« ダンマク貼りって難しい@ホーム ヴェルディ戦 | トップページ | 別府練見 »

2008年4月30日 (水曜日)

練見の仕方忘れた@熱風聖籠

「今日は練習始まりが10時からだから来れるんじゃない?」とお誘い受けて、それもそうだと免許センター行きのバスに乗る。10時10分すぎに着いて、速攻、タクシー乗車。
このタクシーの運転手さんってのがすごいじーちゃんなんだけど、フガフガした口調ながら、「アルビエジミウソンが出たのが痛かったね~」とかましてくれた(泣)
 
Bピッチに到着すると、既に昨日のスタメン組はクールダウンのストレッチをやってたけど、もともとランニング等はなしで、ホントに体ほぐす程度だったらしい。
 
そうだ、今日はサブ組と経営大のTRGがメインなんだね。
 
一番最近の練見が3月中旬で、選手たちの厚着っぷりをレポしてたけど、あれから1ヶ月半もたつのかぁ。なんだか間近に選手たちの顔を見るのが日立台以来で、やたらドキドキしちゃうんですが。
で、ちょっと見ない間に、マツゲ王子ケンゴ藤本淳吾みたいな汚な造りにイメチェンしてるぅぅぅ。・゜・(つД`)・゜・。  しかしっ、これは、FWとしての迫力を視覚的に倍増させるためにクロさんがじきじきに指導したものだと思えばいいの~、というpoohさんの仰せに従おう。
 
私の本心:チェッ、色気づきやがって(ノ∀`)
 

 
ストレッチを終えたスタメン組。
終了ミーティングの〆の拍手の音頭取り、今日はグレが当番だった。
もうすっかりスタメンですのぅ。
うっちーまっつー北野たちとにこやかに喋って。いや、内心はまだビビる部分はあるのかもだけど、北野相手にうりゃうりゃとボールテクニックを披露したりする姿はノビノビしててイイヨイイヨ!
 
イイヨといえば、アレさんもすっかりチームメイトとナカヨシ( ^^)/\(^^ )ナカヨシ な雰囲気ぷんぷんで、サッポロビールさまのエビスビールロゴ入りベンチ(とても座りやすそう)にまっつー千葉ちゃんとギューギューに座って何やら談笑。千葉ちゃんの芝居がかった大爆笑を引き出すあたり、アレさん、もしかしてバレー並みのニホンゴを会得してるのか? そうなのか? (チョットコミミニハサンダンデスガ…とか)
 
昨日はラガーマン包帯のわんちゃん、今日はアタマのてっぺん部分に白いバンソコを貼った姿だった。え? なんでそんなの貼れてるの? もしかして剃られたの?
でも、楽しそうだ。やっぱり、スタメン組としてサブ組のTRGを眺めるって、いい気分だろうなぁ。
 
TRGに出る予定のダヴィ。なぜかギャラリーに向かって小さく手を振る。
ん? なんで?
して、その視線の先にはギャル(多分)たちが…(笑)

ダヴィ~~、後ろ後ろ~~、ギャルたちのお目当てはアンタの後ろのみっちゃんだからーーー(^_^;)  てか、そういう事はもっと働いてからやっとけや~ヽ(`д´)ノ
 
そんなこんなで、TRGなんである。
 
暑い。熱風の吹く聖籠。えぇい、けだるいわい。
そんなけだるさを全身に漂わせながらピッチに入る永田充の腕には、なななななんとキャプテンマークが!
フィールドでは最年長なんだなぁ、みっちゃん。こんなにキャブマークの似合わない人も珍しいのではないかと思いつつ見始めた試合だったが、みっちゃん、なかなか攻守に積極的。“早く試合をキメて後半は流したいに違いない”と邪推するアテクシを許してちょーだい。
 
でも多分ラインコントロールとかは大輔がしてたと思う。
ノザの指示も各方面にてんこもりに飛びまくり。
カワの1点目は経過等をいまいち覚えてないけど、ケンゴの2点目はサイドを大きく展開して相手DFを揺さぶる中で、ケンゴがフリーで抜けてズドン! 向こうのゴール前だから距離感は掴めなかったけど、ミドルっぽいシュートだったかも。いずれにしろ、ケンゴのFWとしてのダイナミズムを感じさせるプレイはなかなか良いですなぁ。
 
30分ハーフで行われる試合。高徳磯本も加わっているし、控えとして2、3人のユースくんたちも入れているので、気がつくとネット際には他のユースっ子たちがズラーーーッと見学していた。ネットの内と外。その違いは大きいのだろうなぁ。
 
後半は、中野が左サイドを快走して、あれよあれよのうちに相手DFもブッちぎって、そのままシュート→ゴール! いやん、こんな積極的なヒロシ、見たことない(殴)
まっつーの今期初ゴールにムキキキー!ときてるのだろうか。
磯本のゴールは…ええっと……確かゴール前のFKだったかCKだったか忘れたけど、警戒してたにもかかわらず上手いこと消えてた磯本がマーク外して走り込んでのものだったような……なので、経営大のGKが「なんでだよーー」とえらい怒ってた。
 
ケンゴのプレーも目の前で堪能したけど、今すぐに!とまでは言わないものの、ガッツリとクロさんの教育を受けて、「黒崎2世」として成長してほしいものだ、と思わせるに充分。
 
 
スタメン組のほとんどはTRGの前半が終わるとクラハに引き上げたらしい。
チームの雰囲気はなかなか明るい。
TRGの後、オレカヘで食事したけど、選手エリアからデカい話し声や笑い声がわーわー聞こえてきて、すんごく楽しそうだ。
 
しかし、私が練見に来なかった時、定期的に練見に訪れていた仲間によると、その“勝てなかった”時期の空気は相当に重かったそうなのだ。
顔色も表情も、憔悴したような選手たちが見られてたそうだ。

京都戦での勝利のあと私は少なからず先行きの不安を感じていた。勝利にはすごくホッとしたけれど、勝ち方は不細工だったなぁ、と。
しかし、どれだけ選手たちが勝ちを渇望していたか、どんな内容であろうと必死にジタバタと勝利を求めていたのだ、ということを練見仲間たちの話によって知り、私自身感じ入るところがあった。それほどに、勝ち点3というのはすごい起爆剤なんだね。
 
やっぱり、練見は来てみる価値があるなぁ、と再認識したよ。
片道1300円したけど(泣)  練見して感じ取れるモノはとても大きいのだ。
淳さん、お願いだから、たまには練習開始10時半くらいとかにしてくらはい(’A`) 
 
 

 
あ、そうそう。オレカヘ。復活してました。
去年の今頃のすごく素晴らしかった状態には達していないけど、突然のレベルダウンっぷりと比べると、雲泥の差。これなら、また来ようと思う。
(ただ、身体上の都合により食べられないので、揚げ物類が冷凍ものであるかどうかは確認できませんですた('A`))
 
テーブルの斜め後ろで高徳たちが食べてたりする楽しみもあるし(゚∀゚)

|

« ダンマク貼りって難しい@ホーム ヴェルディ戦 | トップページ | 別府練見 »

コメント

ア!レ!DOROさんが出場停止なので、
「俺も!俺も!」と出場アピールに必死だったのでしょうか?いいですねえ。
ま、人材少ないFW陣も、控えには宇野沢や黒崎という強力な人材がいますし(笑)
永田って、どんだけやる気ないんだと言う顔していますよね。顔で損してます。清水Jrユース→静岡学園出身→柏レイソルという進路は、地元では「裏切り者」と呼ばれているらしい(清水の人談)

投稿: reo | 2008年5月 1日 (木曜日) 14時54分

>reoタン
 
チーム内競争も少数世帯だと手を伸ばせば届く範囲内にスタメンやスタベンがあるから、やりがいがある、といえば、ありますなぁ。
みっちゃんも頑張ってスタメンとって勝利給ゲットしないと、ステキな髪のメンテナンスができないわん。

投稿: アイアン | 2008年5月 1日 (木曜日) 15時51分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/41048670

この記事へのトラックバック一覧です: 練見の仕方忘れた@熱風聖籠:

« ダンマク貼りって難しい@ホーム ヴェルディ戦 | トップページ | 別府練見 »