« 赤いサポさんも行ったらいいじゃないかな・チムジルバンスパ神戸 | トップページ | 声に出して呼びたいキショー!@聖籠 »

2007年8月21日 (火曜日)

夢で見たよな大人って感じ@アウェイ神戸戦

ちょっとわかってきたみたい…(殴)
 
 
昇格1年目の頃、ホームでジュビロと当たって、負けた。
その頃、ジュビロは調子が悪くって、アルビにとってはチャンスだった。
事実、アルビヨンハのゴールで先制する。
でも、結局はなんだかんだで逆転されてジュビロに寄り切られちゃった、という試合。あったよね? あの頃のアルビはまだ粘りと勢いでもってたような感じだったから、大人なジュビロに軽くいなされちゃったのだ。
 
あの時、「地力のあるチームは悪くても悪いなりに戦って、結局勝ちをもぎ取っちゃうんだなぁ」、と脱力しながら思ったものだった。
 
誰かから、「ジュビロサポは勝っても、内容が良くないとあまり嬉しがらないんだって」みたいな事を聞き、「んまぁ、なんて贅沢! うちらもいつかそんなふうに言える日が来るのかいな」とも思った。
 

 
…とドアタマから昔話で始まる神戸戦。
 
早朝6時すぎだってのに、関西は暑い暑い。ムォワアァァァと息を圧迫するような暑さに押し切られ、温泉施設で半日以上をゴロゴロと過ごしてから、ユニバに向かう。
 
三宮に着いたあたりから、空は曇り始め、生温かい風にも時折冷たい空気が混じる。
 
北野が練習に出てくるあたりに着けばいいや、と思ってスタに入ったと同時に、雨が降り始めた。空からは、もうすでにゴロゴロゴロゴロゴロ、雷鳴が響いてる。

むふふふ、アテクシ、なんだか雷ってテンションあがるのだ。
 
思った以上にオレンジ色の人が詰めかけたアウェイスタンドは、そろそろ選手チャントのオンパレード。しかし、なにはともあれ、ビール。
500ml缶で550円。
冷蔵庫から取り出され注がれたビールは、なぜかシャリシャリ感のある冷え具合(’A`)
シャーベット状のビールはうまくないっ。
 
そんな アウェイの洗礼 過剰サービスにもめげず、スタンドに戻ると、そこはもうかなりの降り具合。ポンチョを着てる人もいる。

神戸泊り豪華グルメツアー展開中のがあが夫妻、東京から急遽空路使用にて参戦のはなさん等のぶるじょあサポな皆さまと共に、しっぽりと濡れ濡れ応援だ。


試合は、周知の通り、のっけから神戸ペースで始まった。
とはいえ、アルビがgdgdってわけでもなく。
右から来たのを左に受け流しつつ、って感じ。
そんなふうに思えるくらい、バックラインは頼もしく感じた。
ただし、恩返し上等!で意気上がるまっつーだけは、テンションあがりまくりで空回り気味で、少しハラハラだ。
とはいえ、神戸攻勢の空気読んだか、徐々にプレイに冷静さが見えてきた。よかったよかった。
 
神戸のCKでエジ貴章がDFにまわったため、センター付近に残ってたサカモトマルシオの一気呵成のカウンター。これは痛快だったねぇ。
サカモトがまぁ、いやらしくオフサイド具合を見極めーの、グラウンダーでパス出しーの、マルシオが飛び込みーのが、まるでスローモーションを見ているかのように、遙か向こうのゴール前で繰り広げられている愉快さったら!
 
こういうスキを突かれての失点って精神的にガックリきちゃうよな、と期待したけど、どっこい、神戸は崩れることなく攻めてくる。いやーーん、そんなの神戸じゃなーーい! 気持ちが強くなったのね、神戸。それって、オークボ効果?
 
しかし、そんなオークボくんアルビ戦における神戸PK失敗伝説には勝てなかった。
泣くなオークボバンちゃんなんか2本続けて止められたんだぞっ。どどんまい。
ノザ播戸のPKを立て続けに止めた時は、「神様かしら.*:.。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。.:*!!☆ 」と思ったけれど、今回の北野PKセーブも……まぁ、誰が何ささやいたかは置いといて(笑)……チームにも、スタンドで応援するサポにも、ものすごい勇気を与えてくれたと思う。
 
事実、その後も神戸攻勢は変わらなかったけど、「恐れることはないさ」的気分だったもん。
何度コーナーを取られても、ダッシュでやってくるエジ貴章の姿を見ると、心臓のドキドキ感が止んだし。
選手を応援してるつもりが、選手の姿に鼓舞されている! ぷち感動!
 
 
試合前半はスタ内各地で「キャーーーッ!」と悲鳴が上がるほどの凄まじい稲光で、「アヒャヒャヒャ、大自然の花火大会~♪」なんてふうに半ば楽しんでたんだけど、ひとつ心配だったのは、ハーフタイムの花火大会。やるの? やらない…よねぇ?
雨は強くはないけど、降ってたもんねぇ。
 
でも、スタDJから「花火やります」との宣言に、大拍手湧く神戸ユニバ
 
アウェイとバック間の外側で次々と上げられる花火。
あぁ、考えてみると、今年初。そして多分、今年最後の花火見物。
それなりの時間を費やす花火大会と違って、こちらはごく短い時間に死に物狂いでぶちかましてるって風情。まさに、息つくヒマもない。っていうか、延々とあがり続けていて、ショージキ、飽きた。
 
しかし、しとしと雨に濡れながら見る花火ってのも、乙でした。
神戸さん、ありがとう。
浴衣姿の神戸牛くんも、楽しませてくれて、さんきゅ~。
来年もぜひ、花火を見せてください。
 
(って、神戸さんには内緒だけど、04年にユニバでうちらが勝った時って確か、選手入場のラインに沿って花火を炊く演出してたんだけど、その火花が入場途中の神戸の選手に当たっちゃってアヂヂヂ!になったんだよね。ユニバと花火とアルビの取り合わせはすごーーく危険ですよぉぉぉ♪)
 
 
ま、後半も、雨は降ったり小降りになったり。ずぶ濡れまではいかないけれど、しっぽりと濡れそぼるサポーター。
そして、不快指数を確実にあげてくれる主審TJ氏。
まだまだひたすら続く神戸の攻勢。

でも、アウェイまで来て、愚にもつかないしょーもないヤジを飛ばすヤツは回りにはいない。
(TJ氏へのお言葉はたくさん飛んだけど)
目の前で、選手たちは自信をもって、落ち着いて、ガッツをみなぎらせながら、神戸の波を押しとどめている。
そんな粘り腰なプレイを見せられたら、よくある「何やってんだー」「前へ!」「早く打てよーー」なんて言葉は出てこないって。
 
もちろん追加点を取る戦いは挑んでいるけど、失点だけは絶対しない。
選手たちはそう信じてるし、私たちもそんな彼らを信じている一体感
スリル満点の成り行きに、体も心も痺れたよ
悪いけど、この感覚ばかりは、TV画面からは感じ取れないものなんだ。いひひひ。
ここで追加点が取れたら、もうダメ押しで楽になるんだけど、この、胃がねじれるような、背筋がゾクゾクするような変なヒロイックな快感もたまんねーー。

ロスタイムに入っても延々と続く緊張感で、終了の笛を聞いた時は体じゅうのシビレが一気にほどけた感じで、一瞬動けなくなるほどだった。
 
あぁ…なんて気持ちいいっ!
 
 
そして、1点を守りきって、凌ぎきった選手たちがスタンドの前にやって来る。
形の上では、“辛勝”だから、選手もサポもメチャクチャはしゃぐってことはない。
でも、ピッチコンディションやらジャッジやらに浮き足立つことなく、しっかり確実に勝ち点3をもぎ取ってきた彼らの顔は、ひときわ、大人っぽく見えた。
そう、アルビも昇格4年目で、ようやく大人の仲間入りしたんだよ。
 
…って、イヌ年齢かっ!

 
 
 
選手たちも捌け、コールも終わり、ばらけたスタンドでは、やっぱり、「いやぁ、痺れるねぇ、こういうの」という言葉が多く聞かれる。
 
 
 
あ、ついでのようだけど、アテクシは北本選手にちょっと萌えたよ。
終了後、彼のアタマをくりくり撫でるエジが、ショージキ、羨ましかった( ´_ゝ`)
 
 
それじゃ、神戸さん、来年もアルビ戦はユニバでよろ~♪
 

|

« 赤いサポさんも行ったらいいじゃないかな・チムジルバンスパ神戸 | トップページ | 声に出して呼びたいキショー!@聖籠 »

コメント

エントリー名の歌詞がやけに懐かしいっすww
彼は今何をしているのでしょうか?
そんな僕は小山田派ですw

投稿: ジャミ | 2007年8月21日 (火曜日) 18時59分

>ジャミタン
 
バカ暑い夏のアウェイでは、「SURVIVE」五泉Tシャツが活躍しとります。
私も懐かしいよ~~~、ジャミくんが。
 
実は、神戸戦の後に寄った温泉処に象の置物があって、「乗ってはいけません」と書かれてたのを見て、みんなで、「ここにジャミくん乗せたいね~」としみじみ語り合っていたのでありました。

投稿: アイアン | 2007年8月21日 (火曜日) 22時23分

モノホンのぶるじょあは、往路に「よろっとこだま」は使いませんw。
復路の新潟行きの飛行機はご褒美?だったのですが
ボンバルディア機を回避したところ、選手と同じシコーキに!!
免疫がないのとまばゆいのとで、正視できませんでした(←バカ)。

投稿: ハナ | 2007年8月21日 (火曜日) 22時41分

アイアンさま、こんばんは。ユニバって私の中で上位にランクするナイススタジアムです。初めてユニバに来た時に整然とした雰囲気に感動したのを憶えています。ビッグア-チに似ているって方もいましたが、私的には西日本で一番と思っています。また来年もユニバでやって頂く様にみんなでお願いしましょう。

投稿: ALBIN | 2007年8月21日 (火曜日) 22時44分

>ハナさん
 
ひょえっ! 選手と一緒だったのか。うーん、誰かヒコーキ恐いよ~手を握っててぇ~、みたいな人、いた?(笑)
 
アテクシ実は、空港ビルから飛行機への移動バスに、選手たちとギューギューに詰め込まれたことがあるです。ハナさんだったら引き付け起こしちゃう?
 
 
>ALBINさん
 
ゲンのいいスタジアムって素晴らしい!
日曜は、見た感じかなり観衆が入ってると思ったのに、1万いかないのは意外でした。
ホムスタは専用で迫力あるけど、ゴールがあまりに近すぎて、肝心のゴールシーンが角度によっては見れなかったりしますよね(笑)
 
アテクシの西日本No.1は、やっぱり鳥栖スタかな。

投稿: アイアン | 2007年8月22日 (水曜日) 00時46分

「ミギニケルンダロウ」は、みっちゃんだったらしい?

投稿: ぐっちい | 2007年8月22日 (水曜日) 11時27分

>ぐっちいさん
 
んじゃ、こんな感じ?
 
永田「右に蹴るんだろ 右、右」
エジ「オマエ ミギケルカ ミギケルカ?」
千葉「ってかさ、どっちから見た右なわけ?」
北野「俺はとめる俺はとめる俺はとめる俺はとめる俺はとめる!」
オークボ「チョッ…オマエらうるさ…」
主審「ピィーーーーーーーッ!」
 
一同:「(ノ∀`)やっちゃったーー」

投稿: アイアン | 2007年8月22日 (水曜日) 13時02分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/16188638

この記事へのトラックバック一覧です: 夢で見たよな大人って感じ@アウェイ神戸戦:

« 赤いサポさんも行ったらいいじゃないかな・チムジルバンスパ神戸 | トップページ | 声に出して呼びたいキショー!@聖籠 »