« サッカーをやめちまえ、みたいな | トップページ | 骨折仲間、あらわる »

2007年5月29日 (火曜日)

温泉魔都・熱海その1・福島屋旅館

日本じゅうどこを掘っても温泉は出てくる、と思ってたけど、難しい土地もある。
磐田もまさにそうで、温泉が全然ないわけではないんだけど、ハードルが高い。
 
そんな時はALBiWAYの「まい湯~」書くのも困っちゃう(´・ω・`)
前回、清水ん時は逆ギレしちゃったし(笑)。
 
(A3ペーパーの印刷が出来る人ってなかなかいないと思うけど、もし可能な方がいたら是非プリントサポーターになってくださいましね。特に、次の大宮・千葉戦はたくさんアウェイに行くだろうから、ペーパー不足必至。なにとぞHELP US!)
 
さて、清水でのアウェイペーパーでも取り上げた、熱海
 
今まで、伊豆方面の温泉は一生お呼びじゃないや、と思ってたけど、いったん熱海に足を踏み入れてしまったら、もうダメ。熱海すごいよ熱海


 
 
福島屋旅館

 
●ナトリウム・カルシウム‐塩化物泉
●350円 タオルなし
●10~19時 無休
●静岡県熱海市銀座町14‐34   ℡.0577-81-2105

Fuku14月のとある日、うちの人を早朝4時に送り出した。
さぁここから丸々3日間、オールフリー。湯治でも行くか。……しかーし、真ん中の日にセイゴローで試合があるーよ。

いそいそと風呂支度をして、朝一の高速バスに乗って東京に出て、なんとなく東海道線に乗ってみた。
降りたったのは「熱海駅」。
 
熱海といえば、デカい温泉旅館、団体さん、宴会、貫一お宮…ベタなイメージ先行の歓楽温泉街としか思ってなかった。しかし……
 
 
湯巡り人として出会った熱海は、草津や別府とはまた別の、魔境だった~!
 

熱海駅から右のアーケード街を通り抜け、そのままクネッとしたバス通りを道なりに行くと、「ホテル貫一」向かいにあるのが、福島屋旅館。その少し先に、熱海七湯・風呂の湯というモニュメントがある。駅から徒歩で10分程度。

 
Fuku3建物の外観はもろに鄙び系。
ホントにここに泊まれるのか、という気配がむんむん。
 
そして、玄関に靴がゴタゴタと並ぶ入り口から帳場に上がると、緑魔子的ルックスのおかみさんが気怠く対応。このあたりで、もう、まがまがしさもたっぷり。
とりあえず私を地元民じゃないようだと見てとって、「中にロッカーないから、貴重品預かりますよ」とおっしゃるので、大して何も入ってないカバンを預ける。
 
うーん、内部は薄暗く、相当レトロ、というか、怪しさ満点。
右の写真は、浴室に入る手前にある階段付近。
すげーーーー妖しいぞ。魔界への入り口かよ、これ。背筋がぞわぞわしてくる感じ。

 
Fuku2そして、浴室入り口が、これ。
 
中にはいると、ある意味、落ち着いた。
 
時代を経た脱衣カゴと棚だけの簡素な脱衣場と、浴室には、ハダカ電球。
1人のおばあちゃんが、恐るべきゆっくり加減で服を着ようとしていた。
激シャビーなんだけど、とりあえずここは古き良き共同浴場の典型であって、妖気は漂ってないよ~~。
 
浴室には、カランが2箇所。
それぞれ、湯(多分、温泉)と水の蛇口が1つずつあるのだが、どちらにも大きなプラスチックのタライが置いてある。
“どーすんの、これ?”と思って、1人いた先客に訊いてみると、
湯も水も出が悪いので、出しっぱなしにしてタライに溜湯をしといて、そこから桶ですくって体などを洗う、とのこと。
 
ここはどうやら地元民の銭湯的ポイントらしいし、ローカルルールはちゃんと聞いておかないとね。
他に何かここの決まりがあったら教えてくださいね、とか殊勝なことを言ったら、先客のおばあちゃま、ゴキゲン。
 
10人くらい入れそうな細長いものと、奥に6人程度のものと、浴槽は2つあったが、奥のには湯は張られてなかった。
細長浴槽に入ってみると、けっこう熱い。43~4℃くらい。
おばあちゃまが「熱かったらうめていいよ」と言ってくれたけど、無問題です。
 
とろみのある、しょっぱいお湯。
手ですくって、くんくん嗅いでみると、ほのかに石膏臭
あぁ、初めてのリアル熱海の湯(当然、ザブザブと源泉掛け流しだ)。
今まで、『よくある塩化物泉だしょ』と思っていた私はパカだっ、大パカだっ。
 
お湯が、体の奥までドッシリズッシリと沁み入ってくるような、攻撃的な浴感
こ…これは……まいったぜ。
 
薄暗い浴室は古びたタイルで出来ていて、昭和も30年代よりもっと昔にタイムスリップした感覚だ。
「いいお湯だわぁぁぁぁ」(本心)
「あたしらは毎日ここに来てんの。一度、息子の家に同居するって行ったんだけど、ここのお湯がないといられなくて、帰ってきちゃったの」
「ここに慣れたら、そうそう他の土地には行けないわねぇ」
熱海は他にもいろいろあるけど、ここのが一番」
 
…などなど温泉トークするうちに、温泉成分が、ホント、ヤバいくらいに“まわって”きて、アタマがボーーーッとしてきた。
あがって、水をかぶって、少し体をさましてから、また入浴。
今度は、ハンパないほどの汗が出てきた。
熱海の実力をまざまざと感じながら、そろそろあがろうかな、と思ったら、
 
「もうあがるの!? もっと入らなきゃ。よーく暖まらなくちゃ」と、おばあちゃまから激しいプレッシャーがっ。
「あ、いえ、この後いろいろ行くところがあるんで、のぼせないうちに…」とかなんとか言って、「お先にぃ」と脱衣場にダッシュすると、
私が到着した時、パンツを履こうとしていたおばあちゃんが、まだセーターを着てる途中だった! 何十分かかって服をお召しになるわけですかっ?
この老婦人からも、
「もう出るの? 外は寒いからもっとゆっくり入らないと」攻撃を受けました。
 
新潟から来てるから全然寒くないんだけどね。
でも、2人のおばあちゃんどちらも、優しいね。気遣ってくれて。そして、この熱海の、福島屋さんのお湯を心底から誇りに思ってらっしゃるふうだった。
 
お湯も、人も、思ってた以上に濃ゅーい熱海
これは、ドアタマからいいお湯に突き当たりましたぞ。

 
温泉名:熱海温泉     入湯日:2007.4.10

 
熱海その2は水口浴場


                                   この他の「新潟県以外の温泉」を見る

|

« サッカーをやめちまえ、みたいな | トップページ | 骨折仲間、あらわる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/15250071

この記事へのトラックバック一覧です: 温泉魔都・熱海その1・福島屋旅館:

» 熱海ウォーキング [ハマのcotoraは今日も行く]
今年初の駅からハイキング。 今日は、「あたみ桜と梅園を満喫する熱海潮風ウォーキング」をチョイス。 あたみ桜も梅園も潮風も、それなりにそそるものはある。 でも、今回の本命は、そこじゃない。 毎回、ウォーキングの後の温泉がとても楽しみなオイラ。 って言うか、ほとんど、一日歩き回った足を温泉につける時の快感が味わいたくて歩いてるみたいなもんかも。 はじめのうちは、ウォーキングのコースを決めて、その近辺の温泉を探してたのが、だんだん温泉ありき、になってきて。 で、日帰り温泉を検索しててヒッ... [続きを読む]

受信: 2010年2月 2日 (火曜日) 11時08分

« サッカーをやめちまえ、みたいな | トップページ | 骨折仲間、あらわる »