« 取り急ぎ、本日の2層目 | トップページ | 過度の期待は禁物にゃ »

2007年6月21日 (木曜日)

あっぱれジューンブライド@横浜FC戦

昨日も気持ちよく、裏声で「潤ーーーーーっ!」と叫び続けた。
 
私ってばもうめちゃめちゃうっちーラブじゃないかしらね(但し試合時のみ)
 
その、うっちー、去年新潟に来た時は、そつのないプレーに、鹿島時代のニックネーム「公務員」がしっくりきてたものだが、今は公務員とか言われても何それ?てな感じ。
 
粘りのある、強気のプレー、相変わらずそつもない、ウワッ、パーフェクトすぎてつっこみどころもないし(笑) 
 
もうベタ褒め。LOVE IS BLIND.

もし今のうっちーに突っ込むとしたら、ヘアスタイルby嫁だけだろうか。
あの、中途ハンパな丸刈りスタイルになってから、見た目にも凄みが漂い、黒いグラサンでハンドルを繰る姿はかなーり恐い(こないだ、クルマが隣り合っちゃったんだよーん)
 
が、そのヘアスタイルと共に、プレーのキレも増してきてるような気がするのは、何故?
 
 
そういう意味で、うっちーの髪を刈った奥様、あっぱれ
勝利給でヴィトンのお財布でも(アルビの勝利給じゃバッグはムリだろうと推測)プレゼントしてあげてー、うっちー
 
 
さて、昨日はもう1人、うっちーがいて、横浜FC内田智也
この人、若くして、横浜FCの古参選手の部類にはいる。ね、アルビのJ2時代に既に対戦してるでしょ。
クレバーで、すばしっこいプレーが好きで、なんとかアルビが強奪できないものかしら、と願い続けてたのだ。
そんなトモピ(おいっ)と、J1で再会。感激。
 
 
んなわけで、昨日の私はとてつもなくミーハーモードに突入していて、横浜の選手たちがピッチ内練習に出てきた時なんか、メインのアウェイ側ギリギリまで遠征してかぶりつきで見てたくらいだ。でへ。
 
 
横浜FCサポさんたちは、平日とあって人数こそ少ないものの、フェンスの向こうには見知った顔が幾つも! 
あぁ、なつかしい…(涙) 
アルビの昇格初年度04年の夏に調子こいて三ツ沢に試合(その時、スゲーノが超ロングキックをゴールインさせちゃったのだった@鳥栖戦)を見に行って以来だ。

横浜FCのJ2初年度から仲良くさせていただいてたなかじじさん&とまとさんとも、鉄格子越しに久方ぶりの再会。
フェンス際をウロウロして覗う私を最初に見つけてくださったのは、とまとさんのお母様だし…。あやしくて、ホントにどーもすみませんでした。
 
アルビも初年度の前半は苦しかったけど、今の横浜FC、かなり厳しい状況。
それでも、折れない心で応援し続けられる人たちだから、トモピにもスゲーノにも、モトさんにも(いきなりモトさんスタメンって…。もしかして今年の契約条項の1つに、新潟戦は絶対先発のこと、って入れてたとか:殴)、精一杯のプレイをして欲しい。
 
…と、そんな甘ちゃんな事を考えつつ、脳天気にビール飲みまくりだったのだが…
 

 
試合のことは何を今さらという感じ。でも、単純に勝ちは嬉しいよ。
4月の味スタでのFC東京戦みたいな味わい。
まっ、あの時よりは数段余裕シャクシャクで空回ってたわけだけど。
 
みんな、うっちーの先制弾を見て、「俺も俺も」な気持ちになっちゃったんだろうねぇ。後半は大味で拙速な攻めに終始してしまった。うっちーってば罪な男。
 
あっ、あと、ボールと関係ないところで、トモピを背後から小突いてた千代反田! 
ちょ…ちょっとステキだったよ。
 
なにより、シルビさんいない、いない、わんちゃんいない、しかも前半のうちにテラが故障退場って中でのあの結果。
皆さん、ご不満はごもっともですが、もう少し評価してあげてもいいのでは(笑)
 
 

それより、アルビの試合を見ていて、こんな感情にとらわれたのは初めてだ。
 
どんな感情って……対戦相手である横浜FCに対する歯がゆさだ。
 
たいていは、相手のサッカーを「す…すげー、強い、巧い」とか、「ちょろいんじゃないかしらー」とか突き放した目線でしか見られないんだけど、昨日は、
 
トモピ、なぜそこで仕掛けない」
滝澤、そこでボール奪われてハイ終わりかよ、追わないのかよ」
「そんな簡単にライン際見切るのね、っくん」
 
とか、チャレンジしない前めの選手たちにイライラした。
湿気がすごくて、疲労困憊が予想されてはいたけど、前半の攻撃陣の動かなさには辛くなったよ。
これって、私の中にほんの少しだけ、横浜FCファンの部分があるからなのか。
それもあるし、厳しい成績ながら必死に応援している仲間たちのためにも、あんな省エネサッカーはしてほしくなかった。
後半の中くらいから必死になったって、仕方ないじゃん。
サポはさ、後半はアルビゴールを大いに脅かし一矢報いたことは次に繋がるって思ってくれるだろうし、現に、試合後は精一杯のチームコールで迎えてたけど、彼らの“そうするしかない、そう思うしかない”っていう気持ち、アルビサポとしての私だって痛いくらいよく判るから、なおさら歯がゆい。
 
 
こんな感情、間違っても大宮や川崎にはぜえぇぇぇぇったいに抱かないわけですが。

 
 
 
 
途中で雨は降ったけど、試合前後は降らないという理想的な天候だった昨日。
夜試合の後はオレカヘ@カナールはないのかよぉぉぉ。
薄暗くたっていいから、エビス飲ませろーーーー!

|

« 取り急ぎ、本日の2層目 | トップページ | 過度の期待は禁物にゃ »

コメント

>ピッチ内練習に出てきた時なんか、メインのアウェイ側ギリギリまで遠征してかぶりつきで見てたくらいだ。

な~んだ、アイアンさんもそーだったのか。
ワタクシ、アウェイ側に移動中、アイアンさん達に手を小さく振りながら「ヤバッ!見つかった!」っていう心境だったの。
おんなじじゃん(^^)

投稿: みゆき | 2007年6月22日 (金曜日) 19時58分

潤。すばらしいですよ。ええ。
去年のヤマハスタジアムが懐かしい思い出です。

投稿: reo | 2007年6月22日 (金曜日) 22時54分

>みゆきさん
 
昨日はども!
>おんなじじゃん(^^)
アテクシは、みゆきさんがカメラを持っていそいそとアウェイ側に向かうのを見て、後追いいたしましたのさー。
個人的には、横浜FCのホペイロ添田さんにも懐かしく萌えました(^_^;)
 
 
 
>reoタン
 
潤が輝きすぎて困っちまいます。
去年のヤマスタでネジがぶっ飛んだんでしょか?

投稿: アイアン | 2007年6月24日 (日曜日) 23時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/15514323

この記事へのトラックバック一覧です: あっぱれジューンブライド@横浜FC戦:

« 取り急ぎ、本日の2層目 | トップページ | 過度の期待は禁物にゃ »