« 草津の旅・19~長栄(町営住宅)の湯 | トップページ | 「テロリズムとケバブ」を見る »

2008年2月16日 (土曜日)

草津の旅・20 ~長寿の湯

長栄の湯から歩いてほんの3~4分。
このあたりはホントに住宅地って感じで、観光客がフラフラと辿り着くって感じの場所じゃない。
それだけに、有り難いなぁという気持ちが強くなる。


 
 
長寿の湯

 
●酸性‐含硫黄‐硫酸塩‐塩化物泉
●無料
●9~22時
 

 
Chojuベルツ通りのセーブオン脇からの道をどんどんまっすぐ行くと、まだ真新しく改築したばかりの長寿の湯が建っている。
周りは、住宅地といくつかの商店や食べ物屋がある、ごく普通の町角なんだけどね。
 
建て替えたのはほんの去年だそうだ。

外観も、中も、ウッディで和風で、小洒落た和風旅館のお風呂場のよう。
トイレあり。
 
ちょうど家族連れが出てきたところで、先客は1人だけ。
浴室は湯気がもうもうで、はじめ、1人だけいる先客さんに気付かなかったほどだ。

 
浴槽はコンクリで、細長い。
湯畑源泉がザブザブと注がれている。
 
共同湯で一緒になると、たいていジモティさんは、「今日はどこを回ってきました?」と聞いてくるのだ。「○○と××と△△に行きました」と言うと、「今日は△△は熱いって話だけど、どうでした?」などと訊かれることが多い。
草津町民の間ではどこそこの湯が今日は熱いとか、温いとか、すごい気になる情報なんだろうか。
 
この日の長寿の湯はほどほどに熱くて、肌にキリッと気持ちいい湯温だった。
おしゃべりしながら、胸の下くらいまでの半身浴をして、とっぷりと暖まった。 

080209_150301あ~、さすがに4湯立て続けに入るともうグダグダ。
湯畑まで戻って、コーヒーでも飲んで休もう。

長寿の湯を出ると、来た道を更に先に歩いて行く。すると、突き当たりみたいな感じでいきなり道路はカーブし、狭い坂道になる。
眼下に草津の温泉街が見えるというくらいの高台って感じ。
 
坂道を降りていくんだけど、これがなかなか急。
080209_150401
写真だとのっぺり映ってるけど、この坂、登ることを考えるとかなり厳しい。
やっぱり、ワンコインバスを上手に使っての移動は吉、かも。
 
この道をずんずんと降りていくと、やがて煮川の湯近くに辿り着き、やがて湯畑へ。
お気に入りの喫茶店「グーテライゼ」でコーヒーを飲んで、まったりしてから、いよいよ宿にチェックインだ。

 
三連休とはいえ雪が降り始め、氷点下の気温なので、それほど人でごった返してはいない湯畑。そこに柄物のマスクをした一団がわさわさと。
そのユニークなマスク…もしかして、台湾の観光客かな?

 
                 
                               (←草津の旅19  その21→)

 
温泉名:草津温泉  湯畑源泉    入湯日:2008.2.9




 
 
 
 
 
                     この他の「新潟県以外の温泉」を見る

|

« 草津の旅・19~長栄(町営住宅)の湯 | トップページ | 「テロリズムとケバブ」を見る »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/40137365

この記事へのトラックバック一覧です: 草津の旅・20 ~長寿の湯:

« 草津の旅・19~長栄(町営住宅)の湯 | トップページ | 「テロリズムとケバブ」を見る »