« 1軒宿の秘やかな愉しみⅡ・笹倉温泉龍雲荘&千寿荘 | トップページ | 弱いイヌほどよく吠えるがキャラバンはもう1週続く@アウェイFC東京戦 »

2008年12月 1日 (月曜日)

サカ温泉的モンテディオ山形昇格☆雑感

自分とこのクラブはひとまず置いといて、モンテディオ山形J1昇格おめでとう☆
今年の初夏にこんなこと書いてたのだけど、それから半年を待たずに来ちゃいましたね。もちろん、うちが居残ることが前提だけど、ようこそいらっさいました。その勝負強さはなんなのさ、まったく(´・ω・`)
 
Kama3_3文字通り、「サクラサク」
釜の越桜の近所のモンテサポさんも、おめでとう!
 
●もう5年もNDスタから遠ざかっているので今はどうなのか判らないけど、あの駐車場の出入りの無法地帯っぷりは改善されているんだろうか、とか
●03年の春のアウェイでハーフタイム前に飲み物類が売り切れたけど、もし浦和とか相手にそんなことがあったら相当怖いからな、とか
●アウェイ側のトイレ、増やしてね、とか
●シャトルバスって行ったり来たりするから「シャトル」っていうんだよね、とか
●コバさんの試合後コメントは来年もっともっともっと長くなるの?とか
 
いろいろ気がかりなことはあるけれど、サカ温泉的には『温泉をどうするか』、というのが大問題だ。
 

新潟も似たようなものだが、クルマがないとなかなか温泉には行きづらい土地。
今のところ考えつくのは、高速バスで赤湯上ノ山に途中下車して入浴というパターンか、素直に天童温泉なのだが、せっかくの温泉天国山形なのだから、もっとディープな湯めぐりもしたい。
しかし、クルマはない! ついでにいえば免許もない!w
(そういう人生の選択をしたのだから仕方ねえっすが)
 
とりあえず、上ノ山の共同湯全制覇はやってみたいけど、百目鬼温泉にも行ってみたいし、他にも柏陵荘など行きたいところがたくさん。
単発のセンター系立ち寄り入浴施設なんてバカにしがちだけど、山形はレベル高いからなあああぁぁぁ…。
 
Akaohyuクルマなしでも行けそうな、お勧めの温泉がありましたら、ご教授プリーズ! 路線バスを駆使して頑張ってみる所存。
もちろん、ベスパ内の温泉にも入ってみたい。
 
赤湯温泉大湯って改装したんですって!?
丹波湯と合併したとか……うぅーーん、4月に丹波湯だけ入ってなかったのが今さらながら悔やまれるぅ。
 
 

…などと来年の日程発表を心待ちにする前に、まずは残留だよなぁ。
なにより、たまにはホーム最終戦で勝って終わろうよ! 
 
FC東京戦あれこれは、深夜にでもつらつらと思い返してみまする。

|

« 1軒宿の秘やかな愉しみⅡ・笹倉温泉龍雲荘&千寿荘 | トップページ | 弱いイヌほどよく吠えるがキャラバンはもう1週続く@アウェイFC東京戦 »

コメント

2003年ですね。スイカップだとか、そんな時代でしたね。
当時はまだレプリカユニまでは持っておらず、スワンで買ったTシャツを着て山形のかみさんの友人を誘ってメインスタンドで観戦しました。
こちらもクルマで天童の近くのビジネスホテルを彼女の分まで予約して、そこで、お互いにクルマで集合(暴走族かよ!)そこからタクシーでベスパまで。
タクシーの運転手さんが物凄く親切で、「帰りにタクシー拾えなかったら私を呼んで下さい」と、名詞をくれて、それを受け取りベスパに入りました。
その時に構内に流れていた音楽が、ディープパープルの「なーななーなー ななーなー ななーなー」って音楽でしたね。曲名思い出せないんですけど。

無事試合が終り、一寸一杯って事になり、会場を後にする時の駐車場のごった返しの凄さを思い知りました。

タクシー乗り場はとんでもない状態で、「あのタクシー呼んだらどうよ?名詞もらったじゃん!」と言う事でケイタイで呼んだら、近くに居るからタクシー乗り場じゃなくって、どこどこのあたりに居てくれと言う指定まであって、無事タクシーに乗り込む事が出来ました。

その運転手さんに近場の居酒屋さんを尋ねたんですけど「解りました。」土曜日の夜だったかで、その居酒屋さんの前に止まって、「一寸待ってください、この店に空いてる席があるかどうか見てきますから。」って自分だけ車から出て店に入って中の様子を覗いてくるんですよ。料金メーターを止めた後の事ですよ。

3軒目で空いた席のある店をゲットしてくれて、そこで、かみさんと山形の友人の会話に加わったのでした。

その、タクシーの運転手さんと私達が利用したお店の関係がどうなのか?そんなことまで解りませんが、その運転手さんは、料金メーターを、千円だったか、二千円だったかは忘れましたが、その前でガチャンと倒したのを今でも忘れません。

その後新潟がJ1になって、私達がスワンに行く時に「ためしに、彼女誘ってみろよ?」っていったら、たまたま、都合が合って彼女にとっちゃあ、あんまりどうでも良い試合をスワンで観たこともあったんですよ。

その時は、試合の翌日にアルビレッジでお昼を食べて別れました。

「ここからは、家まで2時間位で帰れるから」と、彼女は言っていました。

今日かみさんと賭けをしたんです。サッカーの試合で彼女に会う機会があったら、その時彼女はレプリカ着ているかどうかってね。

私は勿論「青ユニの彼女の姿」の方ですよ。

投稿: テノーリオ | 2008年12月 2日 (火曜日) 01時06分

>テノーリオさん
 
>なーななーなー ななーなー ななーなー
うう~ん、「ブラックナイト」?
当時のべスパは懐かしロック&ポップスがたくさん流れてましたよね。
 
今頃、山形は「モンテフィーバー」してるんでしょうか? 楽しそうだけど、これからが大変ですよね、新潟以上に。

投稿: アイアン | 2008年12月 2日 (火曜日) 02時06分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/43284579

この記事へのトラックバック一覧です: サカ温泉的モンテディオ山形昇格☆雑感:

« 1軒宿の秘やかな愉しみⅡ・笹倉温泉龍雲荘&千寿荘 | トップページ | 弱いイヌほどよく吠えるがキャラバンはもう1週続く@アウェイFC東京戦 »