« 絶対に成功させねばならないコレオがそこにはある&サポリンのこと | トップページ | ニータン萌えにもほどがある »

2008年6月29日 (日曜日)

黙ってればわかりゃしないのよ@ホーム川崎戦

川崎は、新潟の地で9連敗中。というわけで、FA宣言。
 
名古屋鹿島で勝てないのは有名なハナシだけど、アルビvs川崎なんてJ2時代も含むし、当事者(=主に、サポ)以外はよほどじゃなきゃ気にしてないって!
 
それは選手にもいえることで、川崎の選手のうち、
ガナピは、「そういえば勝ってないかなぁ」とうっすら認識していて、
憲剛は、「新潟で勝ってないような気はする」くらいは感じていて、
エージは、「ニイガタは、どうも、きらい」程度には思っている?
他は、若手も多いし全然気付いてないって! ミノワももういないしね。
 
要するに、「新潟で9連敗中」なんつーネガティブ情報をわざわざ自分んとこの選手に意識させて、大騒ぎして、あぁこれが負けフラグってものの具体例なのね。
 
 
というわけで、LOVE KAWASAKI 歓喜の10連勝でした。
 
 

 
FOREVER ALBIのコレオグラフィーも美しくキマり、たくさんのオレンジで埋まったセイゴロー
たった1人の発案から実に短期間で実現化されたコレオを見て、アルビサポのマンパワーの確かさにウルウルし、久々に味わうナマ観戦(って…ザスパFC岐阜の立場って…)の興奮にブルブルと震えて始まった試合。
このところ、聖籠での練習は見れてないし、ケガ人情報ばかりが入ってくるので、正直、どうなることかとビクビクしてた。
 
しかし、始まってみるとドアタマからいい感じ。
こちらサイドではわんちゃんヒロシボチタマコンビがサイドをギュンギュン快走し、あっち側ではマルシオが意外にもフリーにされていて、それをうっちーがうまいことフォローしてる。
で、川崎がフシギなくらいユルンユルンでトロントロンだったのだ。
アルビの方はもう体力有り余っちゃってる感じ。
あれれ? 地獄のキャンプとかしなくて正解だった?(ものは考えよう)
ま、とりあえず、今の北野とDF陣なら安心して見てられるね。
試合が始まった時、ドクドクと亢進してた私の脈も正常に。
 
1点目。セイゴローで見る1ヶ月半ぶりのゴールシーンだ。総立ち。
2点目。副審の意見を聞き入れる素直なマエタク主審にキュンキュン(この時ハナー)
 
そして、やってきたこの日最大のクライマックス!
…の一歩前の、タマ…じゃなく、ヒロシのやらかしっぷり。
それまで、「なんてアタマのいいオーバーラップなのっ! ヒロシっ、さすがインテリっ!」とかキャーイングしてたのも一転、“マエタク様~、許してやってぇ、ネコ頭だからしょーがないのぉ~!”と手のひら返す。
確かにあからさますぎるファウルだったけど、赤はひどすぎると思ふ…。
 
などとブーたれる間もなく、北野コール劇場の始まり。
これはもう、間違いなくスタジアムぐるり330度が声出してたね。もちろん、私たちメインもスイッチ入りまくりで声出しと手拍子だ。あの3年前の伝説のリマコールを彷彿とさせる、狂熱のるつぼ状態、再び。どうも川崎戦はるつぼスイッチ入りやすいね。
そして、取り憑かれたようにガナピのシュートは北野に弾かれる。ガナピ以外の川崎の選手も皆、棒立ち状態だったので、難なくボールは蹴り戻される。
 
あぁ、北野の手がボールの進行を阻んだ時、思わず立ち上がったよ。私たちだけじゃなく、周りもオールスタンディングだ。ふと見ると、VIPテラスのお偉いさんたちも立ち上がり小躍りしてる。
北野が、PKを止めた。アルビが失点をまぬがれた。それ以上に、
セイゴローがゴールを阻止したのだ!という確かな手応えが4万人を熱狂させたのだと思う。
こんなものすごい体験はなかなかできない。
招待券で来た方々は、その幸運を噛みしめてもらいたいし、自分で金を払ったほうがより深くデカく喜こべるよ、と耳許で囁きたい。
あ、ちなみに、長岡と新潟で駅の早朝ビラ配りしたわけだけど、その結果、200数十人が足を運んでくださったとか。5000枚のチラシで5%の回収率。って、まずまず?
 
PK阻止後は、10人でただちに現実路線へとひた走り、1点を失ったものの、守って守って逃げ切り。あの1点はガナピへのカンパってことで。
 
終了の笛が鳴るまでの祈るような気持ち。笛が吹かれた瞬間の解き放たれたような歓喜。川崎戦はいつも、普通の一勝以上の感動をもたらしてくれる。
久々にNスタンドが横揺れする「ハルヲスウィング」、そして、セイゴローによる勝利を主張するかのような「セイゴロー」(In These Arms)。歌いながら、ウルウルきた。というか、泣いた。泣きました。
 
 
こんな展開じゃ、なかなか終了間際に帰る人々もいない。
混雑する階段で、しかし、人々の足が止まる。
メイン中央のガラス窓の中に、グレマイケルがいたんだってさ~。グレはこの日が誕生日かぁ。ケガさえなけりゃせめてピッチレベルにいて、トラックをスタメンたちとビクトリーラン出来てたかもしれないのにね。しかし、ケガはつきもの。しっかり治してちょ。
 
 
スタ外に出ると、シャトルバスのものすごい行列。あんな長いの初めて見た。
っていうのも、新幹線お借り上げでやって来た川崎サポの皆さんが大挙並んでいるからだった。
私はこの後、サポリンナイト直行だったので、迷うことなく万代バスセンター行きの方に行ったが、こちらはほとんど並び無しで即、乗れた。この便は駅南行きより100円高いけど、とりあえず駅前(万代口方面)には止まるし、延々と行列してバスを待つよりは、精神的にも楽かもよ。
 
バスセンターで下車して、ブラブラと万代橋を渡ってホテルオークラへ向かう。
橋のたもとに差しかかった時、ジャズの音色が聞こえる。
ふと見ると、この時期恒例の「萬代橋サンセットカフェ」をやってるのだ。やすらぎ堤で夕方、ジャズ演奏を楽しみながら一杯飲めるってヤツね。かなりの賑わいだった。
幸福な気分に、軽やかなジャズサウンド。あぁ楽しい。

サポリン会場の名前はわかんなかったけど、明らかにオークラには不似合いな服装の人々(私モナー)の後をついていったら、行き着けた。
 
ま、サポリンナイトの感想は気が向いたらつらつらと。
合ってみたかったブロガーさんたちに会えて、楽しかったよ。
経理の近藤さん」というスター誕生の瞬間にも立ち会えたしね。
 
 
帰って、選手コメント見たら、またまた泣かされた。
あんまりお上手言わないふうのがあんなこと言ってくれるなんて、ホントに涙腺にキタ…って感じ。
モバアル、これも大事なアルビの収入源なので、入ってない人はぜひ入りましょう。
練見レポなんかほぼ毎日あるんだよ。

|

« 絶対に成功させねばならないコレオがそこにはある&サポリンのこと | トップページ | ニータン萌えにもほどがある »

コメント

この中断期間は、ほとんどサッカーに触れなかった私でした。なので、なおさらこの勝利は、格別happy01

ガナビのPKの時は、凄い北野コールでしたね。
やはり、N以外からも起っていたんですねぇ。
普段、自分らの居る辺りはまったりしている人が多いのですが、この日はスタンドが揺れていましたbombimpact
これも、サポリンの成果でしょうかgood

投稿: ねくすと | 2008年6月30日 (月曜日) 02時03分

>ねくすとさん
 
私もメイン席で通常手拍子だけしていて、声を出すのは「エルビス」や「セイゴロー」くらいですが、さすがにあの時は自然と声がでました。
実はみんな、スイッチの入った状況に陥りたいのかもしれませんね。
 
ところで、ねくすとさんはサポリン参加済みですか?

投稿: アイアン | 2008年6月30日 (月曜日) 11時39分

すんません。

中断期間中は、ほぼサッカー情報はシャットアウトしていたので、サポリンも参加しておりませんcoldsweats01

投稿: ねくすと | 2008年6月30日 (月曜日) 19時36分

さようでしたか~。
もし気が向いたら参加してください。招待状が要るようでしたらご一報くらはい。

投稿: アイアン | 2008年6月30日 (月曜日) 22時32分

土曜日はお疲れ様でした。友達に「アイアンさんにあいさつしてくる!」と言おうとして、何度も「アイアイさんに、いやアイアイさんに、いや」と舌が回らず。
いざアイアンさんの前に行って「アイアイさんですか」と言ってしまいました。すみません。
川崎戦はるつぼスイッチ入りますよね。ドラマティックというか。
してやったりな感じで、にんまりな週末でした♪

投稿: なべ | 2008年6月30日 (月曜日) 23時44分

10連敗なんて甘い甘い


はっはっはっ(泣)


とりあえずビックスワンでリーグ戦初勝利よろしくです
(はーと)

投稿: サルテツ | 2008年7月 1日 (火曜日) 00時38分

>なべさん
 
オークラではどうもでした! エビチリが美味で、食べまくってしまいました。
私のHN、もともとアイアン主婦でしたけど、みんながアイアンさんとしか言わないのでなし崩しに「アイアン」に。
ってことは、そのうち「アイアイ」に.*:.。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。.:*!!☆
 
みんな~、「アイちゃん」って呼んでぇ。
 
 
>サルテツキュン
 
>リーグ戦初勝利よろしくです
>リーグ戦初勝利よろしくです
>リーグ戦初勝利よろしくです
 
どのお口がそうゆう事言うですかっ。
しかし、グラさんってカシマスタで21連敗でしたっけ?
偉大な歴史です。
ぜひ目標にしなくては!

投稿: アイアン | 2008年7月 1日 (火曜日) 11時58分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/41688219

この記事へのトラックバック一覧です: 黙ってればわかりゃしないのよ@ホーム川崎戦:

» アルビ観戦記@川崎戦 H20.6.28 [けいいちの日記]
ホームでの川崎戦。 アルビサポにとっては甘美な響きを放つ言葉であり、格別に思い出深いカードでもあります。 一昨日のビッグスワンでも地元紙でも触れていましたが、ホームでのアルビは川崎に9連勝と、川崎とアルビの力関係を考えれば考えられない成績です。 またホーム川崎戦といえば、J1昇格後では2005年に交代で入ったアンデルソン・リマの「ワールドクラス」のFK(リマにしてみればファーストタッチなんです)、翌年は慎吾の2ゴールと後半耐えに耐えた勝利、昨年は貴章のニアサイドでわずかな隙間から叩き込んだヘディング... [続きを読む]

受信: 2008年6月30日 (月曜日) 20時50分

« 絶対に成功させねばならないコレオがそこにはある&サポリンのこと | トップページ | ニータン萌えにもほどがある »