« 公約? 口約? | トップページ | DEADMEN SWINGING »

2007年9月10日 (月曜日)

きぶん一はやっぱりウマー! @サテ川崎戦

土曜のハナシだけど、とりあえず私的サテ記。
 
 
いったいいつ以来のサテライト観戦だろ。
 
少なくとも今年初だし、去年は1つも見てないはずだし、うーーん、お久しぶりの五十公野公園競技場
あぁ、昇格前はよくここや、奥のサンスポで練見してたよなぁ。
 
あまりにも久しぶりすぎて、ちょっとビックリしたんだけど、今までもアウェイサポの人たちってメイン席で、立ち&太鼓付き声出し応援てしてたっけ?
他チームも、声出しは普通にあったような気がするけど、一昨日の川崎サポさんたちがあまりにまとまってマジ応援してるので、応援やヤジといった喧噪を避けるためアウェイ側に席を取ったアテが外れちゃった(笑)
てか、「レッツゴー踊り」の振りがなくなっていて、私ゃショックだ!
もうやらないのか、レッツゴー踊り
 
 

 
puucha号に積載され出発。途中、イイノカヲル親子と合流し、4人で軽一台にまとまって現地へ。なんてエコなサポ.*:.。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。.:*!!☆
 
で、昼食のため月岡に寄る。
 
月岡。温泉街の手前からもう硫黄の匂いが漂ってきて、もうたまらん。
相変わらず狭い「きぶん一」の駐車場で少し手間取るものの、さほど待つこともなく着席。
ここのお店の良いとこの1つに、「回転の良さ」があるよね。注文すると目にもとまらぬ早さで出てくるので、お店滞在時間がすごーく短い。だから混んでても平気( ´_ゝ`)
 
蒲原ラーメンはいつも通りの優しいトンコツ味。素直に、美味しい…(;´Д`) 替え玉のプリップリ感がこれまた、たまらん。
うむむ…、このまま私だけ月岡に置いてってもらって、温泉ハシゴして、帰りに拾ってもらおうかなぁ~と考えないこともなかったけど、土曜日って旅館は忙しいし立ち寄り入浴を断られることだってあるかもだからサッカーが好きだから、ちゃんと五十公野に行きましたっ。
 
 
13時前に着いた時は、メイン席の真ん中からアウェイ寄りはガラガラだったけど、キックオフ時間が近づくと、もう隅から隅までギューギュー状態。
名前は知らないんだけど、レディースの選手さん3人が連れ立っていて、何か雰囲気あるというかキレイというか、カッコいい♪
カッコいいといえば、白いシャツにジーンズのシンプルな姿のウメッティもカッコよかった。
 
もう、久しぶりのサテ戦の様相が、川崎サポさんたちのサテとは思えないほどの張りきりっぷりも含めて何もかも珍しくて、おのぼりさん状態だ。
そういえば、アルビの方もバックの芝生席でドンチャカやってる。あらビックリ。
メインとバックでお見合い応援……またしても01年の雨の町田を思い出す。
 
それと、もうひとつビックリしたのが、マルチボールになってること!
かつてはシングルでやっていて、芝生席に飛び込んじゃったボール待ちターーイム♪なんてのもあったのに。記憶古すぎかっ!?


当日の私のサポグッズは、ノザのライオンマーク付きタオマフひとつ。
きっと、“プレイするノザを見に”来てる人も多いんだろな。事実、私の隣には生後4ヶ月のベイビーを抱っこしたノザサポが…。
(両親はアルビ洗脳したいらしいが、いかんせん初めてのスタ観戦が川崎サポのマジ応援のすぐ近く。そのうち、「れっちゅご~、れっ、ごー!」なんて言ってたらどうするよ、もしくは「あばんてかわさきぃ」とか:笑 ちなみにこのベイビーの一番のお友だちはグランパス君人形だってんだから、ねぇ)
 
 
せっかく隣にほわほわの赤ちゃんがいるので、モフったりプクったりするのが楽しくて、試合見たりベイビー見たり(1失点目は、あやしてる最中だったんで見てないのだ~)

川崎にはオーハシがいて、とても効いていた。
オーハシの選手紹介にはアルビサポ側からかなりの拍手があって嬉しかったな。オーハシアルビにいた当時の事を覚えてる人が多いってことだよね。
 
サテライトって、プレイに安定性がないとか体力がいまいちとか少し難ありだけどすごくテクニックのある選手、とかがそれなりにいるので、試合はなかなか面白かったなぁ。途中で眠くなったりは全然しなかった。
でも、両チームともDFラインがちょっとアレだったかな。
なので、深井がとても活きていた! ダントツで活躍してたしね。でも、深井はエリア内でもっともっと勝負デキる人なはず。
 
さて、よっしーがとても気になる私としては、90分通しての彼をぜひ見たい!って気満々だったのだが、“よっしー見るならシュート練習が一番楽しい”(ひどっ!)という結論に達してしまいそうなくらい、歯がゆかった。チーム戦術ってこともあるんだろうけどクネクネドリブルがほとんど見られなかったし、セルフジャッジは多いし。
 
個々を見れば、なんだかなぁという部分はあるけれど、チームとしてやる事はトップと同じなので、中盤の底からキッチリ組み立てて、支配して、ゴールを脅かす…までの部分で、何度もスリリングな場面があった。
逆に、川崎はそこんとこレロレロしてたけど、それでも個人で打開しちゃいますタイプの人が前にいたので、エアポケットのような失点劇があったのかも。黒津選手だっけ? あそこで点取った以外は、「ボク、サテでケガなんかしたくありませーん」とプレイで主張してるかのようなクロツくんにゃ、┐('~`;)┌
 
みゆきさんとこで知ったんだけど、川崎の公式はすごいなー。サテライトの試合レポも時系列で克明。恐れ入りましただよ。
 
前半で傷んだらしいムグに変わって後半から出場の寺田選手。JSCの選手らしいが、あの学校のいったいどのレベルのチームに属しているのか、さっぱりわかんない。
しかし、やたら活きがいい。
「うお、ちっさい! アトムより小さいよっ」
「てか、深井さんよりもちっさいなんてーーー、お前はか~!」
っ、うひょ、小さすぎて、相手DF、がどこにいるか判んないよっ、簡単に抜かれてるしー」
すごいよ、ボール持ったら小さすぎてタックルかけようがないーーー」
puuchaさんとアテクシ、すっかりフィーバー。
途中出場の新鮮なチビっこ選手ってのは、みんな大好きだよね。
強化指定の頃のアトムみたいで、胸が清々しくなるようなプレイだった。ま、試合終盤に燃料切れっぽくはなってたけど、川崎山脈(川崎のDFってサテでもデカいの揃いなのなー)をうまく翻弄してチャンスを作ってた。
 
逆に、アトム河原には食い足りなさを感じたよ。
アトム、当たり負けしない強い体を作るのはいいけど、その分プレイが雑になってるような気がする…。
2人とも、年代代表のスタメンクラスにまでなったのに歯がゆいだろうなとは思うけど、良いアドバイスやお手本を提供してくれる先輩選手がアルビにはいるのだから、今のうち、うんとジタバタもがいて殻を破って欲しいわん。
ジェフ水野が2年目の壁に突き当たって悶々としてたのをサカモトに導かれ今に至っているというエピソードなんかを想起しつつ…)
 
 
逆転したのに追いつかれてドローで終わっちゃったから、ガッカリ感の漂う五十公野だったけど、なにもかも昔のJ2みたいで懐かしかった。
五十公野って好きだな。
有料試合にしては、タダ見放題なユルユルさ加減も愉快だ。
なんたって、お隣の野球場からタダ見してる人たちまでいたもんね(笑)
(あ、タダ見といえば、またしても町田での試合を思い出すっ…)
 
 
次のサテライトのホームは、10月14日で五十公野大宮戦。
その次は10月31日平日ナイトマッチで市陸草津戦かよ~。10月末の夜なんて寒いだろうなぁ。でも、ポットに熱燗でも仕込んで啜りながら市陸のベンチで観戦するのも楽しいかも。
 
その頃には、強化指定の鈴木くんとか、ユースからの昇格組とかの動向も決まってるんだろうか。
 
J1リーグ戦は神経がキリキリするような緊張感がいいけれど、たまにのんびりとサッカーを楽しむのもいいね。しかも、第三者ではなく、ちゃんとアルビ戦士なのだし。
 
 
というわけで、puuchaさん、イイノ親子さま、ありがとうございました! またよろしく(殴)

|

« 公約? 口約? | トップページ | DEADMEN SWINGING »

コメント

ども^^;

おつきあいいただいて、ありがとうございましたん。
「豆」すごいよ「豆」♪
はっでもこのコはJSC・・・。

フカイさんがヨカッタので、
いろいろ言いたいサテでしたが、よしとするです。

投稿: puucha | 2007年9月11日 (火曜日) 21時49分

>puuchaさーーーーーん
 
こちらこそ、ドライブ楽しかったス。
 
深井、よかったけど、川崎のDFも相当アレだったからなぁ。
でも、信じてみたい!
やっぱり、あの姿がピッチ上をクルクル動いてると、目が嬉しいもん。

投稿: アイアン | 2007年9月11日 (火曜日) 23時12分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/16392398

この記事へのトラックバック一覧です: きぶん一はやっぱりウマー! @サテ川崎戦:

« 公約? 口約? | トップページ | DEADMEN SWINGING »