« うちのT‐REXくん | トップページ | 初春セイゴロー »

2006年12月31日 (日曜日)

地を這うものに翼はいらぬ

いろんな意味でのたくさんの辛い別れがあった2006年ではあったが、なんとなく終わってしまった感も強い。
 
 
アルビに関して言えば、フワフワした1年、だったと思う。
 
フワフワと、心も躍るような若手の活躍や、つなぐサッカー。
 
フワフワと、芯の通らないチームプレーや、表面だけのブーイング。
 

 
ま、一番フワフワしてたのは、J1も3年目で危機感というものが徐々に薄れてきた自分だとは思うけど。
 
 
しかし確かに今年のアルビレックス新潟は、“勘違いレベルまで神がかったような絶好調っぷりがなく”、“崩れるととめどもなく崩れ”、“ここだけはあざとく勝ちにいくというエゲツなさもあまりなく”、きわめて上品に節度をわきまえて恬淡と日々を暮らすお坊ちゃまのようなチームのように感じた。
 
ホントは、「今に見てろ!」とかって唸りながら米粒を噛みしめてガッツを蓄えるビンボー家の少年みたいなチームだったはずなんだけどな~(苦笑)
 
 
去年の今日は、反町さんとの別れが絡んでたから、けっこう感動的に締めくくったのだが、今年はとくに感慨もなし。三部作の映画の1作目を見終わった後のような、とでもいえばいいか。
でも、J1に居続けるってことは、サポにもそういう宙ぶらりんな気分に耐え続ける試練が必要なのかもしれないな。


 
 
昨日・今日と、青空も見える穏やかな歳末の日々でした。
新潟市は今現在、雪とは無縁です。(うちの人はスキーが出来ず悶え苦しんでます) いいお歳夜です。

 
サポ仲間をはじめ、私を取り巻く多くの人々。私は本当に人に恵まれてると思います。
こういうのも、人間力っていうの?殴)
 
 
それでは、皆様、良いお年を。

|

« うちのT‐REXくん | トップページ | 初春セイゴロー »

コメント

>サポにもそういう宙ぶらりんな気分に耐え続ける
よく分かります。
何かと色んな意味で刺激が多かったアルビに
つまらない感じるサポもいるかも知れませんが、
J1に居る幸せを常に感じていたいですね。
もちろん現状維持という意味でなく。
チームから与えられるものだけでなく、
サポもモチベーションを高めていけるものを
自ら各々見つけていかなければ。

投稿: ひげ | 2007年1月 2日 (火曜日) 13時01分

キレイにまとめてくださって、ありがとうございます。
 
マスコミでの取り上げられ方ひとつとっても、アルビにはもうドラマがないって事ですもんね。去年なら甲府、今年は横浜FCですか。
 
その流れにビクともしないでいられるのが、サポってものなんでしょうね。

投稿: アイアン | 2007年1月 3日 (水曜日) 11時23分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/13284966

この記事へのトラックバック一覧です: 地を這うものに翼はいらぬ:

« うちのT‐REXくん | トップページ | 初春セイゴロー »