« ついたて出来ました・五十沢温泉ゆもとかん | トップページ | 煩悩 プラスワン »

2008年12月31日 (水曜日)

敢えて、無題で

あんまりやらない事だけど、2008年わたしの5大ニュースなど。
 
 ① 全国社会人サッカー大会を観戦した
 ② 初めての残留争いでカラダのあちこちに不具合を起こした
 ③ クサカリマサオ隊結成
 ④ 別府に2回も行って温泉入りまくり
 ⑤ ①~④がニュースになるほど平穏無事な1年であった

 
①と②が逆じゃないの?と思われるだろうが、10月のアウェイ千葉戦からホーム浦和戦までの9日間、アルビの試合を含めて7試合のナマ観戦はホントに感動の連続だった。
 

 
全社に出てくるチームは、ホンダロックのように企業チームも多いけど、長野パルセイロ松本山雅のように市民クラブとして勃興してきたチームもある。
彼らの、「Jに行こう!」という夢に溢れた挑戦を見ていて、アルビも一度は通った道だけど、その辛さ苦しさや必死さが伝わってきて胸がいっぱいになったよ。
 
その大会後、アルビは本格的な残留争いへと巻き込まれ、気分のもやもやした胸苦しい日々が続き、時には腹をこわし、時にはイヤ~な想像もした。
でも、そんな時は全社で戦っていた彼らを思い出した。
そして、全社で勝ち抜きJFLへと昇格したクラブ、そこから更にJ2へと這い上がったクラブなどなどのことも…。
きっとね、彼らには、“新潟に出来るんだから俺らに出来ないことはない”って思いがあるんじゃないかと思う。
 
そういう彼らの眼差しがあるからこそ、アルビは降格なんかしない。してはいけない、って強く思った。庇護してくれる大きな企業のない地方のクラブだからこそ、J1にしがみついて囓りついて、彼らがやって来るのを待つのだ。
そのためにも、なにかをしよう、何かアルビのためになることをしよう、そんな思いが、既にスタートしてたクサカリマサオ隊をはじめ、ビラ配りイチニチイチローソン署名活動に繋がっていった。
 
全社での感動に突き動かされた気持ちは、改めてマイチームを深く強く愛するという事に帰着したわけで、私はやっぱりアルビが大好き( ´_ゝ`) Can't Help Loving You♪
 
(ただ1つ。企業チームではあるけれど、NECトーキンの無骨でひたすら頑張るサッカーの粘り強さには昇格したてのアルビがダブって感情移入しました。そのチームが、全社の次の決勝ラウンド出場直前に、会社の経営上の都合で廃部という悲劇に見舞われたのはショックでした。トーキン選手たちのこれからに幸あれ!)
 
 
この1年、サッカーと温泉の中途半端なブログを閲覧してくださって、ありがとうございました。来年もいいお湯入るずぉ(≧∀≦)

|

« ついたて出来ました・五十沢温泉ゆもとかん | トップページ | 煩悩 プラスワン »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/43593533

この記事へのトラックバック一覧です: 敢えて、無題で:

« ついたて出来ました・五十沢温泉ゆもとかん | トップページ | 煩悩 プラスワン »