« Lコードは | トップページ | さよなら下北・下風呂温泉共同浴場 新湯 »

2008年10月 6日 (月曜日)

ノドに違和感あり@ホームマリノス戦

ああ~~、ノートPC持ち上げるのも億劫な今日この頃。
今年の9月ときたら季節がいきなり夏から秋、それも晩秋くらいに大転換したもんだから、体調が悪くてかなわん。…というアラフォー~中年のサポ仲間が幾人いて、“私だけじゃなかった…”と内心ホッとした。
それでも、ようやく秋の気候に体がついてきたと思ったら、この日の天気はいったい何なのだっ。暑いのか涼しいのか寒いのか、まったくハッキリしない。場所をちょっと移動しただけで体感気温が変わりまくりで、大汗はかくは、ブルブルと身震いするはっ。
大いに自律神経失調しちゃうぜ!
 
試合のほうも時々激熱かったり、ヒヤッと寒かったり、とにかく爽快とは言いかねる、なんとも言えない気分のドローで、その味わいは、10月5日の残り試合の結果と相まってますます奇妙なものになっている。
 
…と、多分マリノスサポさんたちも思っているんだろう。
“うちもうちだけど、あっちも相当アレだわねぇ”とかね。
 
 

 
12時過ぎには到着し、カナールで、永井食堂のモツ煮にごんべえ農園さんの焼きおにぎりをぶち込んでビールと共にウマウマ食べ、メイン席仲間のとりママさんとしみじみトークに花をさかせ、そこに魚沼隊も加わり、上々の滑り出しだった。
やっぱりホームゲームっていいよねぇ。みんな楽しそう。私も楽しい。Nゲートへと急ぐ仲間を激励し、売店を冷やかし、Week!さんのプレビューを購入し(写真がキレイでいいわぁ。でも大きすぎてリュックになかなか収まらないのが頭痛のタネ。の握力弱すぎ)、開門後のまだ閑散としたWゲートに入場し、そこでまた仲間たちとお喋りタイム。
この日はモバアルのチラシ配りもなかったし、いつもと変わらぬスタジアムでの日常が繰り広げられる…といった具合。
鹿島興梠の大放言の話題になった時、「コオロキくんは全部コロ助語で喋れば角がたたなかったと思うなり~」と言ったがあがさんは天才だと思った。あと、BGMでかかってたThe Policeの曲のタイトルがどうしても思い出せないよおぉぉぉ)
 
事情で来られないハナさんの松尾ダンマクを貼り終えてホッとしてると、ビジター席からメールが来て、「まちゅおダンマクがたるんどる」。
プレイまでたるんでは困る!と直しに行く。
ありがとう某マリサポねえさん( ̄▽ ̄)  鞠サポ、好感度アップw 港町同士、一緒に残留しましょっ!(切なすぎる目標だが……)
 
本日のCB、永田とコンビを組むのは慶治さん。2年ぶりのスタメン。
なんでも、とりママさんによると、こないだのホームレイソル戦のロスタイムくらいで慶治さんが交代で入った時、
「私も、周りの女性も、慶治さんじゃなくて、慶治さま~☆って叫んでました」
うわあぁぁ、そうそう、それすっごく良くわかる。ピッチ上の慶治さんは慶治さまとしか言いようがないほどのフェロモンでムンムン。
そして、フェロモンだけではなく、安定感もムンムンだった。
自陣のPAにクリアとかバックパス崩れみたいなハイボールがあがり、近くに敵FWがいたりすると過剰にドキドキする今シーズンだけど、この試合では比較的安心して見てられたもん。
 
なわけで、DF特にCB好きな私にはたまんない試合でしたチャンチャンヽ(´▽`)/

…そんなふうに思えればいいのだけど、坂田のシュートの直前のファウルをジャッジがとってくれたから良かったようなものの、もしあれがあれなまま進行してしまってたら、アルビ、異議でイエローは喰らうは、その後引きこもった相手にカリカリしてアフター気味にいっちゃって喰らうはで、散々なことになってたかも。次のフクアリ、ベンチが5人しかいませんなんてことになってたかも(’A`)
そういう最悪なことが起こったかもしれないと想定すれば、これで良しとしよう。
後は、淳さんを、チームを信じて、あれこれ考えてネガティブにならないでいる事が、自分に出来ること。
うーーん、またまた精神論的な境地になってきたーー。

 
でもさ、ボンバさんとアレさんの競り合いとか、四つ足歩行してまでも倒れずボールをキープした貴章の粘り腰の強さとか、あんなガチガチに中盤を支配されても抜け出せちゃうマルシオの巧みさとかなどなど、大凡戦なりに見どころは満載だったよね、ボーーーーッと見てるぶんには。
わんちゃんのオサレヒールがガツッと決まるシーンとか、まっつーの向こうっ気の強さとか、ところどころホントに楽しかった。ゴールさえキマってれば(泣) んでもって、順位とか勝ち点とか考えなければっ(号泣)
 
ただ、最後の最後までノドにゲップがたまったまま、終わっちゃった。
 
このゲップ詰まり感は、フクアリまで続くのかっ。
 
 
仕方ないですね。
このひとつ前のエントリにフクアリの試合のLコードを載せておきましたので、まだ買ってない皆さんはチャッチャと購入してください。
んでから、土曜が仕事の人は休暇願を出してね。お金もおろして。

アルビってチームはもろもろ、ストッパー役だから、マイチームの止めっぷりを応援しに行きましょう。
 
大きな大きなゲップを全員でげふっと出させてもらおう。
溜飲を下げる、とはまさにこの事。ほっほっほっ。

|

« Lコードは | トップページ | さよなら下北・下風呂温泉共同浴場 新湯 »

コメント

The Policeの曲のタイトルを自己解決しとこうとレコード棚見てたら、ついついフーターズを聴いてドップリしてしまった。
 
ああ~、いなたい~♪ このまま聴き続けようっと。

投稿: アイアン | 2008年10月 6日 (月曜日) 19時50分

アイアンさん、こんばんは。
こちらでは初めまして。

the policeの曲は“Message in a Bottle”だったと思います。
で、次の曲がGREEN DAYの“WARNING”で、

「もしかして県警の振り込め詐欺撲滅運動にかけてるのかもキャー」
と盛り上がっていたのですが、そこで選手登場の時間となってしまい真相は闇の中です。
ついでに、県警の人とPRしてたマスコットは「ひかる君」。足長すぎでした。

投稿: ミッシェル | 2008年10月 6日 (月曜日) 21時32分

>ミッシェルさん
 
ようこそいらっしゃいまし~。
えっ、Message in a Bottleも流れてたのか~! ありがとです!
で、私が引っかかってた曲は、結局、「Synchronicity Ⅱ」でした。チャンチャン♪
 
セイゴローの中の選曲係の人、次はトム・ベティかフーターズでお願いしま~す。

投稿: アイアン | 2008年10月 6日 (月曜日) 22時09分

慶治さま登場に涙するのは、どうもover40が多いようで・・・(^_^;)
ウチの母はover70ですが、どこから出るのかと思うくらい黄色い声で、『慶治~!』と叫んでました。
(以前は光ギャル?でした)
DFの、あの背中に漂う男気(=自分を捨てて人のために尽くす男らしい気性by小学館新選国語辞典)がたまりません。
私もDF愛好会に混ぜてくださいませ。(^o^)丿

投稿: とりママ | 2008年10月 6日 (月曜日) 22時13分

>とりママさん
 
お母様、素晴らしいチョイスですね。
タフさも、勇敢さも、非情さも、滑稽さも、全部引き受けるDFのフトコロの深さ、たまりません~。
土曜日の慶治さん、とてもステキだったので、いつぞや博多の森の自陣ゴール前で敵に見事なパスを出した、思わずアゴが外れるようなシーンはきっぱり忘れることにします(殴)

投稿: アイアン | 2008年10月 6日 (月曜日) 22時29分

ワタクシも、喉に違和感あり(;;;´Д`)
ちなみに、20世紀少年なり。。。

投稿: ねくすと | 2008年10月 7日 (火曜日) 02時14分

>ねくすとさん
 
季節の変わり目はこたえますねぇ(笑)
毎晩、薄いマスクをして寝てますが、それだけじゃ解決できない違和感もあったりして。
お互い、自愛いたしましょう。

投稿: アイアン | 2008年10月 7日 (火曜日) 09時10分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/42706131

この記事へのトラックバック一覧です: ノドに違和感あり@ホームマリノス戦:

« Lコードは | トップページ | さよなら下北・下風呂温泉共同浴場 新湯 »