« いーくんはチューリップから生まれた | トップページ | 牡蠣喰えば はぁ千葉のんのん 千代反田 »

2007年11月13日 (火曜日)

河原、公約通り、はしゃぐ@ホームFC東京戦

試合後、選手揃って場内挨拶して、メインの一番アウェイ端まで来たカワ千葉
チアのおねいさんの振りを真似て、一緒に踊っていたねー。
「勝って皆さんと一緒にはしゃぎたい」の皆さんってチアの皆さんのことだったのか!
こやつら、面白すぎだ。次回の「Jリーグ31」が待ち遠しい!
 

思ったより早く降り出した雨。
いつもと比べてありえないほど早くセイゴローに向かう。
「暴力のないスタジアムを」の集会のためだ。向かってる途中、アルビジュニアユースの試合について富山に行ってる友人から心配メールが来る。
「妨害されたら心配、トラブったら心配~」 
心配ないって。アタシがいるから、とミョ~な自信(笑)
 
 

 
集会と並行して、スタ内では八木あかね氏による滅法面白いサッカー講座や、あの!駒形氏@ローソンと行くスタジアム内ツアーなどがあったらしい。
で、そのどちらにもFC東京サポさんが混じっていたとのこと。
そういうとこ、なんだか東京サポさんらしくて、クスッと思った。
 
 
集会が終わってから開場までけっこうな時間があったので、があが夫妻と共に、Eゲート近くのスタジアム展示室&休憩所に初めて…生まれて初めて入った!
 
こ…こんないい場所があったなんて、なんで今まで知らなかったんだろう…(゚д゚)
で、ここにも東京サポさんたちがワサワサといた。
 
 
開場と共にスタ内に入ったが、メインはホントにガラッガラ。
初めてデリコンさんのモツ煮を食す。おいひいっ。はふはふ。おいひぃわホントに。
熱々なものを食べて体を暖める、という文字通りの効果あり。
しかし、試合開始まで2時間以上。こりゃビールを飲みすぎるわ、と思ったけど、雨が止んでくると同時に風がすごく冷たくなってくる。ビールはあまり進まなかったなぁ。
 
キックオフ1時間前に流される「アルビ顔デカCGアニメ」。
本日は、がチューリップからスッポーーーンと登場。あまりのことにNが笑い転げてるのがこちらにまでわかって、ますます爆笑。
結局、千葉ちゃんは登場しなかったけど、この企画来年も続けてくれるんだろうねぇ?
 
それにしても、セイゴローのビジョン、画面のトラブルなのか判らないけど、畳のようなシマシマが浮かんで見える。何とかなんないのかねぇ。
 
 
試合が始まると、風はいよいよ冷たくなってきた。
が、エルビスアイシテルニイガタを声を張りあげて唄い、その後のチャントやコールにも合わせて手拍子をする。座ったままの手拍子って、けっこうキツかったり。
 
芝が水含みなせいか?なんだかボールがいちいち上に打ち上がっちゃうもどかしい前半だけど、アルビの選手はみな気迫のこもった、それでいて落ち着いたプレーっぷり。
セカンドを拾われても奪われっぱなしにならない。の方は中盤があんまり粘らないので楽だったのかな。
そんな中でも、今ちゃんはいいわぁ。
試合中、何度、「今ちゃん、そこはダメっ! やめてっ! 来ないで!」と嘆願したことか(笑)
 
なぜか新潟女子にいたく人気がある石川ナオもとてもキレのある動き(^_^;) 中盤が淡泊でも、この人とルーカスさんの個人技でけっこういっちゃって恐かったので、梶山とかさわやか○○○さんがいなくて助かったなぁ。
 
先月の川崎戦でも、「あー、サッカーって面白いなぁ」ってゾクゾクしちゃったけど、今回も体じゅうに電流が通ったような感じ。
いつもはあんまり良し悪しとか気にせず、手拍子だけは一応合わせてる応援も、とてもタイトに聞こえて、引き締まっててイイ(・∀・)
マルシオの人間離れした動きとかアイデア、粘りまくるサカモト、セクスィーなうっちー、壁男っぷりを遺憾なく発揮する千代反田テラのすごい運動量、後半途中まではリードされてたわけだけど、今日はもうかなり感動してるぞ私、と思ったら、エジのいかにもエジらしい同点ゴール! 
この日はエジ貴章もホントに多彩な攻撃を展開してくれて楽しかったのだが、これでもう勝つしかないじゃん!と勝ちを信じた。
 
とこで、この日のエジはゴール後パフォーマンスをメイン側に向けて披露してくれたわけで、あの一件との絡みで、G裏の皆さまがたはえらくショックかもしれないが、アテクシは嬉しかったぞ、だってゴールパフォなんてG裏にいる時だって大旗とかゲーフラで隠れて見えないし、ずーっと見れないもんだと思ってたからね。
もちろん、スタンディングオベーションしながら、一緒に踊りましたともさ。
逆転ゴールに至っては、サカモトがめちゃくちゃはしゃいで、がおずおずと踊ってる!
いいもの見せてもらったわ~~。
次節は、選手全員でカニダンス、な。
もちろん、サブも、な。
(カニは横歩きするって、世界的な共通認識だったんだなぁ~)
(ハッ、ベガサポの横移動ジャンプって、あれ、カニにちなんでたのっ?)
 
 
終了と同時に、ウルウルきちまった。
いろいろあったから。だけでなく、選手たちがホントに全員ファイトしてたからだ。
淳さんも、選手交代なんか全然考えてなかったっぽいじゃない?  そのくらい緊密に連携のとれた気合いの集団だった。カッコよかったよ。
 
そして、アルビが辛い時、苦しい時、いつも手をさしのべてくれるFC東京さん、ありがとう。イイ人東京、花の都トーキョー♪
いや、おちょくるわけじゃなくて、FC東京はいつもアルビの何歩も前を歩いてた存在だから、ホントに対戦が楽しみだし、勝った時の嬉しさもひとしおなんだ。
 
 
前述の、富山に行ってた友人によると、アルビジュニアユースはU‐15の北信越大会で優勝準優勝し(間違えてました。スクウェア富山さん、ゴメンなさい、優勝おめでと!)、高円宮杯の全国大会へとコマを進めたとのこと。
JYのU‐15の監督は奥山くんだよね? その下は圭ちゃんが監督で、そのまた下のジュニアは直樹が監督だ。ユースの片渕監督にしろ、アルビトップチームのOBが新潟に残り、子供たちを育てて、アルビの根っこを太くしていく…。
新潟も、楽しくなってきた。
お楽しみはこれからだって感じさ♪

|

« いーくんはチューリップから生まれた | トップページ | 牡蠣喰えば はぁ千葉のんのん 千代反田 »

コメント

何事もなかったよメールをもらってやっと目の前の試合に集中できましたw
富山って素通りするばかりで初めてちゃんとw訪れたのですが、白海老の唐揚げ、ほたるいかの沖漬け、ばい貝の煮付けなどマジうまーなものばかりでびっくり。
ただし試合会場はというとかなりなアウェーで、芝とは名ばかりの田んぼ状態。ほら、アルビの子らはアルビレッジという○室育ちなもので・・(以下自粛w)

投稿: もと | 2007年11月15日 (木曜日) 08時41分

>もとさん
 
富山まで遠征、乙でした。
祝・準優勝(…でいいのかな? 残念でした、かな?)
 
>○室育ち…
ちょい前までは、ハード面でもソフト面でも充実した地域のクラブを見て、「ふんっ、恵まれやがって、強くて当たり前じゃん、やっつけてやるっ」と思ってたのに、いつの間にか、少しは見上げられるような環境になってきたのかな?
でも、まだまだだよね。
これからも、いい指導者やいいサポートを得て、裾野が拡がってほしいっす。ご父兄さま、乙です。

投稿: アイアン | 2007年11月15日 (木曜日) 12時49分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/17058839

この記事へのトラックバック一覧です: 河原、公約通り、はしゃぐ@ホームFC東京戦:

« いーくんはチューリップから生まれた | トップページ | 牡蠣喰えば はぁ千葉のんのん 千代反田 »