« 猫びよりな宿・下北半島・下風呂温泉まるほん旅館(宿泊) | トップページ | 銭湯ノスタルジー・世田谷・月見湯 »

2008年8月11日 (月曜日)

アル関キッズと観るアウェイ・読売クラブ戦

あ、間違えた、東京ヴェルディだった。ごみんなさい。
 
でも、試合見ながら、「この人たちは読売クラブかな?」とか、
「この試合はヴェルディ川崎浦和レッズなの…(´・ω・`)?」とかついつい周りの人に口走ってたなぁ。そのくらい、まざまざとした差を感じた。そんな試合だった。
 
スタジアムはオレンジ色が群れ群れで、緑色は見た目にも少ない。
けれど、あの緑色の選手たちにとってはそんなのどうでもいいことなんだろうなぁ。
そして、スタンドで緑色を身につけている人たちもやはり、向こう側の色や声がやけに溢れかえっていようと、知ったこっちゃないのだろう。
セイゴローとは全く逆の形の、選手とサポの一種のグルーブがそこにはあるように思えた。
(…と言われて緑の人々が嬉しいかどうかは別として)
 

 

ニワカバスは相変わらず豪快に遅刻者を出しつつ発車。
(ちなみにアテクシも何戦だったか? 乗り場を間違えて遅刻したです。スンマソン)
今回は男子高校生トリオとか半年前まで男子高校生コンビとか、なんとも若やいだ感じの車内。えーっと、ちゃんとJKもいましたよ。
 
お盆休暇初日でもガソリン高騰の余波なのか、高速道路は空いている。
途中のSAでは選手たちを乗せたザスパ草津バス(←今は選手イラストのメンツは変わってるよ)に遭遇。バスの運転手さん?かスタッフさん?が、「アルビサポさんですか? 秋葉選手や喜多選手、藤井選手もいますよ~」ととてもフレンドリー。
翌日(=10日)の水戸戦への先乗り移動の最中だそうだ。
 
そんなオマケエピソードもありつつ、味スタにはあっけなく2時前に着いてしまう。空は曇天。湿気があって、今にも降りそう。結局降らなかったけど。
それほどの暑さではなかったものの、湿度が高いからちょっと動くと汗がふつふつと滲んでくる感じ。
なので、飛田給駅へGO!

080809_145301_3飛田給から下高井戸に行き、そこから、かねてより乗ってみたかった世田谷線へ乗り換え。
どうしようもなく路面電車が好き。
東急電鉄世田谷線は厳密には路面電車じゃないが、環七を横切る時はちゃんと赤信号で停まるのがなんとも可愛い。
料金の払い方も、なんかバス的。それでいてSuicaが使えるのが嬉しい。
ボーッと三軒茶屋まで行って戻ってくるだけの観光。でも、とても満足。
この時点で3時。もう1ヶ所、やはり訪れてみたかった温泉銭湯のオープン時間である。うほほ、なんとも計画的に事が進んでいるではないか。
電車乗りっぱ、空調で冷えきった体を暖めに、れっつ銭湯~♪
 
 
で、お肌すべすべになって味スタに再登場。
今回はお医者との約束を守って、サポ友と離れ、ビジター席の端へ。
えぇーん寂しいよん(´・ω・`)  …なぁーんて思うわけないざます。
 
そう、私は迷うことなく、「アル関キッズエリア」へ侵入。
チビっ子連れの関東アルビサポの皆さまが集っているエリアなのだ。
パパサポたちはサッカーの見巧者だし、キッズたちはもんのすごい応援っぷりだし、楽しいのなんのって! 生まれ育ちは関東なのに、「俺たちの誇りニイガター」なんて可愛く歌うお子たちに、おばちゃんウルウルだよ。
ちっさい体のどこからあんなデカい声が出るってくらいの応援を繰り広げていても、60分か70分くらいで電池切れ起こしちゃってママの胸でコックリコックリしてるところもたまんねっす。
 
 
試合は振り返るのもやるせない内容だけど、ああまで転けたりするのって、事前に判っててもどうしようも出来ないものなの?

ホームでヴェルディとやった時は去年の広島みたいだなぁ、って思ったけど、フッキが抜けて、チーム自体がいい感じに共通認識を持ってプレイ出来てんのね。
あの芝なのに、あんなにピシピシとパス回されちゃって、もうなんか、やる気満々な若者に思いっきり頭突き喰らわされたような、そんな感じ。昨日のアルビは、少しくたびれた中年みたいだったよ。
 
それでも、暗澹たる気分にならなかったのは、後半アウグストを見れたから。
終盤、いい形もあったしね。

…とか言うのは何だか自己欺瞞になるからよしとくわ。4点とられてからの必死の頑張り。確かに頑張った。1点だけでも取りたいもんね。
でも、空しいとまではさすがに言わないけど、心を動かされるところまでは全然いかなかった。ちっさいヤツでゴメンよアルビ
誰かが特にひどくサボってるってわけじゃないのに、あの状態。
今のチームはみんな仲が良いみたいだけど、実は共通認識をガッツリ作りきれてないんじゃないかって気がしてならない。うっちーとかすごく頑張ってるとは思うけど、チームがひとつの生命体のようになってない、感じ。
特にアウェイでしばしば綻びを感じる。
 
ただ、もしG裏の中でまなじり決して声出し応援してたら、また受け取り方は違ったかも。もっと悲壮感でいっぱい、感情たっぷりだったかも。
最後の最後までみんなスイッチ入りまくりで応援してたもんねー。
わんちゃんの、挨拶後のコーナーフラッグどつき(寸止め?)も、ものすごく胸に響いたかもしんない。

 
なにはともあれ、初めての“ビジターゾーンでお座り観戦”は切ない結果。
「3ポイントシュート2本で逆転なのにね~」とか軽口叩かないとやってられませんぜ。
 
 
試合の後は、ヴェルディサポさんに校舎の裏に呼び出され、イヤだってのにムリヤリヴェルディ君人形を手渡され、罰ゲームとして明日まで携帯にくっつけさせられた(うそ。大うそ。ありがと~、Dさん~! 欲しかったんですよマジで♪)
 
が、しかし、そのヴェルディ君人形ってのがね。うくくくく…。
この続きはサポリン日記で(殴)

|

« 猫びよりな宿・下北半島・下風呂温泉まるほん旅館(宿泊) | トップページ | 銭湯ノスタルジー・世田谷・月見湯 »

コメント

今年に入って縁あって、世田谷線沿線に度々出没しております。
三茶からの遊歩道を散歩するのも。結構良いよw

投稿: SHO | 2008年8月11日 (月曜日) 05時42分

>SHOさん
 
あのあたり、銭湯も結構あるね。温泉だけじゃなく銭湯巡りにも興味津々。
というわけでアウェイはいつも大荷物必至(^_^;)

投稿: アイアン | 2008年8月11日 (月曜日) 10時59分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/42131840

この記事へのトラックバック一覧です: アル関キッズと観るアウェイ・読売クラブ戦:

« 猫びよりな宿・下北半島・下風呂温泉まるほん旅館(宿泊) | トップページ | 銭湯ノスタルジー・世田谷・月見湯 »