« 七人のマッハ!!!!!!! ~頑張れ福田さん~ | トップページ | 「親友」 ~今日はタイ映画の日~ »

2007年2月17日 (土曜日)

草津の旅・4 ~千代の湯~

むかし、アズテックカメラのロディ・フレイムが19歳くらいの頃のインタビューで、
「僕は(無作法やマナー違反に)すごく文句言っちゃう性格なので、きっと50歳になる頃にはとんでもないガミガミ親父になっちゃってるかも」みたいなことを言ってたけど、
それを見て、
「いや、ロディ、あなたはもう既にガミガミ親父になってるってば」と思ったものだった。
 
そんなガミガミ親父ふうに、ひと言。
 
浴室内で体の水気を拭き取ってから、脱衣場に出てきてくれ!
 
自宅の風呂場では濡れた体のまま脱衣場のマットにあがって、そこでバスタオルで体を拭いたりするのが当たり前だよね。でも、入浴施設ではそれはダメ
花水のようにアメニティー命!みたいな所だとスタッフさんがどんどんマットを変えたりフロアを拭いたりするんだけど、共同浴場でコレやったら地元のおじちゃん・おばちゃんに頭ごなしに怒鳴られても文句は言えない。
 
…と前置きが長くなったけど、


 
 
千代の湯

 
●酸性-硫酸塩・塩化物泉 湯畑源泉
●無料
●24時間(清掃時間除く)
 

 
湯畑のすぐ近く。日新館(ここの併設の『ぐーてらいぜ』というカフェのコーヒーは美味だった♪)と大阪屋という2軒の旅館の間にある。
場所柄か、観光客の利用が多いようだ。
出入りするたびにチャイムというかアラーム音がするのはやはり防犯を考えてのことかな。
 
凪の湯からあがって、ぶらぶらと訪れたのは夕方の5時半すぎなので、比較的空いてるほうだったのかもしれないが、観光客らしきお嬢さんが3、4人ほどいた。
 
ここも凪の湯と似た構造で、脱衣棚があり狭い脱衣場、ガラス戸の仕切り。でも凪の湯よりは少し広い。なにより、建物がかなり新しい。トイレもついている。
(男女別内風呂とは別に、『時間湯』をやる浴室もあるらしい。これは時間が決められていて料金が必要らすぃ)
 
脱衣場にいた先客の女の子がゆっくりと服を脱いでいる間に、目にもとまらぬ早さで服を脱ぐと、さっそく浴室に。
「お邪魔します。こんばんわ」と挨拶したのに全く無視かよっ、2人のお嬢ちゃん。

体を洗って、湯に浸かるんだけど、これが温いのなんのって。
凪の湯が熱湯CM並みだったせいもあるが、どう見てもここの湯温は40℃程度。
もうほとんど、ぬる湯の世界だ。
自由に水でうめたりできるし、冬だから、運が悪いとこういう事になるんだな。連休でおびただしい数の観光客が訪れているのだ。んん~ガマンすっか。
 
湯は、さっぱりした酸っぱ湯。軽~く硫黄臭がある。
せめても湯口の近くで湯浴みしたけど、サラッとしたいいお湯だ。
 
浴槽からあがって、ギュッと絞ったタオルでせっせと体の水気を拭き取って(というか、これで充分なんだけどね。旅先でバスタオルって必要すか?)、脱衣場で身支度をしていると、杖をついたおばあちゃんがやって来て、ゆっくりゆっくり服を脱ぐ準備をしていた。
 
そこに、浴槽からあがったままの体で脱衣場に出てきたお嬢さん。足拭きマットの上にも床にも湯をしたたらせながら、脱衣棚の自分のバスタオルに手を伸ばす。
しかし、そこは場所が悪かった。くだんのおばあちゃんがいるすぐ隣だ。当然、体が触れあう。
 
……頭ごなしではなく、きわめて判りやすく注意してさしあげましたが、何か?
私を睨みつけたのは、憎しみではなく、恥ずかしかったからだよね、お嬢ちゃん?

 
共同浴場にはどこでも、最低限のマナーが貼り紙で掲示されているので、これくらいはキチンと守りましょう。草津のタダで入れるお風呂は、よその人の家のお風呂に入れさせてもらってるのと同じだからね。
 

Chiyo

建物の前には地下水が出ていて、飲めるようになっている。空のペットボトルに入れさせてもらったよ。同じ草津の地下から湧いてくる水なのに、温泉とは全然違う、やさしい味の水だった。
 
そして、カノジョがあがってくるのを待つ男子たちの姿もそこここに。
連休の草津は若いカップルがわんさかだなぁ。

 
                               (←草津の旅・3  その5→)

 
温泉名:草津温泉 湯畑源泉  入湯日:2007.2.10

 
                  
                        この他の「新潟県以外の温泉」を見る 

|

« 七人のマッハ!!!!!!! ~頑張れ福田さん~ | トップページ | 「親友」 ~今日はタイ映画の日~ »

コメント

>「いや、ロディ、あなたはもう既にガミガミ親父になってるってば」

うっ、相変わらず守備範囲が広いですなあ。スゴス
でもそんなロディも、未だ家庭を持てず、未だ失恋歌を歌う。
なんかの因縁なんですかねえw

投稿: スネオ | 2007年2月18日 (日曜日) 23時43分

>スネチャマ
 
>守備範囲
ぬおっ、アズカメが「Highland Hardrain」で登場してきたのは、もう20年以上前だよ。全然ストライクゾーンど真ん中でつ。
(…と野球用語で話すワシ… しかも話がズレとる)
考えてみると、ロディってジジイやu-coタンや淳タンあたりと同年代なんだよね。
昔から私生活の好不調がまんま音楽性に表れる一本気なお人でおますなぁ、ロディ。不惑の歳かよ。
ちなみに私とタメはポール・ウェラーでし。

投稿: アイアン | 2007年2月19日 (月曜日) 09時36分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/13941607

この記事へのトラックバック一覧です: 草津の旅・4 ~千代の湯~:

« 七人のマッハ!!!!!!! ~頑張れ福田さん~ | トップページ | 「親友」 ~今日はタイ映画の日~ »