« 聖籠でアラレが目に入ったorz | トップページ | 大分共通バスカードは必須・照湯温泉・別府27 »

2007年3月15日 (木曜日)

硫黄臭マンセー♪・旅館みどり荘・別府26

谷の湯」から上がると、すぐに九州横断道路に出る。
目の前に鉄輪郵便局があって、そこから少しだけ下がったところに、「北中」というバス停。
そこで、風を浴びながら待つこと数分。
APU行き」のバスがやって来た。


 
 
旅館みどり荘

 
●酸性硫黄泉
●500円(内湯)、700円(露天)
●8~20時
●別府市明礬7組  ℡.0977-66-2012
 

 
Myoban_0001 九州横断道路やまなみハイウェイっていうだけあって、鉄輪から更に坂道を登ると、カーブの多い急な登坂路になる。
 
APU行き」亀の井バスの「地蔵湯前」というバス停で降りる。
そのひとつ手前の「明礬」バス停で降りると、上り坂がハンパじゃないので念のため。
 
バスから降り立つと、ねっとり甘みを帯びた硫黄の匂いがあたりに立ちこめている。
まさに明礬。これが明礬温泉
 
側溝のフタっちゅうフタから硫黄泉の湯気がシューシュー怖いくらいにたちのぼり、成分もベッタリ付着。
これ、ドブ掃除のため開ける時、すごく大変じゃない?

 
Mid4バス停前は有名な地獄蒸しプリンを食べさせる岡本屋売店。バス停からまっすぐ登って行くと「明礬湯の里」。その途上にあるのが、旅館みどり荘だ。
 
このあたりは下界の眺めもすごくいいので、観光客が大勢いるのだが、湯遍路さん(別府八湯・温泉道用語)はあまりいないようだ。
 
花咲く庭を抜けて玄関に辿り着き誰何すると、若い女将さんが出てきた。
内湯か露天かを訊かれたので、迷わず内湯を選択。
内湯は3つあって、どこに入ってもいいという事なので全部覗いてみたけど、ほぼ同じ造りなのであーる。
(露天も3つあって、選んで入るシステム)
Mi1_0001  Mi2_0001  Mi3_0001
浴槽の大きさはどれも同じ。私は真ん中のに入った。
 
どの浴槽からもうっとりするような官能的な硫黄臭がして、ザブザブというかドバドバと源泉が注ぎ込まれている。
 
簡素だがキレイに管理されている脱衣場と、あっさりした浴室。
酸性硫黄泉なので多分ソープ類は役にたたないはず。
 
投入湯量がすごいので、当然湯温はすごく熱い!
しかし、浴槽に水道の蛇口がない(笑)
(ホースを引っ張ってうめることは出来るけど)
湯はやや白濁で、とっても新鮮。すっごくアッチイけど、入りますわいな(泣)

 
Mid ←浴槽からの眺め。
 
ここも、窓の上の方は素通し。
硫化水素泉(硫黄泉)だし、風通しや湯気抜きのためもあるんだろうけど、台風の時とかはどうなの、これ?
こういう開放的建築って、新潟ではありえないので、とにかく吃驚するのみ。

(ただ、月岡温泉なんかは硫化水素の濃厚な温泉なので、浴室に湯気抜きの小窓がある宿が多い。月岡の風呂場は寒ってのは、こういう理由なのねん)
 
 
湯は熱くてビリビリくるけど、濃ぃ~硫黄泉に浸った時のワクワク感サイコー!
桶に湯を汲んで、わざわざタオルを浸して、ウットリ~な香り持続作戦決行。
旅から帰って、洗濯しても、硫黄の匂ってなかなか落ちない。ヒーターの側で乾かすときプーンと硫黄が香ると、またまた幸せ大爆発なのだ!
 
 
入浴時間は50分くらいを目安に、と女将さんから言われたけど、30分経たずに既にヘロヘロ。グダグダ。全身倦怠感で、ナマコのような感覚。
恐るべし明礬温泉
 
 
とか言いつつ、外気を浴び、ヒヤッとした山の冷たい風に吹かれると、元気復活してまう温マニさん
次は、これまた有名な共同湯「鶴寿泉」に行こうかな、と思ったのだが、さすがに濃厚硫黄泉2連発は感動が薄れるなぁ、と思いとどまった。
そしたら、ここは、ピリリッと酸っぱい、緑礬泉でヒーヒー言いたいぞっ。
てなわけで、きつい坂道をくだって、湯元屋旅館を再訪した。
 
…温泉サーキットトレーニングですがな、これ。


                               (←別府・25   別府・27→)

 
温泉名:明礬温泉     入湯日:2007.3.4

                           この他の「新潟県以外の温泉」を見る

|

« 聖籠でアラレが目に入ったorz | トップページ | 大分共通バスカードは必須・照湯温泉・別府27 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/14269355

この記事へのトラックバック一覧です: 硫黄臭マンセー♪・旅館みどり荘・別府26:

« 聖籠でアラレが目に入ったorz | トップページ | 大分共通バスカードは必須・照湯温泉・別府27 »