« キレイな空間・美しい空気~大地の芸術祭3 | トップページ | ディスカバー Niigata・水と土の芸術祭3 »

2009年9月15日 (火曜日)

スイートメモリーズ@アウェイ千葉戦

えーと、突然ですが昨日、朱鷺を見ました。
天然記念物の、ニッポニアニッポンの、あの朱鷺です。バス内から偶然見たんだけどビックリしたーー。西区在住かよ!  てか、朱鷺ってホントに本州にいるんだねw
…以上、本文とまったく関係ない自慢話でした~。
 
 
さて、スイートメモリーズといっても、アウェイ千葉戦にはそれほどいい思い出がない。
あるとしたら、ウッチーが「」をいただいたあの試合くらい。
ただ、あの試合で勝ったことで、“あの人”がシーズン半ばで既に古巣に対する溜飲を下げてしまったのではないかという疑念がいまだに拭えなくて(リベンジの後くるのは哀れみだから)、まぁ今となってはどうでもいいんだけど、総じてアウェイ千葉フクアリにははかばかしい思い出がない。ケバブとピーナツソフトとフクアリの眺め以外は!
 

 
最近、節酒傾向にあるんだけど、今回もアルコール少量で臨んだアウェイ行。
体調悪いってほどじゃないけど、フクアリに着いてみるとミョ~に湿気を含んだ冷たい風でガタガタしたり、その湿気のせいで逆に蒸れ蒸れ~ってなったり。
うぅ~~ん、ホーム側にデカデカと貼り出された「一部死守」幕の醸し出す璋気にあてられてる感じ。ジェフの、去年終盤の「絶対残留するぞ」っちゅー熱気を現地で体感することはなかったけど、それとは全く別のダウナー系の濃いぃ空気が漂っとる。うわぁぁぁーーん、引きずられて、頭痛がしてきたぁ(’A`)
(あ、「Win by All」はこちらには「TYO」に聞こえます。コールってそんなもの)
 
とりあえず試合本番までは体力温存の方向で。
練習の時も声出しは30%くらいに抑えて。

試合がはじまってみると、あら不思議、なんだかとっても懐かしい気持ちだわ。
なんでだろー、なんでだろー。もしかしてダブルボランチだからかなぁ? 
気を張ったお出掛けから帰宅してジャージに着替えた時のような気分…。
オオシがせっせとポストをこなし、貴章がブンブン走り回る。
がTRGでケガしてたって、もしかして情報戦?
ジウトン、ぎゃあぁーー、ひゃほぉぉぉっ~! ふぎゃあああっ。
マルシオ、今日は剛ではなく「柔の道」って感じ?
全体として見ると、トホホな雰囲気ぷんぷんなんだけど、それでも何なんだこの気分、この味わい。これって…そうだ、ひと言でいって、「へたうまの境地」!
アルビの選手の皆さんごめんなさい(^_^;)
やられそうでやられない。
ヘタそうでヘタじゃない。けど、ちっともうまいふうにも見えない。
…ただ、独特の味があって、なんとなく落ち着く。何なんでしょね、この感覚。
 
ほどよい湿気のためデカ声は滞りなく出せてはいるんだけど、試合前から薄々感じてた頭痛がしっかり形になってきて、デカい声を出すとズキズキッ。耐え難いほどの痛さでは全くないのだけど、やっぱり痛いってのは不愉快じゃない? 
んなわけで、ハーフタイムに、魚沼の美人嫁さまから頭痛薬をいただいて服用したので、後半は途中から痛みを感じなくなってきた。それと同時にアタマもボーーーッとして、“あと20分。逃げ切れるか!?”みたいなスリルと恐怖感もさほど感じなかったよ。
 
で、笛が鳴った瞬間は、「はぁぁ、よかった…」とへたり込むような歓びで、ちょっと意識が遠くなる感覚。
うーーん、私やっぱり、バッカみたいに強くて巧いアルビとか、ポカスカとアホほど点を獲りまくるアルビ、をチームモデルとして追い求めてないみたい。
いや、強くて巧くて点が取れればそれに越したことないし楽なのだけど。
 
そういうわけで、サクサクッと点を取ったあと流して終わった直近の勝ち試合レイソル戦は、過ぎ去った過去のスイートな思い出。
ブサイクに見えても疲れでヨレヨレでも全員で勝ちとった今回の勝利が嬉しいよ。

テキトーなタイトルつけて、なんとかそこに着地できたようなのでw、これからプール行ってきまーーす。
しかし肌寒いね変に。

|

« キレイな空間・美しい空気~大地の芸術祭3 | トップページ | ディスカバー Niigata・水と土の芸術祭3 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/46216584

この記事へのトラックバック一覧です: スイートメモリーズ@アウェイ千葉戦:

« キレイな空間・美しい空気~大地の芸術祭3 | トップページ | ディスカバー Niigata・水と土の芸術祭3 »