« ヒゲバス | トップページ | 応援→風呂コースがやめられないアナタへ »

2007年8月31日 (金曜日)

サカ温泉の、サカ温泉による、サカ温泉のためのアウェイ甲府戦

まず、最初に謝ります。
昨日、小瀬でアウェイペーパーALBi WAYを受け取られた方々、すみません、「まいゆ~」に載せた山城温泉ですが、営業時間は23時半まで→22時までに変更されてましたっ。
誤った情報を載せてしまい、どうも、すみませんっ。
 

今年2回目の小瀬
夏が来~れば 思い出す~(以下略)で有名な替え歌を口ずさみながら行く小瀬
 
その2回ともが平日ナイトゲームというのは、盆地力の新たなるバリエーションなの?
 
というわけで、いつものニワカバスが出ず、魚沼ヒゲバスで乗り込むのだ。
(そういえば5月の小瀬もヒゲバスだったなぁ)
 
こうして、「サカ温泉サンクスデー」は始まった。
 
 

 
小瀬付近に3時に着き、昼夜の営業時間の合間だっつーのに、おいちゃんが脅して予約入れて店を開けさせた「つるとかめ」というトンカツ&ほうとうの店で、食事。
5月の時は、私は入店せず、ここから徒歩でオニのような温泉5湯ハシゴを敢行したのだったが、今回はさすがに真夏なので、ゆるいスケジュールを設定。
 
そのスケジュールってのが、小瀬スポーツ公園の端に位置する「山城温泉」という温泉銭湯でのんびり湯浴みをしただけで満足して、すぐにスタ入りする、というものだった。
 
 
食事が終わって、小瀬の駐車場に着いて、警備員さんに温泉の場所を確認。
同行したい、というりーだと2人で温泉不倫旅行に出発だいっ(゚∀゚)

…と思いきや、私たちの後ろには、があが夫妻ebとなかいさんがぞろぞろと…。
 
みんな、開門前に並んで入場するじゃないのかよ~。
 
…と、ダラダラと道を行きつつ振り向くと、私らの後から、こんな人までが(笑)
 
070829_163701そんなこんなで、駐車場から徒歩5~6分ほどで着いた温泉は、その経路も含めて、かなりのアヤシ系。
(詳細はもちろん、後日、温泉エントリとして載せまする)
 
アウェイ参戦と共にいろんな温泉を回ってるけど、甲府の温泉銭湯は、なんだか今までの概念を覆すような、なんともいえぬ味わいの、アヤシイ所が多い。
 
ここですっかり、さっぱりマターリしてしまった私たち温泉セブン
もはや、ゆるサポと化す。
実際、お肌はしっとりツルツル、体から力がほどよく抜け、もはやスタ内で冷えたビールorかち割りワインをグビッとやればもう何も要らないって気分だ。
 
 
そんなこんなで始まった試合は、千代反田北野の大切さや、今のアルビの守備陣の充実ぶりを存分に思い知る試合…というか、『甲府は恐くなかった』というか(殴)、シルビさんが疲れてくるにつれ試合内容もどんどんアヤシくなってくるのが悲しかったけど、はその穴埋めを必死に頑張ったし、エジも(途中ちょっとハラハラしたけど)キレもせず、ちょっと流し気味ではあったけどけなげに走っていたし、まぁ、よかったんじゃないかしら?
マルシオの状態だけが、心配だけど。

070830_171901 パペヴァンくん、パペパルちゃんに慰められるの図

 
今の甲府、ホントにちょっと辛いね。
神戸戦の時も虎の子の1点を守って勝ち逃げる展開だったけど、ドキドキ感が全然違った。小瀬ではあまりドキドキしなかった。
 
唯一ドキドキしたのは、まっつーのユニが5番さんに引き裂かれ、お着替えタ~イムがあった時だったり………しねーよっヽ(`д´)ノ  でも、ALBi WAYのモリゲコラムに出てきた“素肌攻め”ってフレーズを思い出して、1人けらけら笑ってたけどナー。
 
なかなか追加点が入らなそうな感じで、ふつうならイラついてくる頃なんだけど、小瀬アウェイスタンドは焦れずに大声出してたよね。
エスパ戦から中2日で、選手たちもいっぱいいっぱいでやってるってのが感じ取れるからだ。そして、「あーー、点とれねーよ、押しまくられて同点にされたらどうしよーー」みたいな気持ちのブレが選手たちのプレイからほとんど漂ってこない。自信持ってやってるんだなぁ。
甲府の攻めが淡泊だったのも大きいけど)
 

スカッと快勝じゃないからってネガティブになる必要はないので、そんなに飛び上がって喜んだりはしないけど、「平日小瀬に押し寄せたオレたち勝ち組~~!」と叫ばせていただくのさ。
 
向こう側では終了の笛と同時にブーイング。
1失点のみの惜敗なのに?と思う向きもあるだろうが、その薄いけど堅い壁に阻まれて押しつぶされた気持ちはいかばかりか。
 
 
ともあれ、気分よく撤収して、気分よくお帰り……の前に!
 
今日はサカ温泉サンクスデーなので、帰りもフロに寄りますっ。
 
かくして、ヒゲバス甲府一アヤシ系といわれる入浴施設へ…。
(これも、後日、温泉エントリにて)
 
 
えーーと、アテクシは2湯入浴は想定していたので着替えをそれなりに持っていったんだけど、他のツアー参加者の皆さまはいったいどうしたんだろーー(・∀・)

で、温泉@アウェイ、その素晴らしさを満喫していただけましたかな。
ほら、替えの下着を持ち歩くのって大事だしょ?
 
 
 
ショージキ言って、今まで、「甲府は新潟から自力で電車とかで行けないし、市内の交通の便がアレだから徒歩でハシゴしにくいし、悪いけど○○して欲しいかな」とか思ってたけど、やっぱりサカ温泉が甲府に来なくてどーするよってふうに思い直し中。
 
あ…でも、さすがに別府>>>>>>>>>>>甲府温泉郷なので、次節は悪いけど大分に涙を飲んでください。お願いしますお願いします(≧∀≦)

|

« ヒゲバス | トップページ | 応援→風呂コースがやめられないアナタへ »

コメント

まだまだお肌つるつ~るですわ♪
旅先でお風呂に入って、それまで着ていた下着を再度身につけるのも、
最近躊躇しなくなってまいりました。
最初はそれなりに葛藤したんだけどねぇ…

ダンナが写真撮ってきた温泉分析書見てたら、分析日のトコ、
昭和61年7月28日 気温38℃
って書いてあった。
やっぱり甲府って昔から普通に暑いのね(´・ω・`)

投稿: サカ温泉加茂支部 があが | 2007年8月31日 (金曜日) 07時33分

だ か ら 、 脅 し て な い っ て ば 。

働かせてくれてありがとうって感じのウエルカムぶりだったでしょ?

投稿: む | 2007年8月31日 (金曜日) 08時54分

帰りの温泉、気持ち良かったっす~(´∀`)

投稿: ひげ | 2007年8月31日 (金曜日) 12時00分

>サカ温泉加茂支部 があがどの
 
えっ…すげー、Mぶちゃんたら分析表まで写真とったの?
温泉マニアはそれでご飯3杯くらいいけちゃうんだよ。
 
 
>おいちゃん
 
は…はい……お、脅してません…よね、……はい、そうです(((((((( ;゚Д゚)))))))
 
 
>ひげチャマ
 
なんとも不思議な温泉でしたね~。源泉風呂の湯口にタイルホィール!にはサイコーに笑えます。

投稿: アイアン | 2007年8月31日 (金曜日) 22時15分

大 満 足 です。

トラバ送ったつもりが反映されてない(T_T)

投稿: halmil(サカ温泉小針支部) | 2007年9月 1日 (土曜日) 02時22分

>halmil(サカ温泉小針支部)どの
 
温泉のツルスベ感、まだ続いてますかーーー?
炭酸水素がカラダの循環を良くし、鉄系の成分がカラダを暖めてくれた
はず。その後、咳の具合はどうですかいの?

投稿: アイアン | 2007年9月 2日 (日曜日) 01時00分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/16291212

この記事へのトラックバック一覧です: サカ温泉の、サカ温泉による、サカ温泉のためのアウェイ甲府戦:

» サカ温泉はじめました フォルツァ・ニーガタ! [LFVwebの「フェアプレイプリーズ!」]
案の定日曜の清水戦レポ書けませんですた。時間もなかったし負け試合なのでモチベーシ [続きを読む]

受信: 2007年9月 1日 (土曜日) 02時20分

« ヒゲバス | トップページ | 応援→風呂コースがやめられないアナタへ »