« パンデミックと猜疑心 | トップページ | 火傷させてくれ、このゲーム@アウェイ浦和戦 »

2009年5月 1日 (金曜日)

A・RI・GA・TA・Iを忘れない・ホーム ジェフ戦

久しぶりに、小ぶりなダンマクでも作ろうかなと思って、「PJ」のフォントを決めたまではよかったんだけど、これを拡大コピーでどんどん大きくしていく事を考えたら、なんか行き詰まり。なんでだろー、以前は何も考えずドンドコ作業できたのに、しばらくやらなかったら呼吸を忘れてしまったよ。
 
さて、時はゴールデンウィークの季節となり、暑くも寒くもない晴れのデイマッチというのはホントに気持ちいい。
カナールに行くと仲間たちがスタグルメ囲んで酒飲んでるし、ラブラブカップルはわんわんおも喰わない痴話ゲンカしてるし、TGP広場ではudatoroさんはじめサポリン手芸部が「あみねこサミット」開催してるし(udatoro先生たちの作品が見れるのはサポリンだけ! でも、ほんのちょっとだけね、ハイこれクリック→Sn3g0013_2
 

 
毎年恒例となりつつある敬和学園高校器楽部JAZZ HORNETSによる水上ステージでのライブも酎ハイ片手に楽しみ、ほんと幸せ。わたくし的には、広島出身の彼女の演奏がハートに響いてきます。
 
サミット会場で聞かされたんだけど、「ジェフサポさんたち、何かに取り憑かれたようにみんな片手に豚串持ってるんですよ~」って。
それを確かめに「とん八」さんの屋台付近に行ってみると、ホントにホント。キミたち、千葉県では豚肉が流通してないのかい?と言いたくなるほど黄色い人たちが並んでる。越後もち豚、美味しかったでしょ。
去年の対戦の時は心なしかどのジェフサポさんも顔色悪くて、『セイゴローの緑地帯で無心に四つ葉のクローバーを探す人たちがいたよ』と友だちから聞いた時はやるせない気分になったものだ。しかし、今年、私たちアルビサポはすこぶる気分いいし、あちらさんもやや楽しげだ。
 
それにしても、新発田雑煮のところの韓国料理はウマいっす。イイダコの炒め、かなり好評とみえて、早い時間にひと鍋終了、…で、新たに作り足すために時間がかかってた模様。ごんべえ農園さんもナンピザを再開したし、もう胃袋がいくつあっても足らんわい>セイゴローのスタ外グルメ
 
敬和学園の演奏をラストまで聴きたかったけど、コレオ誘導の招集時間もあったし余裕をもって入場したいので、泣く泣くスタ内へ。
いつものモツ煮立ち食いエリアでメイン席仲間とお喋りしてると、足がやや不自由なおばあちゃまが若い警備員さんにエスコートされてやって来た。一歩一歩、支えられながらゆっくりと自分の足で階段を降りていく。
このおばあちゃま、試合後は、があがさんの手助けで階段を上がり、後はくだんの警備員さんが迎えに来て帰っていかれた。
誰にでもいつかやって来る老いとか体の不調とか。私だって遠くない未来のことだろうけど、こうやって周りの力を拝借しながらスタに通ってサッカーを楽しむ老後って素晴らしいんじゃないかしら? 私もせいぜいしぶとくサッカーライフを送ろうっと心に誓うのであった。
 
コレオ誘導のためにゲートをくぐって、久しぶりにNゲートを通り抜ける。
とりママさんと、「んまぁ、奥様、こちらは空気が違いますわね」、「ホントですわ、なんと申しますか、庶民の方々の匂いがいたしますわね」とかセレブ奥様ごっこをしながら、Eゲートゾーンへ。寒い時期は、日の当たるEゲートが羨ましかったりもするけれど、いざ行ってみると、陽射しがハンパない~(>_<) 
前日までいろいろと緊迫したすったもんだがあったけど、白ボードにより浮かび上がった大きな星印を見て、心から関係者の人々への感謝でいっぱいになったよ。
うちら、ビンボーだけど、スポンサー各位へのリスペクトの気持ちは忘れずにいたいし、隙あらばスポンサー様に貢献したり、それを具体的にスポンサー様にアピールする努力は常に意識して暮らしていきたいよね。たとえアルビグッズを買えなくても、後援会の口数を増やせなくても、ちょっとした工夫でクラブに寄与する手はいくらでもある。金を使えないならアタマを使え、ってことですな。
 
余談だけど、ゲート移動する時ちょうどJSCの一団がやってきた。
「わ~わ~、スワッチ~!」、「アヤト~♪ マイコー(≧∀≦)」などとさざめきたつ私たち。彼らは北信越リーグのチラシを配りに出てきたらしい。私は“わざわざ”アヤトから手渡していただきましたとさ。でへ。
(今月の17日はキデさんvsスワッチグランセナ戦なんだね。この日はたて込んでるからハシゴはできないや、残念…)
 
席についた時、時計は8分くらいになってたかな。
ジェフサポさんたち、マリノスさんの「イダレダレオー」みたいなチャント唄ってなかった? 他クラブのチャントはいつもは耳中にないのだけど、あれは好きなのだ、ラテンぽくて。う~ん、あの曲ってラテン方面のヒット曲なのれすか?
 
この試合でも、私のPJラブ魂!がバクハツ。やっぱりPJがいるだけで全然気持ちの余裕が違うわぁ。アイスピックを突き立てるみたいに相手DFラインにダメージを付加していくさまにウットリ~(* ̄ー ̄*)  速い・強い・高い、の他にもPJ頑張るからなぁ。おばちゃんの琴線にビンビンと響きまくりっす。
でも、終盤、審判に喰ってかかったシーンはハラハラしたぁ。あれは、ヨンチョルが下村選手からアタマを小突かれたことへの抗議だったんだね。既にもう1枚イエローを貰ってるってのに執拗に抗議するなんて…いや、なんてチームメイト想いなのPJ!(泣) そんなPJを羽交い締めにしてとめるジウトンもカワイイヨジウトン
外野から何と言われようが、アルビの外国人選手はみんな愛すべきヤツらだわ。
ありがとう、淳さん
 
あ、あと、オオシのゴール後のデコくっつけパフォでひとり萌え萌えしてました。ごめんなさい。ああいう、ビンボー家の兄弟愛ぽい光景ってアルビっぽくて微笑ましい。
 
貴章の驚きのアシストからのマルシオゴールとか、ジウトンオオシヘッドの見事さなんかを見たらねぇ、2得点目の後、ジェフの方向性が目に見えてバラバラになった気がして、こりゃ楽勝かしら?と思っちゃったんだよねー…。だから、この引き分けばかりは残念でたまんないよ。ほんのひと呼吸、ほんのちょっとした選択ミス、なんだろうけど、暗転。まさに(´・ω・`)ショボボーンでござる。サッカーは恐い。こういうの、何回も何十回も味わってるけど、やっぱり恐い。それがサッカーなんですなぁ。
 
 
というわけで、バンザイ\(^o^)/は出来なかったけど、この試合では久しぶりにお目にかかる人たちが何人もいて楽しかったな。と同時に、それぞれの事情でやむなく試合から遠ざかってる人って結構いるんだな、と思った。
かれこれ十年も、特に大きな障害もなくアルビに没頭し続けていられる自分の境遇をありがたく思わなきゃバチが当たるってもんだ。
 
愛するマイチームがいい試合を見せてくれてることや、自分が元気で自由にサッカーを楽しめることや、スポンサー様とかサッカー仲間とかもろもろのありがたみを改めて噛みしめる1日であった。
そして、何より、この地に存在してくれてるアルビレックス新潟、ありがとう。
(…と殊勝なことを思うならダンマクさっさと作れ>自分)
 
 
さてと、明日は5時起きでまたまたまたまた埼スタでござる。
3月末から5月末の正味2ヶ月の間に4回、さいたま市に行くって、どう考えても我ながらヘンタイだわ。というか、日程くんのおバカ~ヽ(`д´)ノ

|

« パンデミックと猜疑心 | トップページ | 火傷させてくれ、このゲーム@アウェイ浦和戦 »

コメント

バックスタンド、暑かったですね~。
メインは寒いなんてもう二度と言いませ~ん。
WからEへ移動して、それぞれ違ったニオイを堪能できて面白かったですね。
今年の日程クンはヘンタイだけど、昨年と比べるとチームには優しいですよね。

でも2ヶ月の間に埼玉4回は…┐(´д`)┌

投稿: とりママ | 2009年5月 1日 (金曜日) 15時47分

>とりママさん
 
先日はおつかめさまでした。意外に楽しかったので、また何かあったらやっちゃおうかなぁ。
いやいや、GWが終わったらまたまた毎試合モバアルちらし配布かな(^_^;)
去年の日程くんはGWに札幌~大分という鬼っぷりでしたけど、今年は埼玉フェチ攻撃ですね~。

投稿: アイアン | 2009年5月 1日 (金曜日) 17時06分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/44852817

この記事へのトラックバック一覧です: A・RI・GA・TA・Iを忘れない・ホーム ジェフ戦:

« パンデミックと猜疑心 | トップページ | 火傷させてくれ、このゲーム@アウェイ浦和戦 »