« ラブラブカップルと行く聖籠練見RAINBOW! | トップページ | 秋の 家! 家! 家! 家の中篇 ~大地の芸術祭6 »

2009年12月 7日 (月曜日)

天地人的。@ホームFC東京戦

キックオフ前のチアのダンス。いつもの寒々しいミニスカではなくパンツスタイルで現れたので、あれ?、と思ったら、曲は「天地人のオープニングテーマ」。
まぁ、あれにミニスカ、ラインダンスは似合わないもんなぁ。
 
歴史劇まったく興味なしの私と、歴史ヲタであるが故に大河ドラマは見ないうちの人ではあるが、今年はガマンして天地人」を見続けた。
結局、記憶には残るけど記録的なものとは無縁な人のハナシだったのかなぁ…というところでいうと、今年のアルビは8位というやや平凡な記録ではあったけど大いに記憶に残るシーズンだったね!という部分で、「天地人的」。
こじつけが過ぎてどーもすみません。
 

 
Crescent去年の最終節ガンバ戦の酷い天候に比べたら、ホントに12月なのかという南風が吹くセイゴロー。せかせか歩いて来たから、背中に貼ってるミニカイロが熱くて汗ばむかも~(^_^;) 
いや、方面から来た人にしてみれば寒かったかもしれないけど普通ならもっともっともっと凍えるほど寒かったはずなので、ラッキーと言っていいでしょう。今日なんて土曜の10倍くらい寒いっすよ(((((((( ;゚Д゚)))))))
 
風向も幸いしてかフロム・クレセントのライブも水上ステージで無事催行。チラシ配りとかの雑用もあったのでアタマの2曲しか聴けなかったけど、3ピースバンドはシンプルでカッコよくて好きだなぁ。今度はスタ内でやってくれないかな~。
 
出停、マルシオ、オオシ故障という大逆境のアルビ
つくづく、「がいないとサッカーがつまんなーーい!」と確認。
もちろん、アルビの司令塔はマルシオで、彼の働きはエクセレ~ントそのものなんだけど、その華々しい活躍の下地を作り出すの存在感を再認識。そんな人を生み出した中条(現・胎内市)に向けて最敬礼。で、がいないと思いきりマゾサッカーになってしまって、ホントに退屈だったわぁ。
それでも、集中を切らさずに追加点阻止をし続けたところに、今年のアルビの強みがあったのかな。ショージキ、得点の匂いはほとんど嗅ぐことは出来なかったけど、持ちこたえたことが最後の最後での同点弾に繋がったのだから、守備陣ありがとう。
うん、ジウトンも含めての守備陣ねw
ラストぎりぎりのジウジウのファウルスローには思いきりズコ~ッとコケたし、“こらっ、私のがドラマチックに逆転ゴール叩き込む時間がなくなるじゃないのさっ!”とも思ったけど、とりあえず爆笑せずにはいられなかった。普通怒るところなんだけどね。大好きジウトン。どこにも行って欲しくないよ(´_`。)
 
 
まっつーマーカスの退団が発表された後、サポ友たちとは、「淳さんは温情交代とか絶対しないよね、きっと」とか話してた。
数年前、前任監督は最終節の大きくリードされた負け試合の終盤で、解雇が決まったDFを入れてきた。その選手のファンだった私はカラダが干からびるかというほどの涙を流しつつ彼のオレンジユニ姿を目に焼き付けて感謝したのだけど、そんなことは間違っても淳さんのもとでは起きないでしょう。
…と思ってた。
実際、たった1点のビハインドだったしね。
だから、千葉ちゃん→マーカスはまぁ想定内とはいえ、三門→まっつーにはビックリしたぁ~! 当然3枚目のカードはアトムかと思ってたよ!
 
しかし、更にたまげたのは、それは温情交代でもなんでもなく、淳さんの“大いなる賭け”だったことだ。で、退団選手のポテンシャルを見込んだその賭けはまんまとハマったわけでした。淳さん…恐ろしい子!
終盤に投入したまっつーがゴールしたお蔭で、リーグ後半戦ホーム勝ちなし・賞金もなしよというショボーンな結果で迎える最終戦セレモニーも、まるで勝ったかのような晴れがましさに満ちあふれ、メデタシメデタシ(’A`) まさかそこまでの演出を目論んでいたわけではないだろうけど、ホント、淳さんはクセモノだと思い知りましたです(^_^;)
まっつーにしても、かつて在籍した1年間ほとんどをケガのリハビリで過ごし、“ホントに存在しているのか? 都市伝説ではないのか”と言われていたFC東京へのご恩返しゴール。なんともこの世の中ってうまくしたものだなぁ┐('~`;)┌
 
就任して4年間、いまだに淳さんがどんなパーソナリティなのかよくわからないんだけど、06年に例の「U‐19調子のり世代」が市陸でアルビと練習試合した時のこと。ピッチの上でキャッキャキャッキャしてた柏木たち調子のりたちが、淳さんの姿を見るやピューーーンッと飛びついてったところを見ても、指導される選手にとって信頼できる人柄なのだろね。
ほんとにアルビにとって大きなものをもたらしてくれたと思う。
だいいち、面白かったもんね! フルスタメンの清水に対して初スタメンの北野千葉ちゃんをぶつけてまんまと勝利したり、打っても打っても入らない貴章を辛抱強くスタメン起用し続けてついに開花させたり、“3人いいFWがいるから”ってサラリと3トップに変更して大当たりしたり。PJを獲られちゃったらスルッと元の2トップにして、ついでに三門がスタメンの座を獲得したり…と。
辛いこともあったけど、淳さんとの4年間も波瀾万丈の冒険譚だった。
いや、だった、ではなくて、冒険の真っ只中でした、ハハハハハ。
 
 
それでまぁ。8位で終了した今年のリーグ戦。楽しかったし面白かった。ワクワクしたし、上位でせめぎ合い、押し合いへし合いする苦しさも知った。
ただ、もうあと一歩、もうあとひと粘りがあれば…というタラレバ満載の1年でもあった。3点取ったのに引き分けで終わるなんてなかなか受け入れがたいってのに、それが2回もあったんだもの。
観客動員の減少や、観戦客の質うんぬんをサポ側で議論することも当然大事なのだけど、後半丸々、ホームでガッカリさせられ続けてはね。そうそう誰もが賢明な態度をとるというのは難しいでしょ。ニワトリが先かタマゴが先かみたいな問題だけど、どちらにとっても大きな宿題が出来ちゃいました。
 
 
1205moonさて、試合のあとは、セイゴロー近くのラ・ピアンタ@三宝グループ様でリーグの打ち上げパーティ。70名ほどの気軽な集まりで、ピンサポさんも多数参加。新たな顔見知りも増えちゃった。
お開きになって外に出たら雨がすっかりあがって、月がキレイ。
いつもならもう天皇杯も終了してて(泣)、打ち上げは仲間うちでグダグダになるまで飲み倒すんだけど、今年はこの先もまだ試合があるので、軽めの立食パーティ。これはとってもナイスでした。主催者の方、スタッフを務めてくれた皆さん、ありがとう&お疲れ様でした。
 
Festa1206_3あくる日曜日はリーグ報告会サンクスフェスタ2009
この日は寒かったなぁ。この日が試合だったらウチらが勝ってたかもね(笑)
フェスタといってもたった30分のご挨拶会だが、来年の新ユニを貴章、みっちゃん、北野がモデルとなりお披露目。
貴章はスタイル抜群だから何を着ても似合うわぁ。
みっちゃんは冬眠の穴から引っ張り出されたクマさんのように、思いっきり魂が抜けてた。
北野は「GKユニほとんど変わってないー(´;ω;`)」
 
左肩の青いポイントってなんでしょうね、ちょっと忍者っぽいというか、変わってて面白いと思う。わたくし、ユニのデザインはどうでもいい派なんだけど、オーセンは半袖の袖口がキュッとすぼまってるものの、レプリカのほうはゆったりしてるんだって。それだけ判ればOKです。
 
いつものように、社長、監督の挨拶。亀田製菓さま、新潟信金さまの社長さまがたからの寄付金贈呈式とスピーチ。ありがとうございます。
その後、いつもなら選手会長とかポジションごと代表者が喋ったりするのだけど、そういうのバッサリとカット。マーカスまっつーのスピーチのみで終了。スタジアム内部でのハイタッチも中止。ホント、いつにもまして、あっさり。
でも寒いし、チーム内で新型インフルに倒れた選手もいるし、まだシーズンは続いているし、この選択は正解だと思いますです。
 
 
 
そんなこんなで、今まで、「ナマで試合見てるからメールなんて要らないもん」と登録してなかった試合速報メールを受信設定にしました。試合のない日にこれが鳴る、ということは誰かがアルビを去ったり、はたまたやって来たり、ということなんだけど、どちらかいうと恐怖メールのほうが多いかな。 でも、やはりすぐに知りたいから、設定ON。
ちなみに、メールの着信音は「ゴジラのテーマ」だす。

 
それでは、皆さま、日本平で。
寒くなってきたので、風邪に気を付けましょ。

|

« ラブラブカップルと行く聖籠練見RAINBOW! | トップページ | 秋の 家! 家! 家! 家の中篇 ~大地の芸術祭6 »

コメント

>みっちゃんは冬眠の穴から引っ張り出されたクマさんのように、思いっきり魂が抜けてた。

さすがアイアンさん。
まさにピッタリの表現ですgood

私は貴章をめぐるみっちゃんとほっかもの三角関係を妄想しておりました~(^-^;

投稿: とりママ | 2009年12月 7日 (月曜日) 23時30分

>とりママさん
 
>三角関係
北野:「貴章、今日は天気がいいから海でバーベキューしよう!」
みっちゃん:「通販で買った棚、組み立て式だったんだよね、貴章」
 
というわけで、みっちゃん宅で黙々と棚を組み立ててから、いそいそと海に行く貴章…。
 
3人が出てくる前の後ろからのショットがものすごくカッコよかったですね(≧∀≦)

投稿: アイアン | 2009年12月 8日 (火曜日) 08時45分

私等、今年のリーグ戦は川崎戦が最後と諦めていたのですが、等々力から帰って家に着いたとき、私の携帯が鳴って、それがなんと私の実家の姪っ子の婿さんからだったのでした。
「おじさん!秋葉区の後援会の集まりにファビーニョが来て、その時に抽選で東京戦の指定席チケットが当たったんですよ!!どうですか?」と言われ、「行きたいのは、やまやまなんだけど、その日は町内会の定例会が有って、今年は役員を任されているのでダメなんだよ。せっかく誘ってくれたのに悪いねぇ」と、その場は一応断ったんですが、かみさんにその事を告げ、考えてみたら甥っ子からの電話なんて初めての事で、それも真っ先に私のところへ電話してきたと聞くと、なんだか嬉しくなってしまい、すかさず甥っ子に電話「4枚当たったんだっけ?とりあえず2枚分だけ確保しといてよ。なんとか算段してみるから。」と保留をお願いしました。

町内会の役員ったって、それだけなら1か月に1回定例会に顔を出すくらいなものなんだけど、年に2回ある「日帰りバス旅行」の企画から実行の役まで引き受けちゃってそれが結構大変なのでした。

勿論私一人で担うものでは無く、もう一方その役に名乗りを上げて下さった方が居て、私とかみさんと、その方とで「大役」を無事果たすことができたのでした。

実を言うと、その相方さんの息子さんが、まあ、この地域柄“大宮サポ”で実際この8月の「夏休み学習会」と銘打った町内の子供たちを引き連れてのバス旅行の日(たまたまスワンでの大宮戦が有った日)その相方さんが「きょう息子は新潟に行ってますよ。はっはっはっ」と言っていて、今月の定例会を欠席したい旨を電話で告げたところ、「はっはっはっどうぞ行ってらっしゃい。今年の我々の役目は、もう終わったようなもの。例会での資料は私が預かっておいてあげますから」と言うお言葉に甘え、最終節の参戦にこぎつけた次第です。

カナ―ルでのライヴの音合わせをしている前で甥っ子と落合い、チケットを貰って試合後の段取りを決めて彼はNへ。

私たちはライヴの前半を聴いてからスタジアム入りしてコンコースで私はビール、かみさんはホットワインを飲んだりしていたら、ぽつぽつと雨が降り出して来たようで、私が雨用の帽子と言うか、リュックから黒い[JAXA](宇宙航空研究開発機構の地球観測センター「夏休み学習会」の学習先で、その時に買った)の帽子をかぶろうとしたところ、かみさんから「その帽子をかぶるのだけは止めてくれ!」と懇願され、思いとどまり、まあ、これをかぶって観戦した試合は、ことごとくシュートが枠の上を凄い勢いで飛んで行き、どうやらこの帽子のせいだという事になって、それ以来サッカーの観戦時は封印してきたんですが「今シーズンのリーグ戦最後だからいいだろうと」思っってかぶろうとしたところ、かみさんは許してくれませんでした。

0-1で後半のもう残り時間が少なくなったとき、マーカスが入り、その時点で「帽子のせいで勝敗云々なんて関係ないじゃん!」なんて思っていたら松尾の登場。そして松尾の見事な同点ヘッド。試合終了のホイッスルが鳴った後、かみさんがこちらを向いて「ホレ!JAXAの帽子今からだったら、いくらでもかぶっていいよ!」ってニコニコしながら言いました。

この帽子は気に入っているんですが、試合中は絶対かぶらない事を心に決めました。これから先この帽子をかぶる度に松尾の事を思い出すんだろうなぁ。

投稿: テノーリオ | 2009年12月 8日 (火曜日) 21時36分

おまけです。

私の記憶に残るゼッケン28

♯28船越

♯28松尾

鉄人28号

投稿: テノーリオ | 2009年12月 9日 (水曜日) 15時54分

>テノーリオさん
 
アルビの28番って考えてみるとフナゾーとまっつーしかいないんですねぇ。
愛されナンバーの28を、自ら新潟に戻ってきたまっつーが背負ったのも、えにしですね。

投稿: アイアン | 2009年12月 9日 (水曜日) 22時01分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140090/46957559

この記事へのトラックバック一覧です: 天地人的。@ホームFC東京戦:

« ラブラブカップルと行く聖籠練見RAINBOW! | トップページ | 秋の 家! 家! 家! 家の中篇 ~大地の芸術祭6 »