« もうひとつのオレンジローソン | トップページ | アーリー・バレンタインデイ »

2007年1月23日 (火曜日)

リアル・サッカー・温泉

金曜の練習初日ほどではなかったが、かなりの強風が吹き荒れた聖籠。
それでも、背後から陽射しがあるのは嬉しい。うん、まぁ、薄日ってレベルだったけど、ないより全然マシ。
 
さて、聖籠スポーツセンターのほうのジム前を歩いていたら、女子日本代表のGKコーチに就任なさった前ちゃん、いやいや、前田信弘さんとガラス越しに目が合った。
相変わらずシブカッコいい。
代表に行ったついでに、よさげな選手を1人2人、レディースに連れてきてくらはい。
 

 
久々の前ちゃん目撃に嬉しくなるが、今日はまだもう1人。いや、2人目撃。
某所でプチ話題のMさんとK先生が、一般ピープルとしてEピッチの片隅でリハビリトレーニングをなさってた。
Mさんは、なんだかAに所属してた時代の練習中より生き生きと楽しそうにボールを追いかけてるように見えた。
まぁなんのかんの言っても、OB的な人が、長年いた場所ではなく、新潟に舞い戻って(しかも、こんな真冬に)日々を過ごしている、というのは喜ぶべき事なのかもしれない。
 
 
Teba と、来てる人の話題もあるけど、去っていった人もいる。
長年アルビの主務を勤めてこられた三ヶ月さんは、今はグランパスのスタッフさんになったんだね。名古屋かぁ。毎日、世界の山ちゃんの手羽先食べれるなぁ、羨ましい~。あ、違うか、毎日、中村直志選手の顔を見れるんだね、羨ましい。それも違う? も…もしかして、玉ギャル・青ギャル・楢ギャル(?)の対応に追われてたりして。
 
(3月末には再び食べられるのね手羽先おいしいよ手羽先→)
 
 
土日が暖かかったせいか、ピッチに出てくる選手たちはみんな寒そう。
誰それがハーパンとかなんとか。これよくよく自分の若かった頃を思い出してみると、ドカドカ雪がある真冬の最中でも平気でナマ足出してミニスカで歩いてたもんな~。そんなにドびっくりするようなことでもないんだよな~。
 
松下と俺の中野が一緒に歩いていると、背格好が似ているので遠目だとよくわからないことに気付いた。
 
純マは(練見仲間と喋ってる時、不意にこう言ってしまったのがピッタリ来たので、純マ)誰と仲良くするというでもなくマイペースそのもの。練習中もマイペースだ。フレンドリーなアメリカの兄ちゃんという感じだが、けっこうお疲れ気味。
 
お疲れ気味といえば千代反田もかなりキテる雰囲気。しんどそう。走ってる時もアゴ出してるしね。(…っていうか、アゴは疲れてなくても出ているようだ)
 
深井や坂本は元気満々そうに見えるのに(いや、みえてるだけかも)
 
イギリス帰りの慎吾はなんだかミョ~にすっきりした感じというか、孤高の人っぽい愁いを漂わせているというか、大人びて見えてるというか(もう既に29だけどなー)
 
 
午前午後とも練習メニューはモバアルのクラブハウスニュースに載ってるので、月300円払って読んでくらはい(ここすごく大事)
 
ポジションごとに分かれてのトレーニングは、つくづく「FWすくなっ!」と思ってしまった。
これに限らず、グループに分かれての練習の時人数が足りないと加わるのは、黒崎コーチの役目のよう。後半とはいえまだまだ30代。バシバシ動くし、大人げないし、楽しいな、こりゃ。
昔、防護ネットなどない場所でのシュート練習で何度かクロさんのシュートを被弾した私としては、クロさんがボール蹴ってる時は“たとえネットがあっても油断するな、すぐ側に立つな”と涙ぐみながら力説したい! いやホント、ネットから50cmは離れてないと痛い目あうからね。
 
午前練は少し陽もさしつつ、時々すごい突風もふきつけつつ、ボールを使いながらのフィジカル苛めに費やされてた。いやもう、フラビオ楽しそうに怒鳴る怒鳴る。
コーチたちも掛け声をかけまくり、その合いの手が選手たちからあがる。この部分が07年型アルビだね。
 
 
ところで、記者会見の様子を見ても、知事や市長への訪問のニュースを見ても、なんだか淳さんのイメージが少し変わったと思いませんかい?
去年は、目からビームが出てるし、喋りに抑揚がないし、表情は変わらないわで、まさしくX星人だったけど、今年はなんだかとても表情豊か。
セルフプロデュースのたまものなのか、ようやく本来の自分が出せてるのか、判らないが、練習場での学校の先生的オーラは相変わらず。両脇に目を光らせてる強面コーチもいるしね。
 
午前練終了頃のジョギングで、淳さんと千代が何か喋りながら一緒に走ってる姿は、授業後の先生と生徒そのまんまだ。

午前は11時過ぎに終わり。GKたちはフィールドたちより少し遅れて終了。
髪を短くしたらノザがやけに小さく見えるんですけど。
 
ファンサポイント見物はスルーして、さぁ3時からの午後練まで3時間半。
新潟に戻るには距離もあるし、かといってオレンジカフェも開いてないし…。
 
 
というわけで、ここに行きました(笑)
いやぁ、初めての体験.*:.。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。.:*!!☆
浸透圧がとてもキツいので、体はグッタリとしたけど、極楽極楽。ロシア語貼り紙も健在だった。こういう時間の潰し方、今まで憧れていたざます~(有閑マダムふう)。
 
 
そんな、いい思いをして午後練開始30分前にアルビレッジに帰還。
すると、その帳尻合わせみたいに雨が降ってきた。それがいつしか固形物に変わる。
選手たちより早くピッチに出てトレーニングの用意をするスタッフたちに、バラバラと大粒のアラレが降りかかる。
もちろん、ピッチを見る私たちにも顔に向かってバシバシと当たってくる。痛いのなんのって(泣)
 
それでも、選手たちが揃った頃にはアラレもやんだ。
しかし、午前よりも冷たい風がビュービュー。多くの選手たちはネックウォーマーを顔に引き上げて鼻と口を覆う泥棒スタイルだ。
 
午前は姿の見えなかったアトムが午後はちゃんと参加。寒がるふうもなく可愛らしく少年力を発揮していた。たとえチームNo.1ミニの座を深井に奪われても、一番可愛いのはキミだよ、アトム(殴)
 
ムグも別メながら外に出てきて、隣のピッチでトレーニングをしていた。スラローム状の走りとかやってたようだ。
 
午後練のメニューもモバアルのとおり。
めまぐるしいポゼッション練習の時、ミョ~なくらい絹を裂くような乙女の悲鳴が「キャアァァ~!」と…。
どうやらその声の出所は、千葉から来た慎吾と同い年の人だった模様。
 
GK練習、今度はネット前でやっていた。
諏訪っちがジェルソンさんにボコボコにしごかれていた。
 
フィールドたちはハーフウェイラインより向こうでの練習となったため、なんだかもう、どれが誰だか判らない。ていうか、冷たい風のせいで目が痛くて痛くて涙がポロポロ。泪目で視界が曇ってよく見えない。
しかし、全身から「俺、俺っ!」オーラを出して目立ってるのは、背番号14の人
ここかと思えば、またまたこちら~♪ってくらい、どこにでもいる坂本。それは瞬間移動の術なのか? 
 
深井はそのサイズのため遠目でも見分けやすいし、実にテケテケとよく動く…てか、この人こそ文字通りの瞬間移動プレイを堪能させてくれる。あとは、“ケガすんなよ~”と祈るばかりだ。
 
そんな新加入の選手に負けじと頑張るアトムとカワが、素晴らしいコンビネーションを見せる場面もあった。そうだ大事なのは連携だよね、可愛いぞU-20♪(えっ、そのリアクションは明らかに違うだろ)
 
最後の、ピッチ4分の1くらいの面積で行われた紅白戦もどきにも、人数合わせで当然クロさんが入るわけだが(はっ、今年は少数精鋭パターンで人数足りないという前提のうえでのクロさんコーチ就任だったのかっ)、思いっきり、「クロッ」と呼ばれてた。テラや慎吾ならまったく自然な呼び方だろーしなぁ。
 
GKたちは結局、フィールドと絡むことはなく個別の練習のみ?
最後、ジェルソンvsGKのPK対決?だったのかな? 何本キメれたらジェルソンさんの勝ちとかいう感じだったのかな?
蹴る前に「プイィィィィ!」と必ずホィッスルの口まねしてからボールを蹴るジェルソンさん、とっても挑発的♪ 
途中からフラビオさんがやって来てヤジを飛ばすし、北野も時々ポル語で応酬するので、「字幕テロップつけてくれよっ」状態だ。
 
3時に始まった午後練は途中から西日がさしてもいたが、午前以上に風が冷たい中で進行。まぁ、選手たちはキツいサーキットトレーニングじゃなくてボールを蹴りまくれるので、のびのび楽しそうなんだが。
例年だとフットサルコートで見れる爆笑ドッジボール大会が見れなくて、ちょっと残念かな。
 
あともう少しで終了のところだったが、帰りのバス時刻が近づいたため、切り上げる。後はpoohさんとこで補完してちょ。基本、私は人任せ♪

寒さでこわばった足を引きずりながら歩いてると、これから練習開始らしいレディースのよしもっちゃんとご対面。ラッキー。
昼間でさえ寒いのに、薄暗くなってからの練習はさぞ寒いだろう。
レディース練見ご常連の人々っているのかな。

カフェ前あたりにさしかかると、おお、既にお手振り隊も待機完了だ。
その中の隊員さんのお一人が、親切にも免許センターまで車で送ってくださったわ~。浮いた時間で、免許センターの中でしっかり暖まれました。ありがとうございましたぁ!
サカ温泉の半分は(周りの人々の)優しさで出来ています。
 
 
ちなみに、16:45に免許センター発のバスは17:15に新潟駅前に到着。夕方だからバイパスが混むだろうと思っていたが、予想外に早く着くのでビックリだ。
(午前の行きはだいたい所要20~25分)
 
 
 
あ、そうそう、ざぶーんには唐突に行ったわけだが、着替えはどうしたのさって話。
なぁに、防寒のため玉ネギのように薄物を何枚も重ね着してたので、その着る順番を変えただけ。ホーム○ス手法かよっ。

|

« もうひとつのオレンジローソン | トップページ | アーリー・バレンタインデイ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/13636479

この記事へのトラックバック一覧です: リアル・サッカー・温泉:

» 温泉入って記憶蒸発のアルビレッジ [鳥屋野日録]
1/23(火)  9:30〜(一部目)  Dコート使用。天候・曇ったりしたけど、あくまでも『晴れ』(『自称晴れ男の淳さんを監督としているのですから、絶対に『晴れ』)  気温・四℃   風・それなり。一部練習と二部の間にこちら様とざぶ〜んに遠征。身体が温...... [続きを読む]

受信: 2007年1月24日 (水曜日) 08時05分

« もうひとつのオレンジローソン | トップページ | アーリー・バレンタインデイ »