« 「Tattoo-刺青」Spider Lilies@にいがた国際映画祭 | トップページ | 「ボルベール~帰郷」@にいがた国際映画祭 »

2009年2月18日 (水曜日)

「シークレットサンシャイン」@にいがた国際映画祭

シークレットサンシャインって何なんだ。「密陽」という地方都市が舞台なので、密やかなsecret陽射しsunshineってわけだ。だから、それって何?
 
Secretというのは、映画を見始めて少しすると、「あぁ、これか」と判っていく。
 
イ・チャンドン監督の映画は「グリーンフィッシュ」と「ペパーミントキャンディ」を観たけれど、きわめて作家性が高くて、そして、とても観るのがしんどい。
この映画も途中から、「あちゃーー、こりゃまた大変な映画を観ちまったなぁ」という気分になるのだけど、それでも淡々と見続けられるのは、“密やかな陽射し”が絶え間なくそそいでいるからだ。
わたし的には、ブティックの女店主さんの存在も捨てがたい。
 
唐突に見えるラストカットで、鉛のように重かった胸がスーッと楽になる。これこそ映画、という想いで席を立った。

|

« 「Tattoo-刺青」Spider Lilies@にいがた国際映画祭 | トップページ | 「ボルベール~帰郷」@にいがた国際映画祭 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/44100212

この記事へのトラックバック一覧です: 「シークレットサンシャイン」@にいがた国際映画祭:

« 「Tattoo-刺青」Spider Lilies@にいがた国際映画祭 | トップページ | 「ボルベール~帰郷」@にいがた国際映画祭 »