« おバカタレントには負けないよ@アウェイ神戸戦 | トップページ | いきなり大胸筋・浜脇温泉・別府57 »

2008年5月20日 (火曜日)

こんなところに修悦体・東町温泉・別府56

七ツ石温泉でいい気分になってから別府駅に直行。そして、ひと区間だけ電車に乗って、東別府駅へ。この駅ってのが、とてもレトロな佇まい。この駅に降り立つことも、目的の1つだったのだ。


 
 
東町温泉

 
●単純泉
●100円
●6~22時半
●別府市浜脇1-16-1
 

Eki

古風な、別の時代に迷い込んだような駅を降りて、左手の坂を下りると、東町温泉が建っている。2階は公民館らしい。
 
Higashimachi別府の共同湯はお昼前後が休みになってるところが多いのだけど、ここは休み時間なし。これ結構、旅行者にはありがたい。
 
無人の入り口の壁には、ガムテープ文字として有名な修悦体で「料金100円」などなどが書かれている…いや、貼られている。あああぁ、写メするの忘れた~(殴)
建物自体とても古色蒼然とした感じなのに、オサレな?修悦体がお出迎え。
少し、ニヤリとした。
 
浴室は何段か階段を下りた半地下になっていて、中には誰もいなかった。
男湯からも何の音もしない。
浴槽は5~6人用の小さなものなのに浴室はミョ~に広くて天井も高くて、アヤシい地下室で1人湯浴みする危険な香りがぷんぷん(笑)

 
Higashi2ここも脱衣場浴室一体型だ。
浴室の端に、謎の浴槽?
というか、源泉枡。源泉枡はたいていどこの共同湯でも見ることができるけど、あんなふうな浴槽のような形ってはじめて見る。
そこに源泉が出てきていて、パイプで浴槽に流し込まれる。その湯量調整で浴槽内の温度も調節できるんじゃないかな。
浴槽の湯は、しばらく誰も入ってないせいか、相当熱かった。体感で45℃くらい。
クセのない、特徴のあまりない湯。別府八湯の中でも浜脇温泉エリアの湯は淡くて、入り心地はサラリとして、温泉らしくないってば温泉らしくない。
気持ちよかったけど、外はかなり暑くなってきてる。天気予報によると28℃くらいになるって言ってるし。あまりのんびりするとバテるので、ほどほどであがった。

 
温泉名:浜脇温泉    入湯日:2008.5.3

 
                             (←別府・55   別府・57→)





 
 
 
 
  
                    この他の「新潟県以外の温泉」を見る

|

« おバカタレントには負けないよ@アウェイ神戸戦 | トップページ | いきなり大胸筋・浜脇温泉・別府57 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/41271720

この記事へのトラックバック一覧です: こんなところに修悦体・東町温泉・別府56:

« おバカタレントには負けないよ@アウェイ神戸戦 | トップページ | いきなり大胸筋・浜脇温泉・別府57 »