« 晴れ男・晴れ女は誰だ? クサカリマサオ隊・第8弾報告 | トップページ | 金の斧、普通の斧…・ヘルス天神(天神の湯改め) »

2009年11月 3日 (火曜日)

変な汗いっぱい@天皇杯3回戦・横浜FC戦

やっとPCが復帰。
なけりゃないでいいけれど、あるとやっぱりいいもんだね、マイノート。
 
さて、天皇杯。観衆7733人ですってか?
試合前、久しぶりに会ったNさんから、チケ売り上げからして6500程度かもと聞いてたから、「1200人も当日券で来たのかよ! すごいなこりゃ(゚∀゚)」と変な喜び方してしまった。ちなみに横浜の皆さんは100人くらいだったそうだ。フリエサポさん、少し見ない間に応援の雰囲気変わったね。
 
091031_132201_2それにしてもこの日は暑かった。Wゲート内に出店のごんべえ農園さんスタッフは正面から陽射しを受けて汗ダラダラだった。
でも、キノコ汁は美味かったな~。キノコのいいお出汁ととろみ、上品な味の鶏つみれも入って大満足。これからの季節にこれはいいわ!
 
開場して間もなくのこと、解説の宮澤ミッシェルさんが出てきて、コーナー付近の芝をポンポンッと感触を確かめるように触れていた。でも何故コーナーだったんだ?
 

 
いつもSS席で見てるので、A席相当の「ゾーン指定」の少しホーム寄りの中段で見ることにした。いひひひ、サブメンバーのアップが目の前ぢゃ。また、この日のベンチメンバーのイケメン度の高いこと! まっつーがスタメンだからなー。
 
 
G裏はさすがに埋まってるけど、よくよく見ると“ファサッと”埋まってるだけで実は空席がたくさん。こんな時、膨張色はよござんすね。
バックスタンド前の広告看板、ど真ん中にX‐LARGEさまのがあってビックリするやら嬉しいやら。全国放送でたっぷり映っちゃってくださーい。ありがたや~。
 
…とウキウキして始まった試合だったのに、「…え?」って間に失点。
「こら~、難波ぁ! アルビは点取られた相手にオファー出すクセがあるんだぞ~」、「もし新潟になんか加入させられたら真冬の激寒トレーニングが待ってるぞ! いいのか、それでっ!」、「雪上ランニングもあるぞ~」、「ホーム開幕戦と最終戦は死ぬほど寒いずぉ~」とか言いたい放題言ってなんとか気を紛らわす私たちであったが、ほどなくして同点になってよかったよ。まっつー、今期初ゴールおめでとう! んでもって、貴章の逆転ゴールへの軌跡もウットリものだった。
 
しかーし、なんでもNHK‐BS中継の第1試合が延長に入って前半は半分くらいしか中継されなかったとか? ドアタマの失点シーンが晒されなくてよかった反面、その後の逆転劇もキレイさっぱりスルーかよ! しかも、まっつーが何かミスったあたりから放送が開始されたらしい…と隣でハナちゃんがブーたれていた。泣くな。

それにしても、ビミョ~にボールがイレギュラーしてなかった? キレイに見えるピッチだけど、なんかおかしい。あんなミスするかなぁ、と何度か首を傾げた。
 
涙ぐましいほどオオシがよく走っていて…、いや全体的にみんなセカセカとよく走っていたので後半はバテてくるかなぁと思ったけど、そういうフィジカルの疲れってよりも脳ミソが疲れてる感じのプレーが多くて、後半は見ててドキドキした。
怖いような気分のドキドキ。飲んだビールがイヤ~な汗になって流れてくるような。
神戸戦の時もそうだったけど、いい時の『何もかもわかり合っちゃってプレーしてる感じ』が全然漂ってなくて、個人の頑張りや能力だけでとりあえず切り抜けちゃってるようなところが、なんとなく不安。
でも、わたし的にはウッチーがまたまたカッコよかったからいいや。
横浜の得点の端緒を作った片山と一悶着があって、その後、「ウッチーにガンとばされてから、あの13番が全然出てこなくなったね」と、があがさん。うはぁ、前で見てるとこういう細かいところも観察できて楽しいね。ウッチー、ステキすぎるよウッチー

最後にヨンチョルマルシオゴールという見せ場があったのでいい雰囲気のスタンド。だけどちょっぴり食い足りない気分だな。
リーグ戦では、アウェイで広島鹿島に勝ったように、一丸となって難敵に立ち向かう感じになってほしいなぁ。いや、そうあってくれるに違いない。
 
ところで、いつもはサブメンがアップしてる辺りなんて見もしないので気がつかなかっただけかもしれないけど、タムタム…いや、田村社長がピッチサイドに立ってずっと試合を見てたのにはビックリ。前任のユキオさんはVIPテラスを出たり入ったりしてメイン席のサポとじゃれ合ったりしてたけど、田村さんはいつもあそこにいるの? ジッと腕組みして試合を見守っていらして、失点後なんて、「ああ~、胃がシクシクしてるんだろうね」とか言って眺めてたんだけど。ちょっと新鮮。
 
 
試合前は陽射しが暑くて汗じわじわだったけど、終了後ともなれば真っ暗ヒエヒエ。
セイゴローの上空には白鳥の集団がクワックワ鳴きながら飛んでいる。
久々にホームで勝ってバンザイして、少しトロ~ンとした気分でスタを後にする。
この日は帰宅して着替えして、またすぐにうちの人のクルマでお出掛けした。信濃川のにいがた狼煙プロジェクトを見るためだ。信濃川大橋付近で無事、車中見物。これ考えついて、しかも実行しちゃった人って凄いなぁ。ホントにやっちゃったんだぁ。
こんなスレスレのスケジュールが組めたのも、観衆7733人の賜物。
リーグ戦でこれじゃ困るけど、天皇杯だからたまにはいいさ。売店もトイレも混まなくて楽だったしね。
でも、チケ買うのがジャマくさくて来なかった人も「元旦・国立・餅つき」には血道を上げて押しかけちゃうのかしら? 私は多分元旦参戦は出来ないので、私の分までせいぜい頑張ってくださいね(棒読み)
 
ま、先へ先へと夢は拡がるけど、まずは目の前の敵を倒していくこと。
ジュビロと、明治大学戦。ガッツリと態勢整えて、確実に勝っていってほしいものですな。2週続きの声出し応援はちと辛いけど、四の五の言ってられないのでノド飴たっぷり用意して頑張ります。てへ。
 

|

« 晴れ男・晴れ女は誰だ? クサカリマサオ隊・第8弾報告 | トップページ | 金の斧、普通の斧…・ヘルス天神(天神の湯改め) »

コメント

まったり観戦になるのかと思いきや
開始8分で眠気も吹っ飛ぶ緊迫感に襲われましたですね((・(ェ)・;))
ピッチを行き交うオレンジと水色のユニをみて
(これは鳥栖じゃないのよ鳥栖じゃ。。)と既視感を覚えたのは私だけではない筈だー
でも今年のアルビは あの頃よりも基礎体力的な底力がついてますし

後から思えば
がっくり→同点!(松尾さんっ!)→逆転!(キショー━(゚∀゚)━!)→とどめ!(マルシオー♪)→勝利!
と、展開的には満喫できる試合だったわけですが
とりあえず、天皇杯は勝ち残らなくちゃですから!

次の山形での試合は行けそうにないのですが
明大OBさん、貨物室でもサイズ的には問題なさそうですね(殴)

投稿: ハナ | 2009年11月 4日 (水曜日) 22時08分

>ハナタン
 
いやははは、あそこに仁王立ちしてるタムタムの心中を慮ると、ホントに胸がギュッと締め付けられるようだったわねー。勝ってよかったよかった。
今日もまっつーはアトムにイタズラされる平和な日々が続いてるようで何より。

投稿: アイアン | 2009年11月 4日 (水曜日) 23時31分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/46651255

この記事へのトラックバック一覧です: 変な汗いっぱい@天皇杯3回戦・横浜FC戦:

« 晴れ男・晴れ女は誰だ? クサカリマサオ隊・第8弾報告 | トップページ | 金の斧、普通の斧…・ヘルス天神(天神の湯改め) »