« フトン最高〜(^.^) | トップページ | なにげなく、そこに在る・亀陽泉・別府34 »

2008年3月31日 (月曜日)

最下位ハイだよ(゚∀゚)アヒャッ@アウェイ浦和戦

別府から帰って以来、暖かい日寒い日とマダラ模様な天候。すっかりカゼ気味で。
かといってそのままズンズン症状が進行するわけでもなく。
そんなイヤ~~な感じのままニワカバスに乗り込んだ日曜朝5時。
 
熱が出てくる前のような背筋ザワザワ感に襲われ、朝の酎ハイも美味く感じない(殴:てか、飲むな)
 
そして、さいたま市に着いてみりゃ予想外の寒さ、イェーーーーイ(≧∀≦)
 
スタ内に入ってから試合まで3時間もあるよ、イェーーーーーァ(´◇ `;)
 
寒さに震えながら真のガクブル状態になって、半分気絶してたよ。
寒さから胸や胃もムカムカしてくるし。
隣のがあが夫妻に、「もう帰るーー、帰るうぅぅぅーー」とダダこね続けたけど、当のがあがさんも具合悪そうだった。総じて、カゼっぴきが多かった私の周り。

 

 
それでも何とか試合が始まればカラ元気も出てくるというもの。
声はいつもよりは出せなかったし、冷たい空気ですぐに咳き込んだりしたけど、全然いないよりは数段マシってくらいは声出しできたはず。
 
まぁ、アルビも少しはマシだったしね。
 
 
……って、あれで?
 
 
 
ええ、そうですよ。こないだの日曜の大分でのアルビに比べれば、10倍くらいはよかったと思います(泣)
攻撃の手詰まり感は相変わらず深刻だけど、守備陣がおずおずと恐れる様子を見せずに、なんとかフツーに出来てたので、少しは救われた気分。
あとはまぁ、浦和を褒め倒してごまかしておきたいところだけど、いまだに背筋がゾクゾクして気分がすぐれないので書くパワー無い、省略しとくわ。
 
のまさかの故障退場で急にお声がかかったグレもこれで広くアルビサポの皆さまの前にお目見えして小気味いいプレイを見せてくれて、グレから「王子」に昇格か?
木暮王子………って…ねぇ…なんだか古い女優の名前みたいだけど。
マジメな話、グレを獲得してくれてありがとう強化部。
ま、グレもここで頭角を現して順調にステップアップしたら2、3年後には別の色のユニを着てそうだけど、とにかくいてくれてよかった。
 
 
開幕ドアタマから(1試合を除いて)豪快に負け続けた2000年(←浦和さんいらっしゃーーーい!の年)とは環境も状況も違うけど、なんかオラァすごくアルビを応援すっぺヨ(どこの言葉だよ)という気持ちがムンムンしてきた。
Mなのかしら私?
 
水曜は夜試合だし、日曜はだし、その次の日曜は大阪だけど、行く行く~!

あぁ、神様、の故障が大したことありませんように。
そして、もうすぐ帰ってくるマルシオがなるべく早く復帰できますように。
 

 
080331_152501
その前に、ちゃんとカゼ治さなきゃね(´・ω・`)
インフルのほうがきれいさっぱり短期間で治るんだよねぇ
 
 
 
 
なんだか指うごかしてると精神統一できるんで、これやってる→

|

« フトン最高〜(^.^) | トップページ | なにげなく、そこに在る・亀陽泉・別府34 »

コメント

「コグレ」ときたら「閣下」だな。

昨日は大宮戦に続いてイオンモール川口キャラでクリスピークリームドーナツをお土産に買って帰り、職場の婦女子に大変喜ばれましたとさ。

投稿: co | 2008年3月31日 (月曜日) 16時46分

>coさん
 
てか、グレは「牛若丸」って感じかなぁ。闘と競ったシーンで、そう思っちゃいました。
 
お土産、大事ですよねお土産。
うちにも甘いもの大好きな夫が口開けて待ってますので、とにかくお土産必須です(笑)

投稿: アイアン | 2008年4月 1日 (火曜日) 00時14分

お疲れ様でした。いただいた青汁マジで美味しいです。毎日飲んでいますよ!定期購入したいくらい気に入りました。

投稿: みさと | 2008年4月 1日 (火曜日) 23時34分

>みさとちゃん
 
今日は力ずくでカゼを治そうと1日引き籠もり、温泉エントリを3つも書いちゃいますた。
青汁…どうかどうか購入しちゃってください。ボンビ~なうちのクラブの、ボンビ~なメインスポンサーさまを、どうかごひいきに(泣)

投稿: アイアン | 2008年4月 1日 (火曜日) 23時57分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/40703577

この記事へのトラックバック一覧です: 最下位ハイだよ(゚∀゚)アヒャッ@アウェイ浦和戦:

« フトン最高〜(^.^) | トップページ | なにげなく、そこに在る・亀陽泉・別府34 »