« 「由緒正しきアルビサポのお花見ランチ会」 | トップページ | 朝から京都でリゾート入浴・銭湯やしろ湯(非温泉) »

2009年4月13日 (月曜日)

Pieces of April @アウェイ京都戦

え~っと、まず最初に、京都サポの皆さん、新潟の家庭で初夏から初秋までほぼ毎日のように枝豆を大ザル山盛りに茹でてモサモサ食べるのは、本当ですよ。
枝豆はビールとはリンクしません。間違っても飲み屋で枝豆なんか注文しないもんね~。枝豆夏の温野菜サラダです。ですから毎日お家でもりもり食べるのです。
 
Nisikyoさて、業務連絡(笑)はこの辺にして。
今回は往復夜行バス。楽々3列シートとはいえやっぱり疲れるなぁ。日曜の早朝帰宅して、しばらくは後片付けや家事などでパタパタ動き回り、昼から満開の桜見物ドライブに連れてってもらったけど、何か体内バランスが狂ったのか、うっすらとジンマシンが出て、今に至る。痒ぅぅぅ。・゜・(つД`)・゜・。
 
京都の桜。ソメイヨシノは見頃を過ぎたとはいえ、しだれ桜など他品種の桜が街のあちこちで濃いピンク色の花を咲かせて美しい。
そういえば去年もこの時期、京都に来たんだった。ガンバ戦の前に京の風呂屋めぐりしたのだ。
写真の桜は西京極スタ外のもの。まだまだ満開状態。西日をあびて咲き誇っていた。

 
朝6時に京都に着いてから、「スルっとKANSAIカード」を購入し、バス・嵐電を乗り継ぎ、早朝からやってるお湯屋さんに行き極楽朝風呂。
Randen2今回はキツキツなスケジュールにしなかったので、この後、さらに嵐電に乗って妙心寺へ。京都銭湯本に載ってて、古い浴室を拝観できるってんで行ったけど、拝観不可だった……(’A`) こういうのを、いけず、というの?
でも、途中の鳴滝界隈の「嵐電・桜のトンネル」は見事だった。『ィヤッホーーーーイ(゚∀゚)』なほのぼのっぷり。
バスや電車に乗るだけで観光欲が満足してしまうアテクシだが、ホントに京都はどこを歩き回っていても、なにげない住宅地の隅々までが味わい深く、エキゾティック。寺社仏閣に行かなくても、「おおごっつぉさまで満腹」状態だ。
 
Nizaんで、1年ぶりに「仁左右衛門の湯」に行き、化粧水に全身を浸すようなトロスベ感を楽しみ、岩盤浴で2時間ほど睡眠。
料金が50円あがってたけど、仕方ないか。町の銭湯も20円値上がりしてた。桂駅との間の無料シャトルバスもこの6月で廃止されるらしい。残念だけど、市バス路線もあるのでこれからもちょくちょく行くだろうなぁ。西京極も近いし、なにより、いいお湯だからね。
15時頃、また四条大宮方面にとって返して、カジュアルな住宅地の中に佇むレトロ銭湯を楽しんでから、いよいよ西京極
開門前にスタ入りなんて、アイアンさん、めちゃめちゃ気合い入りまくりじゃなーーい!?
だって、試合前に京都サポのAちゃんとガッツリおしゃべりしたいんだも~ん。
オフ時期の選手獲りには金満っぷりを誇る京都だけど意外にもサポは不遇な扱いをされてんのねとか、アルビは毎度、赤貧洗うが如しだけどサポは案外幸せかもしれんぞとか、他サポのお友だちとの話は興味深く面白い。
 
スタンドに入ると、思ってたより人が多い~。さては高速1000円の恩恵をうけた人々ですな。ツアーバスは少なかったのに、ビジタースタンドはぎゅーぎゅーだ。
しかし、日中26℃超あった暑さも夕方にはいい感じにおさまってきて、いまだかつてなく快適な西京極。ナイトマッチでよかった。気持ちいい。
これで初勝利@西京極いけちゃう~?なんてふうに滑り出した試合は、果たして、心の隙をグサッと突くようなあっけない失点で幕開け。脊椎反射で副審さんをすがり見たけど、旗あがってなーーい(’A`)
アルビは前線にも中盤にも守備にも貴章が存在するわけだが、あちらにもシジクレイさんがいて困ったもんだ。ちっともボールがつながっていかない。しかも、京都のCBもW充並みにデカくて強いよ、困ったもんだ。豪快なミドルや、惜しいシュートはいくつかあって相手を脅かしはするけれど、京都DFにしてみれば単発だ、楽勝~って印象だったかも。
こんな時、去年だと(あんなドツボ状態といちいち比べるなってハナシだけど)どんどん焦れていってクリアボールは拾えないわ、ボール回しもおぼつかないわで、自分で自分の首を絞めて自滅の道を辿る感じだったよね。それを考えると、充分可能性を感じさせてくれる今年のアルビ。どうせ後半の半分過ぎた頃には鬼プレスかけすぎで相手も疲れてくるんだから集中切らさず頑張ろうぜ~(v^ー゜)と、気合いは衰えてなかったのだけど……
斜め後方あたりにいる男が本日一番の困った君だったw
リアル怒声でジャッジに文句ばかり。でも、そんなへなちょこな声量で言われても聞こえてるのは私たちアルビサポだけなんだよねー。全くつまんないオトコだなぁ…。何がつまんないって、後半、ヨンチョルが入ったあたりから俄然得点の匂いがしてきたってのに、そこに反応しないんだもん。ストレス溜めにスタジアムに来てるようなもので、逆に、お気の毒な気分になりました。
西京極の照明がビミョ~に暗く、かつ私の視力低下も相まって、ハーフウェイラインから向こう側の見え方はアヤシいのだが、後半ともなると貴章のゴリゴリした動きとかがよく見えて、もう楽しいったら! ヨンチョルもだんだんと持ち味を出せてきてるみたいだし、PJオオシも加えたFW4人祭りかよっ。必死だよ。とにかく1点!って。だからねぇ、ブー声出したり、腕組みだんまりしたり、悲鳴あげたりしてるヒマなんか、全然ない。京都もまた必死の全員守備で、ブラジル人たちまでもが守備に戻ってきてるから、アルビはイケイケ総攻撃なのれす。カウンターが恐いけど、そんなこたぁ構ってらんない。がいつにも増してくるくるとボールを拾いまくる。うっちーが強気のパスを前線に飛ばす。オオシが、貴章が打つ!打つ!
でも、入らんもんは入らんのねぇ┐('~`;)┌

結局、試合は“引いた相手をなかなか崩せない”という永遠の課題?を解決できぬまま。
見た目圧倒的に攻勢だけど、ホントには崩せてないっていうの、なかなか堪えるなぁ。
ま、敗戦でドヨ~ンとはしたけど、誰がいい悪いという問題でもなかろうし、この悔しさをバネにするだけのメンタリティは大いに持ち合わせてるもんねー、このチームは。
次は「ヒイテマモルって何それ? オイシイノ?」な広島だ。あ、また(゚д゚) う~ん、このモヤモヤ感をもって広島さんに八つ当たりだっ。西京極で前半3分以降の約90分間守りきったた守備のテンションを崩さず、次はドアタマから堅守でお願いします。
 
終了後はそそくさと席を引き払い、選手挨拶は中段通路で迎え、ひとしきり檄とコールをとばしてから、臨時バス乗り場に即行。西京極ってホームとアウェイ逆だから、とても楽~。出口からすぐ~。
3台並んだバスのうち1台は太秦天神川行き。んまぁ!まるで帰りは「やしろ湯」に入って行けと言わんばかりじゃないのっ(゚∀゚) 一瞬、そんな誘惑にとらわれたけど、朝入ったのでw、大人しく京都駅へ。
そして、駅前といったらお約束の、白山湯六条店に行き、硫黄の入浴剤入り露天風呂(←女風呂のみ。ゴメン)でのんびりまったり。高速バス乗り場の新阪急ホテル前から歩いてかっきり11分。ここは私の癒しポイントだ。たまには勝ってウキウキしたシチュエーションで入りたいなぁぁぁ。
 
帰りのバスでボケ~ッと梅酒缶を飲んでたら、後ろにスネチャマがいたーー。
1人じゃないってステキなことね~( ^ω^)
行きの夜行はイマイチよく寝れなかったのだけど、帰りは大爆睡だよ。やっぱり、1試合+4湯は疲れますわ。
 
 
タイトルは特に意味はありません。最近、THREE DOG NIGHTの中古のベスト盤買ったので、なんとなく。

|

« 「由緒正しきアルビサポのお花見ランチ会」 | トップページ | 朝から京都でリゾート入浴・銭湯やしろ湯(非温泉) »

コメント

今年は晴れて(晴れ過ぎでしたが)、桜を堪能していただけたようで良かったです!
わたくしもいつもはキックオフ30分前くらいにスタ入りですよ。
久々におしゃべりできて嬉しかったです☆
セイゴローのスタメシが今から楽しみで楽しみで。

後半は新潟側でずーっとやってた感じで、ほんま怖かったです。
松下は上手いですね。ちと見とれました。

投稿: A from 京都 | 2009年4月13日 (月曜日) 21時57分

>Aちゃん
 
おいしいおつまみ&ビール、ごちそうさまでした(゚∀゚)
後半は、「きっと前節のこともあるから京都の人たちは胃がキリキリだろうなぁ」と思ってたけど、お腹にやさしい新潟でした(泣)
セイゴローでは、“お腹にやさしい”のはスタグルメだけにしたいものです~。
8月に待ってるね(*^ω^*)ノ彡

投稿: アイアン | 2009年4月13日 (月曜日) 23時19分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/44659211

この記事へのトラックバック一覧です: Pieces of April @アウェイ京都戦:

« 「由緒正しきアルビサポのお花見ランチ会」 | トップページ | 朝から京都でリゾート入浴・銭湯やしろ湯(非温泉) »