« LOVE KAMEDA 2 歯ごたえ命 | トップページ | お帰り、ファビオ・ジョスエ・ドス・サントス! »

2009年3月11日 (水曜日)

致死的暴風練見@スワンフィールド

朝の9時半に聖籠なんてとても行けないや、と思ってたら、阿賀北は雪が積もったのか、練習会場がスワンフィールドに変更。しかも昼から。ヒャッホ~(゚∀゚)イクイクッ
 
勇んで出かけたものの、外は暴風が荒れ狂ってる。セイゴロー周辺は青空も出て朝から薄日がさしてるんだけど、激寒。こちらでこんなだから、聖籠はさぞ酷い状態なのだろう。はいはい冬開催反対っと!
 
たまに散歩をする場所だけど、開幕戦を控えた時点でのセイゴローの勇姿を見るのはまた格別。カナールにはまだ水が入ってなくて、清掃中だ。その脇を、暴風に煽られながらヨタヨタふらふら、やっとのことで歩を進めると、練習開始前、選手たちが三々五々ピッチに集まり始めていた。

 
オーバーナイトセンセーションの主役ジウジウは若手たちと球蹴り。
オオシは強風にもめげず片足立ちで飛行機ブーーンのポーズをとっている。
双眼鏡を構えても、その手が暴風に煽られてぐらぐらするくらいの風なのに、オオシ、意外とバランスいいのね~。近くにいたわんちゃんもそれをやろうとしたけど、グラッグラ。それを、“こうやるんだよ”と指導するオオシ先生でしたとさ。
永田は、淳さんとニコニコおしゃべり。
 
それにしても寒い。
少しでも口を開けたり、喋ったりすると、口の中に冷たい空気が入り込んで体の芯から冷え込んでくる感覚だ。そんな中、ナマ足くんはヒロシうっちー。しかもうっちーの露出度高い~!(・oノ)ノ
 
私たちに「フリュー」というポルトガル語を知らしめたマルシオはさすがにもう慣れた様子。しかし、ペドロジウトンは寒そうだなぁ。2人ともきっちり防寒してるので、どっちがどっちかすぐには見分けがつかないのだ。
今日の練習参加はムサシも加えて全員で25名。別メ組のまっつー、三門、フミヤは遅れて出てきていた。
丸坊主にしたケンゴをついに見た。ううーーん、これは恐い。これは歩く凶器だな。町ですれ違いそうになった相手がすかさず路地に逃げ込んじゃいそうな様相だ。ケンゴって…こりゃもう、あと戻りはできないのね(笑) プレイだけでなく、見た目から相手を威嚇する、というタイプを目指すのね?(違)
 
鳥屋野潟を渡ってくる氷のように冷たく乾いた風が顔面に吹き付けて、息が苦しい。
けど、ピッチは見学場所よりは少しは風が弱いのかな? よっさんのかぶったツバのあるキャップが飛ばされることはなかった。しかし、風にのってよっさんのデカ声だけはガンガン飛ばされてくる。
ウォーミングアップに次いでボールを使った基本練習でも、明らか~にPJジウトンの動きが鈍い。お腹の中で生きて活動してないビフィズス菌のようにウロウロした動き。アタマもカラダも停滞しちゃうよね、あんまり寒いと。
見てる私たちも体じゅうがバリバリに強張って、それだけですごい体力消耗してるのが判る。暴風のゴゥゴゥいう音が追い打ちをかけるのだ。あの風の音ってホントにイヤだよねぇ。山形に4年在籍したオオシはビックリしてるんじゃないかな。あちらは雪がたくさん降るけれど、内陸だからそんなに暴風はないのだって。帰り際のファンサでも、「寒かったっスねぇ(´・ω・`)」とオオシはぼやいてた。どーもすみません新潟こんなで。
 
GKは置かないミニゲームでは、ボールが風に煽られる場面が多くて、次第にグラウンダー主体になっていくんだけど、それでさえ風でコースが変わるという凶悪コンディション。その中で、貴章→オオシヘッド炸裂はハートを一瞬暖めるシーンでしたとさ。
 
最初のうち半解凍気味だったPJジウトンも次第にさくさく動くようになってきたものの、そうなると今度は調子こいてのケガが心配だねぇ、なんて言ってたら、実際にジウジウが足を痛くしちゃった。はいはい冬開催反対っと!
練習終盤でもうムリはさせないってことなのか、ジウトンは電動運搬車でセイゴロー内部にドナドナされていったけど、そんな時でもギャラリーに余裕で愛想ふりまくのであーる。(セイゴローからお帰りの際はスタスタ歩いてたっていうから、まぁひと安心していいのかな)
 
GKも加わってのミニゲームでは、スタメン組が守るゴールは2つ、サブ組はゴール1つ。実際、鹿島を想定すると、そのくらいな圧迫感になるのかなぁ。
この日もサブ組の黄ビブを着てた千葉ちゃんだけど、実は、その下にはスタメン組のオレンジビブスを仕込んでいるのだ。単に寒いから重ね着してるわけじゃないよね、千葉ちゃん
 
それにしても、紅白戦をしてメンツが余るというのは、なんて珍しいこと!
ここに別メ組の3人が戻ってきたら、と思うとニヤニヤしてしまう。
マルシオも、手をかばうような部分はほんの少しはあるのだけど、プレイ自体はあんな過酷な寒さの中でもピカ一だった。やっぱりスゲーわ、あの人。
 
寒さと暴風の圧力と戦うこと90分。練習終了。はぁ疲れた。目をあけてるだけで精一杯だったよ。しかも暴風をまともに浴びるため目からは絶え間なく涙が流れ続け、顔面は塩でかぴかぴになりました…。・゜・(つД`)・゜・。
 
しかしっ。滅多にないスワンフィールドでの練見。出待ちへGO!
まっつーが、左右に記者さんを従えて登場。両手にプレスってどこのスターさま? でもよく見るとまっつーって長身で小顔だし、プロポーション抜群なんだなぁ。“マニアじゃないファン”も増えるといいね、まっつー
フェンスの外から声をかけてきたファンに対応する永田は、背が高いからそのままでも大丈夫なのに、柵にとっついてまで身を乗り出してファンサ。よじのぼりみっちゃんカワイイヨ
寮長2人も仲良く登場。三門は近くで見たけどやっぱりシブかっこいいわ~。ヒガシは面白オーラが全身から溢れていた。この人たち、他の寮生も満載して帰って行った。クルマの中、うるさそー(゚д゚) カズフミヤもご同伴で帰還。
滅多にない、アルビ戦士ファッションチェックができる、楽しいセイゴロー練見だった。
マーカスのものすごい紫色ジャケット、スゲーー(゚д゚)
 
 
けど、寒さと暴風に耐え続けたため全身がうっすら筋肉痛だよぉ。今朝(12日)になってもまだ背筋に寒気が残っているため、今日は練見を自粛。TRG見たかったなぁ(>_<)

|

« LOVE KAMEDA 2 歯ごたえ命 | トップページ | お帰り、ファビオ・ジョスエ・ドス・サントス! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/44313458

この記事へのトラックバック一覧です: 致死的暴風練見@スワンフィールド:

« LOVE KAMEDA 2 歯ごたえ命 | トップページ | お帰り、ファビオ・ジョスエ・ドス・サントス! »