« アルビも開花したので、桜回廊ラリー | トップページ | 別府さんたら隅に置けない・豊山荘・別府42 »

2008年4月22日 (火曜日)

お賽銭大事!・小倉薬師丘の湯・別府41

080324_141501熱の湯のエントリでも触れたけど、鉄輪の細いくねくねした町角にはネコがいっぱい。
それも、みんなすこぶる愛想がいい。
モフモフしろ、とあっちから寄ってくるネコさんも数々いるので、ネコ好き旅行者にはたまらない。
 
上人湯を出た後、このネコさんに足元でゴロゴロすりすりされたので、思いっきりモフモフモフモフモフモフ…。別府には猫カフェは必要ないね。
 
そんな幸せなひとときの後、再び温泉行脚に…。


 
 
小倉薬師丘の湯

 
●硫黄泉
●100円
●6~22時
●別府市小倉4
 

 
Ogura北中」のバス停から「APU大学行き」バスに乗り、「本坊主」下車、3分くらい。
バス停を降りて横断道路から左斜め続く坂をちょい下りて、右を向くと、この建物が建っている。
ちなみに、もっとも近いバス停は「原爆センター前」。別府駅方面から来るなら西口から「竹の内経由鉄輪行き」で。
ここは建物前に2、3台くらい車が停められそう。
 
正面にお薬師さまが鎮座してござるので、うっかり賽銭箱に料金を入れそうになるのだが、入浴料金は男女それぞれの脱衣場に設置されている。間違って入れちゃった人は、お薬師さまの御利益が余分にあると思いましょう。
 
別府八湯上、ここは鉄輪温泉という括りになっているが、かなり離れているし泉質もちょっと異なる。
そういえば、照湯明礬温泉の括りだが、場所は離れているし泉質は全然違う。
 
どちらかいえば照湯と、ここ小倉薬師丘の湯は同じ括りでいい感じがするなぁ。
やわらかで仄かな硫黄泉だ。
 
脱衣場・浴室一体型の屋内は簡素だけどキレイ。建物はまだ新しめだ。
浴室部分の床石の紋様がとても美しいのだけど、温泉成分の作用とも思えないし……とにかく、なんともキレイな石が使われているのだった。
 
6人くらいが入れる浴槽には透明の熱い湯が注がれていた。
先客のおばあちゃんが、「熱くない?」と気遣ってくれたけど、全然ダイジョブっす。
やさしい硫黄臭に包まれる幸せ。
うーーん、朝からもう何湯目だろう。いくら入っても新鮮な気分だなぁ。
 
あ、そうそう、いろいろある効能の中に、「原爆症」という適応症が…。
原爆治療センターの向かいだしね。どうぞガッツリ効きますように。

 
この丘の湯の隣には、知る人ぞ知る駄菓子屋温泉「神丘温泉」がある。
見ただけでニヤニヤしてしまうその佇まいに心は惹かれたけど、ここは来年とか再来年のお楽しみとしてとっておくつもり。
ここにはヤクルト色の泥湯があるそうなので、泥湯好きの方はぜひ!
 
そんなわけで、午前の部〆の湯へとGO!

 
 
温泉名:鉄輪温泉    入湯日:2008.3.24

 
                            (←別府・40   別府・42→)





 
 
 
 
 
                    この他の「新潟県以外の温泉」を見る

|

« アルビも開花したので、桜回廊ラリー | トップページ | 別府さんたら隅に置けない・豊山荘・別府42 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/40962897

この記事へのトラックバック一覧です: お賽銭大事!・小倉薬師丘の湯・別府41:

« アルビも開花したので、桜回廊ラリー | トップページ | 別府さんたら隅に置けない・豊山荘・別府42 »