナラ 横浜FC »

2006年12月12日 (火曜日)

美しき別れ~フクアリから新潟駅まで~

千葉にあるまじき寒さ。これ絶対、新潟より寒いだろ~!ってほどの寒さと霧雨の中で、天皇杯5回戦。
 
そして、こんなのってありなのかなぁ……って内容で試合は進んだ。



 
 
貴章はすごく頑張ってた。
貴章っていい選手なんだなぁ、とつくづく思えた試合だった。
そして、あの同点となるマサゴール※①には感涙+爆笑だった!
あの瞬間のちょっと前、ふらふら~っと幽霊のようにゴールポストにもたれかかった貴章に、『貴章、マサゴールだ、マサゴール!』と心の中で叫んだら、ホントにやっちゃった~!
貴章大好きだ。
(ちなみに私の今期MVPは貴章だ。ちょっとMVPって趣旨とはズレるけど。貴章はアルビそのものだと思ったから)

 
試合の後で、仲間たちは、「貴章の責任じゃない。貴章はよくやった。潔く負けを受け入れよう」と言っていた。
 
誰の出来が悪かったとか、あそこはああすべきだったとか、それは言ってもネガティブになるばかりだし、なにより札幌の選手たちを讃えるべきなんだろな。
 

それでも、試合後、ザザ降りの雨に濡れて、ktmrからアルビにおけるPK戦の歴史講義など受けながら、選手バスを待つ私の心には、潔さとは無縁な混沌があった。
 
 
J1とJ2の違いって何だろう。

アルビは、とにかく、03年シーズンを通して勝ち点を重ね続け、最終的に1位で勝ち抜ける体力があった。そして、札幌にはそれがなかった。
 
そして今、アルビには、とにかくJ1リーグをなんとかサバイバルし、3年の間、特に崖っぷちに立つほどのこともなく過ごすクラブとしての体力があり、札幌には這い上がってくる体力がなかった。
 
でも、トーナメントだとそういうものは関係ないらしい。

実際、そんなに悪くはなかったと思うんだけど、それってこの1年通じてずっと感じてたことなので、要するに、アルビって軽~く泥沼にハマッてるんだよね? “今日のアルビ全然ダメダメじゃん!”という域に達しないまま負けるって、やっぱりかなりシリアスな問題なんだろーか? 
それとも、これこそが、『中位への道』の始まりというものなんですか?

で、勝負弱いアルビがトーナメントで勝てないのは仕様だよ、と。
 
 
いや、そんなのは自己欺瞞だよね。
試合後、とてもじゃないが前向きになれなかったのは、J2札幌に負けたからってんじゃないよ。
(PKは運って部分がデカいからアレかもしれないけど、PK戦※②までいってしまったアルビの試合運びに関しては、最前列のフェンスによじ登ってトラメガで叫びたいほど(笑、いたたまれない気分だったことは確か)

あの日、フクアリで見たアルビ、なんだか私の愛するアルビから少しだけ変貌してるように感じた。とても育ちのいい、性格のあっさりしたお坊ちゃんみたいに見えた。それがとても胸につかえた。
 
もちろん選手たち1人1人は頑張ったし、敗戦は泣きたいくらい悔しかったかもしれない。
でも、雑草に駆逐される栽培花のひ弱さ、という、アルビにはあってはいけないモノをチラッとだけど感じてしまったよ。
メンタル面までリードできるキャプテンがいない、とか、まだパスサッカーがよそ行きの服みたいで体に馴染んでない、とか、それだけじゃなくて………
 
ああ、この期に及んで、やっぱりそれは気持ちだよ気持ちが足りないんだよ、とか書きたくないな~(笑) そんなにひと言で言い切れるものでもないよね。
 
何なんだろう?
 
 
その“何か”をしこたま持っている選手が、アルビを去った。
 
 
ファビーニョ
。…こうやって、文字を打つことさえ、まだ辛いよ。この喪失感は、当分は埋まらないだろう。
もしかして、これは来期までずっと引き摺るかもしれない。
 
そのくらい、ファビの存在は大きかった。
 
 
ただ、Ficar aqui! というふうに単純にはもう言えない。
 
ファビアルビは、お互い分かり合った最も美しい形で、別れた。…そんな感じ。
 
去年の反町さんとの決別もこんなふうじゃなかったかな。
 
ファビアルビとの関係がこれで切れたとは思えないし、新たな展開がそのうち訪れたりするかな、なんて期待もあるけど、とにかく、今までの関係はこれで終わり。
幸せな関係が、幸せのうちに終焉したという事ではないだろうか。
偉大なる“パパ”(@北野)からの旅立ち。これからアルビはパパ無しで歩いていかなくちゃいけないんだ。
 
 
そんなファビとの別れの2006年12月10日@新潟駅。
事情を知らない人にとっては、「何? アイドルの追っかけ…にしちゃあ年齢性別構成メチャクチャ!」と思ったことだろう。JRの中の人たちと普通の乗降客の皆さま、200人超?もの人間がトグロを巻いて驚かせてすみません、てなもんで。
 
でも、こういう、今まであまり新潟にはなかった“愛し愛されて別れる光景”が大々的に展開されたことは画期的なことだと思う。
新潟駅に突如出現したセイゴロー。それを実現させてくれたktmrと、(多分しぶしぶ)GOサインを出したシャチョサンにはお礼を言いたい。
そして何より。
ああいう場を作ってくれたファビーニョには、muito muito muito obrigada!
 
この別れが双方にとって前進となれますように。そして、これがかりそめの別れでありますように。

 
私たちのチームが、私たちの大好きな言葉、「逆境」とか「気合い」とか「猪木」とかの領域からズレていこうとも、ファビの不在が大きく影を落とそうと、アルビを愛し続けていくことにかわりはない。
ああ、それだけは、確か。
 
 
唐突に終わってしまった2006年。
練見ももう終わりだ。まだ見れると思ってたのにぃヽ(`д´)ノ(じゃ、去年とかは覚悟してたのかって? あぁ、してたともさ…汗)
クリスマスイブイブを杜の都で過ごせないなんて、あ゛あ゛あ゛あ゛~牛タン~~!
ちなみに、クリスマスイブは、伯父の49日法要です(’A`)

 
※①マサゴール…深沢vs鈴木克美@市陸2000
※②PK戦……ナマで見るのは初めてだった。しかもマイチーム。心臓バクバクかと思っ
         たが、そうではなくむしろ、目の前が白っ茶けるような貧血状態が喜多。

|

« ひと言だけ | トップページ | オメデト サヨナラ 横浜FC »

コメント

発車前の新幹線の中で、ファビとモトハルが最後の抱擁をかわしてる時、「こっち向いてよおぉぉ~!」とマジ怒声あげてる人々が恐かった。
真のミーハーを見た気がした。美しくない別れだろソレ。

投稿: アイアン | 2006年12月12日 (火曜日) 18時01分

「写真撮れな~い!こっち向いてーっ!」って叫んでた人々ですね。
マジ恐かったっすw
あの場面でああやって騒げる人、初めて見た(´・ω・`)

投稿: Cがあが | 2006年12月12日 (火曜日) 21時07分

>キャメロンがあがさん
>クリスティーがあがさん
>キューティがあがさん
>セレソがあがさん
>キャスリーンがあがさん
>コリンヌがあがさん
>セレーネがあがさん
>キャミソールがあがさん

改名おめ! ところで、Cは上のうちどれですかw

投稿: アイアン | 2006年12月13日 (水曜日) 00時20分

セレーネいいなぁ。“月の女神”だって。照れるなぁ(* ̄ー ̄*)ゞ
>改名おめ!
早く“セレソ”から抜け出すよう努力しますw

投稿: Cがあが | 2006年12月13日 (水曜日) 08時33分

11月のアウェイ鹿島戦にニワカバス参戦で、帰り道に意識のあった人間しかわからないネタ、サクレツ━━(゚∀゚)━━!!
 
じゃ、ここで整理すると、
 
hama…仙台(MなのにS)
すばるタン…山形(あがる気、もしかしてホントに無しなのね?)
拓哉くん…湘南(やっちゃったらしいじゃないのさ)
 
 
さしずめ私は鹿島様あたり? 降格とかって何それ? モツ煮(゚д゚)ウマー

投稿: アイアン | 2006年12月13日 (水曜日) 09時21分

エントリとコメントがかけ離れ過ぎ。
でもCがあがさんの意味がわかった

投稿: む | 2006年12月13日 (水曜日) 11時11分

そーですよ。
私も涙しながら記事読んで、みんなあの時、色々な出来事に対して
同じこと思ってたんだな~って思ってコメントしたんですが。
Cを名乗った私が悪かったです。
記事すばらしい内容なのにすみませんでした<(_ _)>

投稿: があが | 2006年12月13日 (水曜日) 14時27分

>かけ離れ過ぎ
 
叱られた…(´・ω・`)
 
アワードひとり勝ちのおいちゃんを、いつかJ2に落としてやろうっと♪
 
>涙しながら
 
そんなこと言わないで、食い倒れてろよ~
つ迎え酒

投稿: アイアン | 2006年12月13日 (水曜日) 17時39分

怒ってないよー
俺って勝ち組だったの?>アワード
むしろ記憶のない人が一番の勝ち組だったような。。。。。。

投稿: む | 2006年12月13日 (水曜日) 19時38分

札幌戦お疲れ様でした!
試合後、一瞬で過ぎ去ったバスにガッカリしながら蘇我駅に向かうと、駅にはファビの顔が・・。
てっきりバスは東京駅に向かったと思っていたのに、選手は蘇我駅で皆降りたようで次々と駅の階段を上ってきました。真っ先に貴章のところに駆け寄り「お疲れ様でした。来年も宜しくお願いします!」と声掛けると、小さな声で「すみません・・」。
PK戦のことで落ち込んでいたご様子。来年は今年以上に貴章を応援するぞと誓ったのでした。

投稿: のっちゃ | 2006年12月13日 (水曜日) 21時25分

>のっちゃさん
 
私たちもバスを見送った後もダラダラしてたら「蘇我駅で選手発見」の報に、ひっくり返りましたよー。
 
貴章は落ち込んでたのか、ムリないよね。
でも、美人さんに声をかけられて癒されたんじゃ?(笑)
今回の試合で、貴章はアルビサポの心をガッチリ掴んだね。5年前のノザみたいだなー。
 
では、またそのうち!

投稿: アイアン | 2006年12月13日 (水曜日) 22時40分

あ、おいちゃんへのレスを忘れてた。
 
ニワカバスのヒエラルキー的にいうと、臨界点に達したhama、すばるはJ2。
今回、があがさんと拓哉くんもやっちまったのでJ2。
 
おいちゃんは飲むだけ飲んで食うだけ食って楽しんで、美人嫁連れてゴキゲンさんで帰還したようだから、やっぱり勝ち組。
 
他にもアワードで降格した人、いませんか~?

投稿: アイアン | 2006年12月13日 (水曜日) 22時50分

個人的に昇格したか降格したかは微妙なところw

あえて一言言うなれば、
>さみしい
と、アワードの投票で書かれていただけで十分です。

投稿: おにぎり | 2006年12月14日 (木曜日) 01時51分

>おにぎりぃぃぃぃ。・゜・(つД`)・゜・。
 
フクアリの出待ちでずぶ濡れになったせいで免疫力落ちてたのかあぁぁ?
 
体を張った流行りものチェック乙(泣)
早くよくなってくれ。
 
で、納会で豪快に降ry…

投稿: アイアン | 2006年12月14日 (木曜日) 08時46分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/13028050

この記事へのトラックバック一覧です: 美しき別れ~フクアリから新潟駅まで~:

« ひと言だけ | トップページ | オメデト サヨナラ 横浜FC »