« バスマニアからひと言。「バスに当たるな! 己の弱さを打て」 | トップページ | ピカピカ聖籠 »

2007年11月 6日 (火曜日)

聖籠に光を! って照明設備募金ってことかいっ

当ブログ、いまだかつてなく佐賀県周辺からの閲覧をいただいて、嬉野温泉。
 
さて、珍しく午後からの練習。ギャラリーの出足も早い。
 
いつもはサカモトヒデヤが真っ先に出てくるのだが、今日はヒデヤムグ登場。
 
監督やスタッフがフィジカルトレのためのマーカーなどを置いている中、三々五々選手たちはクラハから出てくる。
 
どうしても気になる、選手たち、特に天皇杯出場メンバーの表情。
…といっても、試合から1日あいた今日だ。そんな、目に見えて(´・ω・`)ショボーンとなんてしてないよ。してるヒマもないだろう。土曜にはまた大事なリーグ戦があるんだもん。
 
 

 
いつものように、開始前は思い思いにボールとたわむれる選手たち。
 
サカモトうっちーヒデヤ北野などなどお馴染みのメンツが「オニ」を始める。
まず最初のオニはよっしーだ。
「なんでオレが~」と問うよっしー。だって、よっしーだからさ。
 
サカモトをはじめ選手たちは、おおむね、ご機嫌さんな表情とまではいかない。まぁまぁ普通ってとこか。
でも、連敗してた頃よりかは空気は重くない感じ。
仲間でボールを蹴り合ううちに、わいのわいのと騒ぎ始める。バカ笑いも聞かれる。
やっぱり、みんな、サッカーバカなのさ。
 
 
そうこうするうちに、練習開始。
GKはGK練習。
フィールドはフィジカル系のトレーニングだ。
ボールを使いながらのウォーミングアップの段階から、いきなりダッシュが入ったりと、かなり負荷の高い動きが入ってる。
二手に分かれて「オニ」をやりながら、ホィッスルと共にダッシュで移動では、慶治にいさん貴章がアゴあげてるし。
 
サーキット系のトレでは、ジャンプとアジリティをみっちりと。ハードルをぴょんぴょん跳んでいくメニューは見てるだけで息がきれそうなんですが~。
 
遠く、奥のほうのゴールでも、GKたちがゴール前のハードルをジャンプしながらのキャッチング練習。
今日はみんな、ひたすら絞られる日なのだなぁ。
 
3人ずつの短距離ダッシュもあったね。「よーい、ドン」で走るんだけど、フィールドは19人。3人ずつだと1人余りますのさ。その余りっ子が、テラテラだけなぜかお一人様で走ってた。最後の組だけ4人にすればいいのにぃ~(笑) しまいにゃ、ホィッスル吹かれるのも忘れられてたり。
でも、あの独特のフワフワ~っとしていながら素早い走り姿を堪能した。

 
 
雨の予報は外れ、風もあまりなく穏やかな聖籠だったけど、さすがに4時近くなってくると、うすら寒い。しだいに雲も黒っぽくなり、なんとなーく薄闇が…。
練習後半は延々とピッチのはじっこで、4組に分かれてのオニ&ダッシュなどをやっていたのだが、時間がたつごとに選手たちの姿を見分けるのが難しくなっていった。
 
やっぱり、自然芝ピッチにも照明が欲しいよねぇ。
夏なんかはナイトマッチに合わせた時間で練習できるし、日の短くなる冬期間も心おきなく地獄の朝夕2部練ができるのだ。
次に募金があるとすれば、ここですかね?
 
 
と、相変わらずオフ明けはフィジカル虐め中心のメニューが淡々と続き、1時間半ちょいで終了。居残り練もほぼ無しで、ファンサタイムへと突入。
 
ここでも、いよいよ薄暗さが増してきたクラハ前。
少し遠巻きにしてると、誰が誰か、すごく見づらい。
 
 
 
そんな中、半休をとって?聖籠にやってきたktmrが(半休取ったのは彼だけじゃないのであーる。みんな気合い入りすぎなんである)、サカモトにアプローチ。
サカモトは、話が長くなると見て取ったのか、ファンサを先にこなしてからの“会談”となった。利発な人だね、やっぱり。

その手にはいくつものプレゼントの紙袋。
もしかして、自分の気持ちやら何やらをしたためた手紙と共にプレゼントなどを手渡した人が多かったのであろうか。
 
話はずいぶん長々続き、私たちはその様子を少し離れて見ていた。
どんなことが話し合われたかは、ほとんど聞かなかったし、それはktmrが自分の判断でリリースするかもしれないし、しないかもしれないし。

 
帰ってから、「様子どうだった?」というメールを2、3もらったけど、選手たちはもう目前にFC東京戦を控えて、それに向かって行ってるわけなのだ。
 
自分も練見に行って、直接選手を励ましたいという皆さま、「頑張って! 応援してるから!」とポジティブに気持ちを伝えるのは、選手にとってもありがたい事だと思います。
でも、もし、“天皇杯でのことをケアしたい”という思いがあるなら、それは手紙などの形で伝えてはどうでしょう? 練習場で、「あの時のことは…」などと蒸し返す必要は、私は感じないのだけどね。
そして、後は、スタジアムでめいっぱいの応援をする、と。
 
 
体が冷えないようにチャッチャとグランドコートを羽織った北野が、呼んでもいないのに(殴)ニコニコと挨拶をしにきてくれた。好青年すぎて笑ってしまうんですが。

|

« バスマニアからひと言。「バスに当たるな! 己の弱さを打て」 | トップページ | ピカピカ聖籠 »

コメント

アイアンさま、こんばんは。

愛するマイチ-ムの選手達は解ってくれていると信じています。その人が聖籠に来ていた事は信じがたいと同時に彼の心理を理解出来ませんが・・・私。さて、イロイロ言ってみても時間は過ぎますし「FC東京戦」はやってきます。ピッチに選手が入ってきた瞬間にあらん限りの声で迎えたいと思います。それが私達のチ-ム・選手への最大の愛情表現だと思っています。

投稿: ALBIN | 2007年11月 7日 (水曜日) 23時17分

>ALBINさん
 
選手たちは土曜に向かって戦ってますし、事態も動いてはいますので、後は私たち1人1人がブレない気持ちで諸処の事柄に対峙することだと思います。
 
つ ノド飴 ドゾー

投稿: アイアン | 2007年11月 8日 (木曜日) 10時58分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/16999242

この記事へのトラックバック一覧です: 聖籠に光を! って照明設備募金ってことかいっ:

« バスマニアからひと言。「バスに当たるな! 己の弱さを打て」 | トップページ | ピカピカ聖籠 »